定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 
 今回のお父さんの入院には、セキサンさん、プ~夫婦とワラン一家のタイ人の家族に
心身供に助けられ支えてもらいました。

偶然にもお父さんが入院した、ラジャブェーチェンマイ総合病院は、マ~ミャンが通う学校に
近く、朝に..夕に..と、ニンプさんはワランが作ってくれた食事を運んでくれました。
お店があるのに、ワランもニンプさんと一緒に何度も見舞ってくれました。

入院初日にお見舞いにやって来たマ~ミャン、ベットに横たわるお父さんを遠目に
見ては、神妙な顔で言葉が無く、頂いたフル~ツゼリ~を進めても食べませんでした。
その後は少しずつ元気を取り戻すお父さんと一緒で、マ~ミャンは果物やフル~ツゼリ~を
『アロイネ、エイコさん..』と食べるようになりました。
そして最後の頃はお父さんのベットの脇で寝ていました。

お父さんとマ~ミヤンは、ジャンケンポンアッチムイテホイや、背中に絵を書いて
当てっこしたりと、とても仲良しでした...でも、最近は段々と女性になっていく
マ~ミャンとお父さんとの距離は遠くなっていて..時々そのことでお父さんも
寂しがっていました...でも、病院のベットしかも自分の隣で寝ているマ~ミャンを
眺めてはうれしそうでした...

そんなこんなで、言葉では言い尽くせない恩を受けたワラン一家と27日の日曜日に
食事に出掛けました。ニンプさんが大好きな洋酒を持って..
席に座るとマ~ミャンが『エイコサン、エイコサン』と指指す方を見ると何と虹が...
思わず、お父さんが早く元気を取り戻してくれますようにと..お願いしました..

c0127933_14321033.jpg


ワランが『コンドウ ケンレーン、ケンレーン!』とお父さんを励ましています..
その光景を見ていたら涙かにじんで..言葉が出なくなった私にワランは..
『コンドウ~、ピ~チャ~ィ、エイコ~、ピ~サ~ウ!』と、お兄さん、お姉さんだからと
言うのです..そして、フアミリィ、フアミリィとフアミリィを連呼する...
止めようと思うのに私は涙が止まりませんでした..

c0127933_1515052.jpg


このレストランは、ニンプさんが安くて美味しい、そして極めつけは川魚の嫌いな
私の為にここはタレーの魚《海の魚》だからエイコもOKと言うのです。
お父さんは先生からお酒はビ~ルなら350CC/1缶と言われていて
大好きなお酒も飲めなくなった、そのお父さんにお父さんからプレゼントされた洋酒を
ニンノイ、ニンノイ少しならいいだろうと進めていましたが..さすが..お父さんは
それはニンプさんのと言って飲みませんでした。

c0127933_1524465.jpg


私達夫婦は年を重ねる毎に迷惑を掛ける度合いは増してゆくのに、この家族に対して
どうやって恩が返せるのだろうと考えさせられましたが...
マ~ミャンのこの笑顔に...そんな思いも何処かへ飛んで行ってしまいました。

c0127933_1575850.jpg


  月曜日に送信かけるも、私のPCは言う事を聞いてくれず、折角書いたのに
  消えてしまう..もういやだ~~~と..諦めて寝た。
  
  今日火曜日、再度の挑戦です..
  どうか、上手くいきますよ~に!  ≦(._.)≧
by n-jijinao | 2010-06-29 14:45
●退院後の又、又楽しいチェンマイ生活に戻っているヨー・・・・・誰が入院していたの・・・・・じいじより。 

 『父さんが入院しました、』とのブログを読んで.. 大丈夫ですか?
大変なことにならなくて良かったですね、と電話やメ~ルを頂きとても嬉しく
思っています。そして、頑張ってね・・・・・・!と、 励ましのメ~ルに感激しています。
本当に幸いな事に、大変な事にならなくて良かったと心から思っています。

さてさて、そんなことから今日はお父さんの画像を・・・・・・・・・。

気がつくとうっつら..うっつらと..私の心配をよそに..気持ちよさそうに
寝ている父さん..『父さんテスコロ~タス行って卵とねぎ買ってこようよ・・』と
連れ出す。お父さんは余り喋らないと思っている人も多いと思うのですが...
《誰ですか?いつもエイコさんの一人舞台だとか、ワンマンショウーだとか言ってる人》
まあ、そう言うこともあってか、もっぱら私が話しかけたり、話題をぶっつける方
だから、今の状態はさほど気にはならないけど...
そんなこんなで、寝ているお父さんを起こして歩いて10分ほどの近くのス~パ~へ
そしてお昼ご飯です。

c0127933_1759288.jpg

(時差が2時間有るので午後1です。※カメラは日本時間です。)

『美味しいよ・・・・、美味しい・・・・・・・。』と言ってシッカリ食べました。
『ちょっと食べ過ぎかもね・・・・』と、言って二人で大笑いでした\(^O^)/
今後のこともあるので少し控えようねと言うと『そうだね・・・。』だって!!!!!
そして昨日18日は、ゴルフのコンペの日。
今回は欠席したらと言ったけど..どうしても参加したいと言うので..
心配のあまり、私もついていく事にして、私からのストップサインは必ず聞く事と約束の元
行って来ました。【数が数えられるから大丈夫だね・・・・。】と、言うととてもうれしそうでした。
やっぱり好きな事が出来るのが一番なのだと痛感しました。
この写真の、こんなに短いパットを2度もはずし3回目で入れました。

c0127933_1884570.jpg


こんなことなので、スコア~はここに書きませんが、それでも父さんにとっては
最後までやれた事は、今後の自信につながったと思います。

心配して下さっている皆さん、こんなに元気ですから安心して下さいね。
チェンマイへ見えたら心配しないでいつでも、今まで通り訪ねて下さい。

おっと..そうだった..エイコさんの【チェンマイ暮らし】とても楽しみにしていますと
書いてきて下さった方もちよっといてσ(^^)..とても嬉しかったです。
次回は私のチェンマイ暮らしを書きますからね...
書きます、書きますと言ってる内に父さんが復帰してきて一回も書かないで終わるかも(*^_^*)
by n-jijinao | 2010-06-26 18:20
● 父さんが入院し........


 13日朝からどうも様子がおかしい父さん..昼寝もあまりしない父さんが一日中寝ている..
おかしい..おかしいよ..と..言うと..可笑しくないと怒る!!

やっぱりどう考えてもおかしい..月曜日に病院へ行ったら、脳梗塞と言われそのまま入院..
それから一週間..昨日/月曜日に無事に退院してきました。
お陰様というか不幸中の幸いというか、言語障害も歩行障害も無く退院できて本当にうれしい。

こんなことから、このブログ暫くお休みにしょうかと思っていたら、チェンマイの娘プ~が
『皆がどうしたの?ブログの更新が無いよって聞かれるから、早くお父さんブログ書いてね』と
お父さんに【はっぱ】をかけている。
でも、どうもPC開いてもブログのところまでいかない..
『暫く私がかこうか?』と言うと『頼むわ..』と返事が返ってきた..
お父さんのブログを楽しみに読んで頂いている皆さんには申し訳有りませんが..
少しの間私が代わりににここを守ろうと立ち上がりました。役に立てれば良いけど..
何しろこの私は怠け者の代表みたいな性格故..どのくらい頑張れるのかわからないけど..
暫くの間お父さんを助け二人三脚でこのブログ続けたいと思います。

こんな事かくとお義兄さんも、神戸のMさん、東京のSさんとか???今いっぱい色んな人が
頭の中を駆けめぐり心配するだろうなぁ~と..でも、心配しないで下さいね。
お父さん自身少しショックを受けていますが...大丈夫ですからね..

取りあえず今日は報告までで..明日から私のチェンマイ暮らしを書いて見たいと思います。
by n-jijinao | 2010-06-22 12:56
◎チェンマイの天気と、日頃の出来事・・・・・・

●6日(日)、朝5時30分になるが、何時ものように雲間から少しの青さが覗く天気だ。
今日もやっぱり蒸し暑い。昨日も夜中に一雨有り、朝方は幾らか涼しいと思いきや、
湿度が相変わらず高く蒸し暑さがまだ有る。毎日、こんな日が続く。

それでも、朝方の室内温度は30度を切るようになった。短期予報は相変わらず
雨マークが晴れマークの上に書かれ、曇りマークの上にも雨マークが何時も付
いている。
その雨マークが湿度を上げ、マーク通りに毎日一雨が降れば良いが降らない
ので尚悪い。

◎チェンマイ暮ぐらしのつれづれ話・・・・・・

●『外出禁止令』の出たチェンマイ ・・・(『外出禁止令』の、こぼれ話。)

▲最近のタイニュースから・・・
●チェンマイの歩行者天国で爆発、人的被害は無し各報道によると、30日20:30頃、
チェンマイ県県都内プラシン地区内の歩行者天国で爆発が発生し、付近に駐車して
あったバイクに被害を及ぼしたが、幸い人的な被害は無かった。

現場は毎週日曜日に歩行者天国として開放されているソーイ・ワットチャイヤプラ
ギアットの入り口から約5-10メートル離れた地点で、約100メートル離れた場所
にはチェンマイ県警察本部や本部長邸がある。
爆発物は爆発した際に、釘が飛び散るように製作された手製のものが使用されたと
見られ警察側は情勢扇動目的の犯行と見て捜査を開始した。
此処で、このニュースの終わり・・

●30日は日曜日、この日はターぺー門からワットプラシンまで(外周一遍の堀の長さ
約2KM堀の内側が旧市街地。その真ん中を走るチェンマイ一番の繁華街。)本通りが
直線にして約1、5KMその周辺のソイ(脇道)まで、夜店が入り込む歩行者天国で
市内一の観光名所になっている。
日曜日は、大勢のタイ人を始め外国人観光客が夜になると多く来て日曜歩行者天国が
毎週此処で催され、何を目的にしたのかこんな上記事件が『外出禁止令』の解除後に
起きた。

プーさん(タイ人の友人。)が言うには、今までタイ、チェンマイも治安が良かったが
今からは恐ろし悪くなると言う。 
北タイには、赤シャツ(反政府。)を猛烈に支援する人が多く居り前日の赤シャッの
バンコクの強制鎮圧に、その人達が政府の処置に大変な怒りを持っており、今からは
地下に潜りそれが無差別に活動するから怖いと言う。
じいじもばあばも外出する時に、人が集まる所へ当分の間行っては行けないと心から
心配し電話を掛けて来た。

バンコクの騒動の折りに、タイ政府から国民等に『非常事態宣言。』が出されたが、その
宣言事態の意味が何か良く判らず、今まで60数年生きてきてそんな経験はした事も
なく、言葉事態の意味は判るが『非常事態宣言。』の発令とは何か全然判らない。

日本領事館から出されたタイ政府の『非常事態宣言。』の中に、大衆の行動する取り
決めの項目が有り5名以上の人が一カ所に集まる集会はしてはいけないとなっている。
ゴルフプレーにしてもこれ位の人数は集まるし、ましてやCLL(チェンマイ、ロング
ステイー、ライフの会。)の会合になると何十人が集まりこれらも抵触してしまう。
途中、これらの事柄は抵触しないと日本領事館からの指示が出て安心した。
『非常事態宣言。』も始めての経験で、何事かと心に不安は有ったが怖さは何もない。

そんな中で次に出たのが『外出禁止令。』だ。 これだけは『非常事態宣言。』以上に
日常生活に即影響するので何か身近に大変な事が起きたと驚きに近いものが有り、
尚更軍がその取り締まりに関与していると聞くと国家が大きく揺れ動く不安が有り、
只規制された時間以外は外に出なければ良いと云うものではなく恐怖に近いものが
起きた。

『外出禁止令。』は、日本領事館の総領事館緊急情報でメールが入り突然今日の
夜8時から行われると云う。  同時にプーさんからも電話が入り、夜8時には必ず
部屋に戻る様に言われ緊張感が走った。 特に、チェンマイは赤シャッの拠点
(タクシンの出身地。)に近いものが有るので尚更だ。

夕食を食べにワラン店(タイ食堂。)に行ったら、今日は早めに店終いをすると
ニンプさん(ワランさんの旦那。)が盛んにタイ語と身振り手振りで訴えて来る。
此方も予め情報が入っていたので、ニンプさんが何を言っているかが良く判る。

以下こぼれ話・・・・
●『外出禁止令。』の規制時間が来ても、何らタイ人の平常と変わらない生活が・・・
ワラン店に何時もより早い時間に夕食を食べに行き、そそくさと急ぎ部屋へ戻る事を
思い『外出禁止令。』で、今から何が起きるのか少し興味も持ち部屋に帰った。
外出禁止時間の午後8時がやって来て、部屋から見るニマンへミン通りには何ら平常時と
全く変わらなく、車が走り人通りも減る事なく店等の電気がまだ赤々と点いて営業もされ
そのままだ。

タイ人には『外出禁止令。』の緊張感は有るのかないのか、これでは何ら平常日と同じ
ではないか・・・・此方は少しの緊張感を持ち何が起こるのかその時間を待ったが、タイ人の
マイペンライの普通の行動で何か気が抜けたような『外出禁止令。』だ。 
車も走らず人も出ず、店の灯りもなく・・・・ところが、大きな変化が有ったのは飲み屋だ。
規制時間の午後8時前から、あの睡眠妨害の音響がピタリと聞こえない。『外出禁止令。』
が出て飲み屋と云う飲み屋は、皆全休にした様だ。
『外出禁止令。』の規制時間に入り、店を営業すると2万Bの罰金が科せられると聞く。
『外出禁止令。』発動中は静かすぎ、夜が良く眠れたと市民には大好評だった。

●『外出禁止令。』の規制時間の中、飛行場に行く車(乗り合いタクシー)が走らず・・
『外出禁止令。』が出てから盛んに飛行場に夜便で到着する人達への、ホテルや
自宅に行く時の検問等の案内は有るが、夜中の便でチェンマイを飛び立つ人は
飛行場に行くソンテイー(乗り合いタクシー。)やツク、ツク(三輪車タクシー。)が、
街の中を走らず飛行場に行けなく困ってしまう。 
夜便で飛行場に行く途中に検問に合い、その時はパスホートと飛行機の予約券を
見せれば外出も良いと言われても、肝心な飛行場に行く足のソンテイーやツク、ツク
が全く走っていないので、結局は『外出禁止令。』の出る前に早々と飛行場に行き
フライトの時間まで長々と待つ事になる。
『外出禁止令。』が出た事で、目に見えない迷惑が色々と市民には多く出ている事だろう。

●『外出禁止令。』と、仏教行事(5月28日(仏誕節))の寛大さ・・・・
『禁止令。』が出てから、外出禁止時間も夜中の12時から朝方4時迄に大きく時間は
緩和されものの『禁止令。』の発動には何ら変わらない。
『禁止令。』の最中、5月28日は仏誕節(仏陀の降誕、成道(悟りの完成)、涅槃を記念
する祭りの日。)の仏教行事で、タイは休日になっている。
例年、仏誕節の時にはチェンマイのタイ人は、ドイ、ステープへ詣でてお参りをする。

今年は『禁止令。』が出ているものの例年と何ら変わりもなく、夜中からドイ、ステープ寺を
目指し山道を多くの人が徒歩で登る。  参道口に来る迄も『禁止令。』中だが、ドイ、ステープ
寺につながる本通り、ホイケオ通りも車、単車が夜中に5KMー10、15KM・・・・先と離れた
あちら此方からお寺に向けどんどんと二ー三人乗りで走ってくる。
 
『禁止令。』はどうなってしまったのか、仏教国のタイでは仏教行事には寛大だろうか・・・・・・
その詣出る時間が前日の夕方から始まり、夜中翌日の朝その当日へと続く。

 
そんな所がタイの良さで、ひとつにひとつに線が有るようで線がなくその線もある日突然強く
出たり、そんな寛大なマイペンライ、マイペンライ・・・・・のタイが大好きだ。

     今日は、この辺で。


c0127933_811243.jpg

(街の中の花々。               4月9日 じいじ写 )
c0127933_8114019.jpg

(街の陶人形。                6月2日 じいじ写)
by n-jijinao | 2010-06-07 08:12
◎チェンマイの天気と、日頃の出来事・・・・・・

●1日(火)、朝から毎日霞は取れたものの、この蒸し暑さがたまらない。
毎日、局部的には雨が降っているようだが、直接降ってくれないと蒸し暑い夜となる。
短期天気予報は、最高気温も30度と5度程下がって来た。最低温度も20度になった。
ところが湿度だけは毎日80%以上が出て、これでは最高気温が落ちても体感温度は
不快感に変わり、寧ろ以前の湿度3ー40%程が日陰に入ると涼しさを感じ、それが良い。

◎チェンマイ暮らしのつれづれ話・・・・・・・・

● チェンダオの洞窟を見てみたい・・・(ミヤンマー人のタイのビザ取りに同行して。)

隣国同士のタイとミヤンマー(ビルマ。)は、政治経済と歴史的にも古くから密接な
関係が有り、良きに付け悪きに付け色々な事が有り現在もその状態は続く。

このミマンヘミン通りの中央部に位置する街の一角に、ミヤンマー料理店が一軒有り
店の屋根に書かれた看板はO字とO字が多く使われたミヤンマー文字で書かれ、旅行
マップにも店の照会が載り、そのせいかファラン(西欧人。)も多く訪ねて来る。

タイの法律でミヤンマー人は経営トップにはなれず、どうしても下働きの仕事が多くこの
界隈の汚れ仕事に多く携わっている。  タイ人に聞くところ自分の資本で、屋台を引き
商売をする事も持ち主になる事も出来ないと云う。

タイとミヤンマーの歴史は、バンコク近くに有ったアユタヤ王朝をミヤンマー軍が1556年に
陥落させ、1767年にアユタヤー王朝は隣国ビルマ軍の侵入で首都は焼き払われ破滅した。
ミヤンマーが、タイをその約200年間を統治し支配権を持っていた。
そのあとタイのタークシン将軍が、1769年にミヤンマーから独立させた。
その統治されていた名残りを、今もバンコク周辺やその他色々な静かな田舎にミヤンマー
(ビルマ。)部落が今も存在している。
太平洋戦争後、アジア各国はその後の進路差で経済力に差が付きタイに水を開けられた
ミヤンマーはタイに労働力の提供をする立場になっている。

ワラン食堂の従業員は4名全てミヤンマー人の23ー5歳位の男女で、この7ー8年間
辞めたりしたあとの補充も全部ミヤンマー人でタイ人が働く事はない。
その並びに数軒色々な店が有るが、全部の店の下働きはミヤンマー人だ。

ワラン食堂の女性従業員が3月の終わりにチェンダオのタイの領事館に行き、就労ビザを
収得しこの5月に期間更新があり領事館に再び行くと云う。それに同行させてもらった。
チェンダオの街は、チェンマイから真北約100KM位車で約1時間30分掛かる。
チェンダオの領事館は旧街道の街の中央部に位置し、その廻りは官庁街と云える公に
関わる建物が幾つも並ぶ。 チェンダオの領事館は、軍の管轄下に有る様だ。
c0127933_18351.jpg

(チェンダオの領事館は軍の管轄下で、看板に軍と書いてあると言う。)

書類を待つ広場にはミヤンマー人の他に、山岳民族の衣装を着た人達も多く北タイに
在住する人達のビザ発行やIDカードの更新等を此処の役所が受け持っている様だ。
役所に到着したのが朝方10時30分頃、書類のチェックから入りビザ発行は午後2時頃
になると云う。 早く処理してもらう為に、タイ人同士でも色々便宜物も必要の様だ。

待つ時間が充分有り、昼食を取りながらお寺とチェンダオの洞窟を見に連れて行って
くれると云う。 
昼食に行く途中、街の中で見掛けたバスストップに置いてある車の古さに思わずビックリ
その車が走るだろうか展示されているか、その車を見ただけでは判らないが思わずカメラに
手が掛かりパチリと押した。
c0127933_1834938.jpg

(バスストップに置いてある車の古さに走るだろうか、思わずパチリと・・)

チェンダオの街から、車で奇形とも思われる山の麓まで車で約10分も走っただろうか
大きなお寺が出てきた。 そのお寺の名前は『ワット、タム、チェンダオ。』
その寺の境内に、真っ白なナーガ(鶏頭龍)像が数匹天に向かって昇っている。
こんな像は始めて見るもので、その大きさと見事な綺麗さに素晴らしいものを見た感だ。
ナーガ(鶏頭龍)の頭が、普通は山頂の寺から下に向け寺の階段の両側に位置し、入口に
向け有るものばかりで此処のは全く違う。
c0127933_1842353.jpg

c0127933_18404484.jpg

(真っ白なナーガ(鶏頭龍)が天に向かっている像。)

『ワット、タム、チェンダオ。』の洞窟に入る入口に建てられた建物が、また面白く幾重にも
重なった建物になっていて、そこの建家に入ると長い洞窟の入口になる。
入口で入場料の20B支払い少し進むと洞窟案内人を付ける事になり、その案内に
100B支払う。その人がカンテラを持ち、洞窟の案内を最後までしてくれる。
c0127933_185113.jpg

(『ワット、タム、チェンダオ。』の洞窟の入口に段々に重なり合う様に作られた建家。)

最初に洞窟に入った所は立って歩きながら見る事も出来るが、途中何度も狭く腹這い
して抜けないとダメな所が数カ所あり腹の出た人や老人にはそれは応える。 
栄子も先回、この洞窟に入って居るので今回は辞退すると言ったのが良く判る。
c0127933_186320.jpg

(最初は大きな入り口で立って歩きながら行ける。)

日本の山口県の秋吉台の鍾乳洞など見ていると、とても綺麗さはなくスケールも違い
ガックリする日本人も多いだろうがタイ人はそんな物を見た事もないので、これは
本当に綺麗で日本人にも是非見てもらいたいと思う鍾乳洞の一つだ。  
メーサリアンにも同じような物が有るが、此処と余り違いもなくまだ規模が小さい。  
そこもニンプさん(ワランさんの旦那。)が以前連れて行ってくれたが、綺麗だろう
綺麗だろうの連呼を聞いたが・・・・

洞窟の中で数カ所狭い所で頭を打ちながら、何とか汗ビッショリになり出てきた。
その所用時間も3ー40分も掛かったか、洞窟の中でも暑かった。
c0127933_1865468.jpg

(極端に狭い所も有り腹這いになる洞窟の中。)

洞窟を見てチェンダオの領事館に着いたのが午後2時、書類の出来上がりを心配したが
着いてから15分もしたら本人が書類らしき数ページに渡るものを持って来てラワンさんが
それに目を通す。 それら書類に掛かる費用が、約2千Bと便宜物が掛かると云う。
その費用の全額ワランさんが持っている。
以前、ワランさんが嘆いたのは、それら書類を収得したらその数日後にワラン店を辞め
何処かに行ってしまった時だ。約2千Bと便宜物とそれは大変な金額だ。
全額個人持ちと、経営者と折半が多いがワランさんは全額持っている。 

チェンダオの領事館の前に、タイの国花と言われるゴルデンシャワーが丁度満開だ。
チェンマイはもう数日前に満開が過ぎ、今五月の半はチエンダオが盛りと咲いている。
ゴールデンシャワーとは英名で、タイは「ラーチャブルック」と呼ばれ「植物の王様」と
云う意味だそうだ。
ゴールデンシャワーはマメ科で、高さ10mにもなり鮮やかな黄色の花が房状に藤の花の
ように垂れ、豆科と判るのは長く大きな黒い色のエンドウの形をした物が多く下がる。
この大きな木の下に入ると、まるで金色のシャワーが降り掛かる様でこの名前が付いた。
c0127933_1875937.jpg

(チェンダオの領事館の前に、タイの国花『ゴルデンシャワー。』)

                   今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2010-06-01 18:08