定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

◎この頃と天気・・・。

28日(火)、短期予報で今日は、降水確率60%と出ている。昨日の夕方は、小雨もパラ
付いたが、夜中には雨も降っていない様だ。
朝6時40分、外が急にパーと明るくなった。雨どころか気温も室内で26度と爽やかだ。
夜中も何か毛布でも1枚掛けたい様な寒さを感ずる夜だっだ。
室内気温も25度位だっただろうか、眠っていたのかどうも寒すぎた・・・・。

此処1週間、午前中には雨も余り降る事もなかったが、午後から夜中に掛けて小嵐を含めて
よく雨も降った。
季節の変わり目には、1ー2度強い小嵐が来て雨季も明けるのが今年は数回も続く。
これも多少、この頃の異常気候から来ているものだろうか。

安居明けが雨季明けとなっているが、これでは季語も変えないといけなくなってしまう。
僧も雨季の時には部屋の中で修行をしていたが、安居明けと共に早朝から托鉢に出る事に
なり托鉢僧にも、この雨のズレには厳しいものがある。
c0127933_19245279.jpg

(28日(火)、降水確率60%予報の朝??・・。左山頂の小さな建物がドイ、ステープ。)

◎タイの旦那(タイ食堂のワランさんの夫(サミー。)ニンプさん。)も大変・・・・・

ニンプさんはメーサリアン(チェンマイの真西でミヤンマー国境に接する町。)で、コンニャクの
粉末を作る工場の責任者をしている。
タイ全土から、コンニャク芋が大型トラックで送られて来て工場で芋を焼き粉にする。

最近は、工場の全面整備の為に時間が有りチェンマイに居る期間が長かったが、整備も
終わりもとのメーサリアンに仕事と共に生活の場が移った。
工場を整備する前は2ー3週間に一度チェンマイに戻る生活パターンだった。
メーサリアンとチェンマイはメーホンソンに行く、通称南回りと言われる道の途中に有り、
チェンマイからは、強い山道で車で片道3ー4時間は掛かる。
その山道をチェンマイに来る時には、毎回車で行き来きしている。

娘のマバーンが、今秋休みでバンコクの大学からチェンマイに帰って来ている。
11月始めには新学期も始まるので、10月末にはバンコクに戻る事になる。

タイの親子には、学校教育からなのか仏教の教えから来るものか、日本の子供が引き
起こす日本で云う『子供の反抗期』と、言う言葉は一度もタイでは聞く事がない。
長老を大切にしなければならないと云う生活習慣が出来ており、子供達は親やお爺さん
お婆さんを大変大切にする。 その代わりに親も子供を温かく育てる。 
親子の信頼関係が、心深く互いに通い合う様になっていく。

ニンプさんは、3ヶ日前にチェンマイからメーサリアンに帰った。
マバーンには、親子でチェンマイで一緒に食事する機会は日曜日の数回しかない。
私達にも機会を見付けては一緒に食事を誘われるが、なかなか日程の合う事が少なく私達と
日にちが合うとワランさんが大喜びだ。
夕方、食事に行ったらワランさんが、今度の日曜日は空いているかと聞かれた。
空いていると言うと、早速メーサリアンに帰ったばかりのニンプさんに電話だ。
ワランさんにニンプさんはチェンマイに呼び戻されている様で長電話をしている。
ニンプさんが帰って来ると言うと、そんな時には娘達もワランさんも一緒に大喜びをする。
何だかニンプさんには、大変気の毒な気がする。娘達には、父親も弱い様だ。

ワランさん家族とコンドのロビーに6時に会う約束をする。何時も約束する時間は、この
時間だ。
此方は7時の約束をしたいが早く会って行きたいと言われると、どうしてもこの時間だ。
夕方、6時からはNHK衛生放送で『篤姫』が有り、楽しみにしている番組が見えなくなり
此方は残念だ。
夜中に再放送も有るが時間が遅く、翌日にはゴルフも有り見る事も出来ず、次の再放送は
週末の土曜日昼11時からになる。 それまで、お預けになるのが誠に寂しいものだ。

コンドのロビーに6時の待ち合わせで、時間通りに皆やって来た。娘二人は、自分の家族と
栄子と一緒に食事が出来るのでニコニコ顔だ。
今日は、海鮮料理に行こうと云う事になり、その店には前々から何度も誘われていたが、
日程が合わずにお流れになっていたので久し振りに行ける事になった。

場所は、トンパヨン市場の交差点の運河通りを南に500M位下ると右側にコンクリート橋が
掛かっていて、その橋を渡りUターンしてトンパヨン市場の方に200M位戻った所にある。
日が暮れると廻りが暗いので、左側をゆっくり走らないと店を見失う。

店の名前は『タラート、ソォ、タレー、トン(新鮮な海魚市場。)』と、言うそうだ。
海老、蟹類、生け簀には色々な魚がいる。
料理の方法はタイ式の料理で、どちらかと云うと中華に似たものが出てくる。北タイ料理は
中華料理に似たものが多い。
メニューの代金が大変変わっていて、どんな料理も一品が89B(約270円)と書いてある。 
ワランさん曰く、ご飯が高いと言っていた。 
海老、蟹、魚の一匹物は、重量で計り売りになっている。
c0127933_19264739.jpg

(蟹と海魚生け簀。)

お客はタイ人ばかりで、外国人は一人も見なかった。客層はタイ人の中でも、少々レベルの
高そうな風に見える。

チェンマイで有名な海鮮料理と云うと、ナイト、バザールの半ば位に有るアヌサーン市場には、数軒あるもののどれも観光客が主の様だ。此処には、魚の種類も豊富でこれも良い。

この店にはタイ料理も置いてあり『トム、ヤーン、クン(世界三大スープの一つ。)』等は
新鮮な大きな海老が沢山入り味も良く出ていてお勧めしたい一品だ。
店の中には珍しくリンチー(タイの果物。)の大木が生えていて、涼しく夕食を取る事が
出来る。
栄子も川魚は全然ダメだが、海の魚は大好きでマバーンも、皆、美味しさに大満足だった。
ニンプさんは、翌朝早く一人でメーサリアンに車で帰った。 ご苦労様でした・・・・・
c0127933_23403477.jpg

(ぷりぷりのゆで海老。)

◎この頃のタイニュース・・・・・・

12月のASEAN会議、開催地がチェンマイに変更2008/10/26 (13:08)| ヘッドライン 政治
【タイ】12月中旬にタイで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の一連の会議の
開催地がバンコクではなく北部チェンマイになることが明らかになった。タイのソムチャーイ
首相が26日、確認した。

 バンコクでは反政府団体が8月下旬に首相府を占拠、現在も居座っているほか、都心部で
頻繁に街頭デモが行われ、国際会議の開催は困難とタイ政府が判断した。

困ったものだ。 静かに暮らすチェンマイ市民に突然この様な事を持って来られても、
チェンマイの何処で開催されるか、それも大きな心配だ。
それもどれ位の開催期間なのか、それに共ないバンコクの一連の件でチェンマイで
ことのアピールする為に大きなデモでもやられれば、地元市民は大変な迷惑をする。

チェンマイは、タイの中で一番安全でしかも市街地的条件にも、何かに適しているかと
立証されたものだ。
反面タイは、この変更で国内が大きな混迷をきたしていると世界に大発信した事にもなる。
やはり早く解決させないと、タイの市民生活にも大きな混乱を引き起こしている。
      今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-28 19:37
◎この頃と天気・・・。

22日(水)、来客が有り夜7時にカンタリーホテルで食事をする事になり出かけた。
午前中に可成り強い雨が降り、午前中はゴルフをチュウチョする程だった。午後は晴れ間を
みて夕方を向かえた。
何時もの様に、夕方は窓を閉める事もなく食事に出かけるので午前中に雨も有って雨が
降る予想など全くなく出かけた。
会話に花が咲き楽しい団らんを過ごして夜9時にホテルを出ようとしたら、小嵐の様な
風を強く共なった雨が降り出している。

降り出した雨で気が付いたのが、窓を閉めずに出かけて来た事だ。
急いで部屋に戻ったが、その時には既に遅く部屋の3分1まで水浸しだ。風が強く吹いた
雨で家具や椅子も濡れてしまっている。
小嵐では、風が強く慌てているのでカーテンが絡み付き窓を閉めなければならないが
閉める事すら上手く出来ない。その間もドンドン部屋に雨が吹き込む。

栄子は、大判のバスタオルを持ち出し水浸しの水を吸い取るがバケツに絞る事が、歳の
せいか力が出ず回数多くはとても絞れない。
適当な所で諦めて、そのままにして翌日を待つ事にする。 こんな時には老いを感じる。
昨日の夜には、大分残っていた雨水も翌日の朝には殆どなく乾燥度の強いチェンマイだ。
この小嵐が雨季との別れになる最後の雨となるだろうか。
23日の早朝は朝焼けで始まり、その後真っ青な青空に変わりながら夜が明けた。 
室内気温も始めて26,5度を指し涼しい朝になった。
c0127933_174479.jpg

(23日朝6時35分頃、チェンマイ市街が燃える様な真っ赤な夜明けだ。思わずパチリ)

◎プーさんの自宅訪問と青空市場・・・・・・

『栄子、何時カーテンの寸法を計りに来るの早く、早く・・・。』と、プーさんが栄子の
尻を叩く。
セキサン、プーさん夫婦が、旅行社のライセンスが取れて新会社を設立させた。
この若い夫婦には、何処にこの様なヱネルギーが有るのか情報を得ては直ぐに実行に
移す。

自分の自宅に机を入れて取り合えず、此処を事務所にすると云う。
プーさんが事務所を自宅に作ったので、是非見に来て欲しいと何度も電話催促を受けて
ようやく暇が出来て見に行く事になった。
両方共がなかなか忙しくて時間が合う事が少なく、丁度時間が合ったのでプーさんが車で
向かえに来てくれると言う。 プーさんも嬉しくて車の中では、事務所の話ばかりが出る。

旅行社の営業活動も既に始めていて、タイは今年来年に掛けて『海外旅行キャンペーン。』を
始めている。 
タイの国上げてのキャンペーンに便乗して、東南アジア方面のベトナム、香港等3ー4泊の
海外旅行にタイ人を連れて行く。
それを見越して団体の客のを募るのに、夫婦で忙しく動き廻っている。

日本人ガイドはセキサン、可成り高い日本語レベルで日本語も読める。英語圏はプーさんの
テリトリーで日本語も喋り日本人にも良く受ける。
ガイドから始まり、今ではアパート経営、保険のライセンス、今度は旅行社だ。
見方を変えると、タイではこの様に色々な仕事をやらないと稼げないとも言える。
国立大学を両家庭とも出せる家の出だが、それだけではタイ社会では何も通じない。
タイは、まだまだコネが強くこの夫婦にもそんなチャンスが有れば益々大きく伸びる。

自宅はハンドーン方面のタイ人が多く住むムバーン(一個建て集合住宅。)に有り20分位も
走ったろうか本通りから逸れて5分近く走ると両サイドには畑があり、時々、村も出て来て
数十棟も有る大きな住宅街に着いた。
玄関を入った所のフロァーに机を置いて事務所らしくなっている。もう、事務員も一人
居て電話番をしている様だ。
プーさんも本当に嬉しいらしく一人事務所の椅子に座り、何度も何度もクルクルと座った
まま廻って見せる。

フロァーを事務所にしたので台所や窓などのカーテンがいる。
全部で10枚位のカーテンがいる事になり、それを栄子が作ってやると約束。
その催促電話が毎日掛かって来て、新しい事務所だけに早く取り付けてくれる事に期待
してプーさんは楽しみに待つ。

田舎の村の近くにあるムバーンで、その近くには火曜日と土曜日に毎週決めらて青空市場が
立つと云う。 プーさんがその青空市場に案内してくれた。
大きな広っぱの中の一部分には、屋根付きのバラックも建てられている。
c0127933_1763930.jpg

(大きな広っぱの青空市場。)

店は何軒位有るのか、建家の中と外の広っぱにゴザを引いて随分と沢山の店が列んで
いる。
衣料品から雑貨品、食料品から日常生活品が揃っている。驚くのは、庶民の中の物だけに
衣料品から食料品までが全部が安過ぎる事だ。
日当が150Bー200B(約500円。)の収入では、これでないと暮らせない。
c0127933_1793844.jpg

(市場内の果物売り場。)
c0127933_17104663.jpg

(チェンマイソーセイジと焼き鶏。)

◎この頃のタイニュース・・・・・・

タイの空港利用者、8―9月急減2008/10/24 (14:06)| トップニュース 経済
【タイ】タイの主要空港の利用者数が8、9月に大きく落ち込んだ。反政府派による首相府や
南部プーケット空港の襲撃、占拠など政情の悪化が大きく影響したもようだ。

 タイの空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)がまとめた主要空港の旅客数
状況によると、バンコクの玄関口であるスワンナプーム空港は8月が前年同月比1.5%減、
9月が16.1%減、バンコクで国内線を運航するドンムアン空港は格安空港会社ワントゥー
ゴーの運航停止もあり、8月が 42.1%減、9月が40.9%減だった。

 北部ではチェンマイ空港が8月13.6%減、9月21.5%減、チェンライ空港が7月22.3%減、
8月24.5%減、9月28.8%減。南部ではプーケット空港が8月14%減、9月21.3%減、
ハジャイ空港が8月21.4%減、9月29.2%減だった。

セキサン夫婦も観光事業に携わっているのでこんな記事は、対目に入る。
バンコクのゴタゴタも長過ぎて、庶民は大変な思いをしている様だ。
楽天的なタイ人でもアンケートでハッキリと早く止めて欲しいと意思表示をしている。
バンコクのデモに参加している人達には、日当や日常品の支給までされて働く所のない人
には、こんな都合の良い所はないと何時までも長引いて欲しいと言う人まで出る始末だ。
かたちが変わった失業対策と思えば、可成りの人が実質の恩恵を受けている。

それにしても、この落ち込みは大き過ぎる。
この先、どうなる事やらチェンマイの旅行会社の倒産で、多くの日本人が多額の被害に
遭ってしまった事件まで起きている。
チャンマイの様な観光が主な街では、全体に受ける被害が余りに大きい。
チェンマイは、静か過ぎ何処か余所の国で起きている様で、この減り方には納得できず
長過ぎる騒ぎに庶民は怒れて来る。
                           今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-25 17:12
◎書き込み・・・。
ばあばが月に一度、チェンマイで発行される『ヴィアンチェンマイ』に掲載したコラムの
本文をそのまま掲載致します。
チェンマイに短期ステイーされ日本に帰られた方々から、是非、このブログに載せて欲しいと
云う要望から載せました。                   じいじ記。
                          (2008年9月20日発行日。VoI,195号から。)
【『ヴィアンチェンマイ』 掲載文】
【うふふのふの...あんな事...そんな事...こんな事....】


美味しい~...
クッキ~片手にコ~ヒ~を飲んでいたら..20年来の友人福君がやって来た..
えっ..こんなに早くどうしたのと聞くと、今日は休みと言う..チェンマイでも、
名古屋でも、曜日の感覚が全くない私に、うらやましいなぁ~自分も早くそうなりたいと
言いながら、勝手知ったる何とかで、我が家のキッチンで、自分のコ~ヒ~を入れてきた
ねぇ~福君..なんだかちょっと胸苦しいんだけど...どっか悪いのかねと聞いた...
それは、一週間位前から感じていた事で、帰る日が迫っているので、我ながらちょっと
不安になっていた事だった...

すると..彼から..運動不足ですね!と、いとも簡単に片づけられてしまった...
確かにチェンマイでは、一週間の内3日間だけど、お父さんがゴルフへ出掛けると、
その足で私は、早朝散歩へ出掛けている..なのに、どういう訳か..名古屋へ帰ってくると
早朝散歩どころか、つい、そこのコンビニ行くにも..車で行く..
思い当たる事はある..ある..
焼き肉2回、中華のコ~ス1回、妹宅で、寿司とお刺身の食事に、姪っ子宅で天ぷら、
最後にお父さんの兄弟で和食を食べに行く..
お父さんが、チェンマイへ帰るまでの一週間がこれで..その後の私は、留まるところを
知らず、今日までの3ヶ月余りを、暴飲暴食で過ごしてきた...
これでは、当たり前の話しそれにしても、3ヶ月さぼっただけでこんな事になるとは..
トホホな私です..

ス~パ~へ買い物に行く..うへ~..たかい~..日本はどうなったんだろう..
秋刀魚が100円たか~い、大根が150円たか~い、キュ~リがレタスが~
トマトが~帰ってきたばかりの時は、ス~パ~へ行くのが怖かった..
行っても何も買えなかった..それが、最近は、秋刀魚も大根もちょっとずつ安くなって来た..
さぁ~..そうなると秋刀魚塩焼き用と、ショウガたっぷりで煮るのと..
何て事を言いながら買って来る。
でも、ただ今ダイエット中の息子は食べないので、私と福君二人で食べる事になる...
仕方がないよね、大根はサラダでも、ぶりかまと一緒に煮ても、ふろふき大根にしても
どう料理しても美味しい..ああして食べよう..こうして食べようと..頭の中は一杯
日本の野菜が美味しいのは、何と言っても、みずみずしい..そして、何よりその物の
臭いがある..香りがいい..レタスのぱりぱり感なんて..もう..たまりませんって感じ
朝は、食パンにレタス、キュ~リ、卵焼きにハムをはさんで、そして、そしてあつ~~い
香り豊かなコ~ヒ~..もう最高..せま~くて、古びた我が家のリビングも..
何だか一流のホテルでの食事にも思える..

いつもの年より今年は2ヶ月早い帰国だったけど、ご近所さんが待っていたよ~と
ばかりに、ランチのお誘い..お陰で、田舎の農家へトマトを買いに行きながら鮎を
食べてきましょうツア~から、京都では,あの有名な豆腐料理を食べたり..
私の本心は、あの豆腐料理に4000円とか5000円はもったないと思うのですが..
そこは、お付き合いだから仕方がない..私的には、家の近くの風来坊の手羽先...
最高だと思う..美味しかったなぁ~..こんばんはと、のれんをくぐって入っていったら..
満員で立って待ってるグル~プが3組み程いた..そんな中、大将が私と目と目が合った
瞬間..
ビックリした顔で..いや~ひさしぶり~..ちっとも見ないけど元気と声を掛けてくれた..
久々の来店でも声が掛けてもらえる、これもうれしいの一言ではすまされない、
何かを感じる...ようし..帰るまでもう一回行こうと、そんな気分に
させてくれた、大将の一言..

お盆は、人が多いからとお盆をさけて、隠岐の実家へ里帰りをした友達から、さざえや
鯛を頂いた時には、もう、ビックリするより何より..あっ冷酒、冷酒あったかなぁ~と
思わず冷酒の心配をした私でした。お魚は言うに及ばすで鮮度が一番と言うけど..
まさしくその通りで、サザエは、お刺身と、壺焼きで頂き、鯛はお刺身で頂きましたが
サザエなんぞは、オオバ~でなく、7~8年ぶりにグリン色した、ちょっとホロ苦い
みそが何と美味しかったことか..

美味しかった事で、今回の発見..コンビニがとても充実しているのには、
びっくりしました。独自の開発と努力で、値段はやや高めですが、
ちょっとおつまみが~と、飛んでいっても..タンの薫製や、豚の耳の薫製、ウズラの卵
とても、美味しいのです。コンビニ、あなどれないぞの、思いを強くしました。
お父さんへのお土産を、コンビニで買って帰ろうと思っています。

こうして、今年も美味しい物三昧の日々を過ごし、まもなく名古屋を後にするのですが
日本には、四季がある事で、こうして美味しいお野菜や、お魚、お肉と豊かな食材に
恵まれ..豊かな食生活が送れる..これって..本当に幸せなことだと帰ってくる度に
思いを強くします。

ダイエット中の息子が、お母さんお昼なら、焼き肉食べても良いから..
お昼の焼き肉ランチを、ご馳走してやるよと連れて行ってくれました。
ここも、お父さんや、兄弟達と良く通ったお店で、お昼に行くにはちよっと高くて
私は思わず..えっぇえ..良いの..と..聞き返してしまいました。
息子と二人のお昼のランチは、会話を楽しみながら、時間が経つのも忘れてしまう程
そんな時間が持てた事も、又そんな時間を作ってくれた、息子のやさしさも
心にしみたお昼の焼き肉ランチでした...
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-24 07:30
◎この頃と天気・・・。

20日(月)、昨日、今日と早朝から霞み掛かりの中で夜が明ける季節になってきた。
西のドイ連山も遠い北の山々も、薄ねずみ色の幕の中に掠れて見える。
東の山々の間から昇る太陽も霞の中から、もう出て良い時間なのにまだ顔を出さない。
あと、どれ程で陽が出るのか、一年振りに太陽もすっかり朝寝坊をしているようだ。
ゴルフのスタートする時間が来た6時45分頃、薄霧の中に例年起きるあの真っ赤な太陽が
普通より大きくなり赤々と昇り始めた。1年振りに見る、真っ赤な太陽だ。

21日(火)、昨日の昼過ぎに、空が突然曇り始めて強い雨が1時間程吹き付けた。
気候的には雨季明けとなっているが、まだ今月中は強い夕立が時々降る事もあるだろう。
雨も降り止んで、そのあと晴れる事もなく厚い雲と、時々小雨まで降る始末だ。
夜中になり再び音が程の降り様だ。 雨季が、また盛り返して来てしまった。
もう朝8時になるが、相変わらず小雨が降りドイの山裾まで、ガスが濃く掛かっている。
今日は、ゴルフの休日日でラッキーだ。室内温度も夜中から今も27,5度と涼しい。

◎朝の団らん(ワラン家族。)と、美味しいケーキ・・・・・・

タイ食堂のワランさんの長女のマバーンがバンコクの大学が休みでチェンマイに帰って
来ている。 日本の学期末休みと同じで3週間ほどの休暇の様だ。
末娘のマーミヤンの小学校も同じ様に秋休みに入っている。姉が帰って居るので夕方から
二人とも店を手伝っている。
 
チェンマイにも飲食品全般の値上げがあって、ワラン食堂も一緒にその時に値上げをした。
何故かそれ以後ワラン店は、益々店が繁盛している。 最近は、夜遅くまで客がやって来る。
値上げ後も何故、ワラン食堂が忙しいのかを良く見てみると店のやり方も、その店で色々な
やり方が有るものだ。

一つは値上げをせずに、量を減らす店が以外に多い。それがタイ人の三食(朝、昼、晩)
時の量が余りにも減った元だ。 
タイ店の一品の量の少なさに驚く日本人は多く、この量で腹が膨れるかと心配する。
タイ人は量を減らして一品の値上げをしないと云う事で乗り切る。 
それが、タイ人のプライドが強いと言われる由縁がこんな時にも大きく顔を出す。

カオマンガイ(ご飯の上に蒸し鶏がのった物。)の店等で良く見るのは、余りにも一皿の
量が少なく二皿頼む人も多くいる。 結局は量が少なく一度に二皿頼む事になる。
麺類店でも出てきた物を見て量が余りに少なく二杯を頼む事も良くある事だ。
一品の単価は変わらないが、実質的には大幅に値上げした事になる。

ワラン店は、一品の量が多いので値上げをしても何ら判らずタイ人の若い人やファラン
(西欧人)の人気が高く、値上げても量が多い為一品で充分だ。人気の秘訣はそこに有る。

ワラン店に夕食を食べに行くと栄子を待っているのが二人の姉妹だ。栄子が大好きで店を
手伝いながら、その合間を見ては側に寄って来ては遊ぶ。

マーミヤン等は、栄子が来たら手伝いを止めてしまい栄子の側から離れずに日本の子供の
遊びやマーミヤンがタイの遊びを教えてくれて随分と長い時間遊ぶ。
ワランさんも客の切れる合間を見ては、栄子の側に寄ってきて日常の話をする事になる。
それもワランさんの忙しい時のチョットした息抜きだ。

ワランさんと栄子の夕食時の話で、栄子がカンタリーホテルの1Fに有るケーキ屋の話を
している。
ワランさんが明日、市場に行ったあとにカンタリーホテルのケーキ屋に連れて行って
欲しいと言う事で話がまとまった。
朝10時にワランさんの店で、私達夫婦とワラン親子3人で行く事になった。
朝8時頃から店を開店して、夜9時頃閉店するまで休む事なく働き詰めだ。たまには、
こんな事でもないと娘がバンコクから帰っても親子3人でくつろぐ事も出来ない。

カンタリーホテルは、このブログでも一度紹介した事も有るがニマンヘミン通りの中間付近で
アマリリンカムホテルを背にして右側の通りに大きなホテルの看板が建っていて、本通りから
100M位入った所の右側に有る。
最近出来だばかりのホテルで、この頃タイ航空が50室程長期契約をしたので、予約が
取りづらいとも聞く。少し前には、皇室の方も一週間程泊まられて事も有るホテルだ。
c0127933_5213283.jpg

(カンタリーホテルの正面玄関。)

ケーキ屋は、ホテルの正面には噴水が出ていてロータリーの左側の1Fに有る。
ケーキ屋の横に喫茶室を兼ねたフロァーが有り、ケーキを注文してそこの席で待てば
席まで持って来てくれる。
ワラン店で待ち合わせ先に4名で行き、マパーンがコンドの部屋から少し遅れてやって来た。
こんな機会がないとワランさん達も毎日仕事、仕事で追われて家族で一諸に来て、ホテルで
ケーキを食べる事は思いも付かない事だ。

ケーキは一品が80B(約240円。)前後で、30種類位は有るだろうか、他に洋菓子も置いて
いる。 皆で思い思いに頼み出てくるのを席で待つ。
マーミヤンもこんなホテルでケーキを食べる事もないので嬉しくてハシャイでいる。
親子3人が出てきたケーキを、少しづつ分け合い美味しい美味しいの連呼して食べている。
c0127933_5231176.jpg

(ワラン親子とケーキ。)

あと数日でマバーンも、又、バンコクの大学に戻り勉強が始まる。可成り勉強も強い様で
毎晩遅くまで勉強をしているとワランさんに聞く。
日本の大学に留学する事が目標の様で、日本語を今から専攻していると言う。
将来が楽しみな若い女性が、又、一人増えた。

◎この頃のタイニュース・・・・・・

食事に除草剤混ぜて盗み、25歳家政婦を逮捕2008 (02:41)| 主要ニュース 社会
【タイ】タイ警察は19日、雇い主に除草剤を飲ませて金品を盗んでいた女をバンコク都内で
逮捕した。国営タイ通信が報じた。逮捕されたのはノンヌット・タップトーン容疑者(25)。
家政婦に応募して2日ほど働いた後、食事に混ぜるなどして雇い主に少量の除草剤を
飲ませ、気を失ったところで宝飾品などを盗んで売りさばいていた。同じ手口で10回以上の
犯行を繰り返していたとみられる。

チェンマイは、この様な除草剤を混ぜて気を失わされて犯行に有った事は聞かないが
これに近い安全管理が不十分から、女性に室内から金品を盗まれた事件は良く聞く話だ。

日本人は、何故か日本の安全を身に付け過ぎているのか不用心の事ばかりだ。
タイ人は、タイ人同士でも知らないタイ人は滅多に部屋に入れる事がないと言う。
タイ人はタイ人を信用しないから、そんな風になるのだとタイ人から強く言われる。

お手伝いさんにしてもIDカード(身分証明書。)のコピーを必ず提出させ、それがないと
部屋には絶対に入れならないし、どうしても部屋に入れる時には立ち会いで部屋に入れると
言う。相手を疑う事では、日本人は大変薄過ぎる様だ。 本当は、疑う事は良くはない。

外国にいるせいか日本人は、街で会ってだけで簡単に自分の部屋や家に人を連れて来て
しまう。 その人が帰った後、数日後に金品や貴重品がなくなる事故を良く耳にする。

今までに良く聞くのが、コンドの部屋や廊下の掃除をする人が、合鍵を作ったりして少し
づつ物を盗んだり財布からも大金ではないが少金額を盗み直ぐには気が付かれずに
警察には届ける事のない様な金額を計画的に盗んだり巧妙な手口を繰り返す。 
これには、合鍵を作らせるスキを作らない事だ。
 
日本の諺にも昔から『他人を見たら泥棒と思え。』と、言う諺が有る様に外国だからこそ
再認識して安全をもう一度再自覚したいものだ。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-22 05:25
◎この頃と天気・・・。

●16日(木)、東の空には雲が薄くやや赤みを差しているが何となく曇り空と言った程だ。
ドイの山の上は白い雲が2ー3個浮く程度で西は良く晴れている。
朝5時45分まだ暗いと云う方が当たっている位に暗い。室内で気温は27,5度だ。
c0127933_9591648.jpg

(10月11日の朝焼け6時20分頃。素晴らしい赤さに感動する。)

●今年の出安居(ワン、オークパンサー。)は14日だった。僧が7月18日(ワン、カオパンサー。)に修行に入り約3ヶ月間の修行から明ける日だ。
昨日の早朝、ゴルフに行くと途中の黄色の黄衣(ヂーウオン)を着た僧の托鉢を見た。
昨日、出安居でその翌日には、もう托鉢に廻るのだ。久し振りに見る早朝の托鉢風景だ。

14日はミヤンマー(ビルマ。)でも大きな仏教祭に当たるそうで、どの様に名前が付いて
呼ばれているか判らないが、北タイにはタイヤイ(ミヤンマーに居るシャン族。)と呼ぶ人達が
多くタイに働きに来ている。
ワラン店、パンさんの店、ペットさんの店も女店員は、皆、タイヤイだ。他にもガソリン
スタンドからお手伝いさんまで労働に対して多すぎる位にタイ国は受け入れている。
その人達に対して、この日は休日(ミヤンマーの仏教祭?。)として休む店も多い。
ワランさんの店は朝から休み、パンさん店は午後から休み、その他でもタイヤイを多く
使用人で使っている店は休む。
ワランさんの店の女店員は、ニンプさんに車でお寺に連れて行ってもらったと喜んでいた。

●今年の新発見を読んでみて下さい・・・丸5年チェンマイに住み5ヶ年同じ所に居て、
今年始めて気が付いた事は、14日にドイ、ステープの真上に朝方満月が輝いているのだ。
月がドイの真上に有る事に気が付いた時間は、朝方5時45分だった。

これは推測だが、この日の朝の満月とソンクラーんの夕日が同じドイ、ステープの真上に
起きる現象を見て、ドイ、ステープとワット、プラシンが一直線に結ばれた線上に、コンドが
建っているのだと思う。 一度ワット、プラシンからドイを見て確かめて見たい。

昨日の夕方の事、東の空に満月が高く昇り栄子と食事に行く途中に真ん丸の満月を見て
その綺麗さを話題にした所だった。
今日の朝、毎日の繰り返しで全窓を開け放ち、外が余りにも明るいので何の気なしに
ドイ、ステープを見たらステープの真上に満月が煌々と輝いている。 これには驚いた。

ソンクラーン(4月12日、タイ正月。)の時期に太陽がドイ、ステープの真後ろに沈むのを見て
感動をした。 
今回は、その日の反対で太陽と月も変わり出安居(ワン、オークパンサー。)の日には、こん
な事が起きるのだ。
ワット、プラシンから見て、この様な現象の起きる場所にドイ、ステープを建てたならば
改めて古人の洞察力の素晴らしさを、又、見た。(推測・・・確かめてみる。)

皆様も来年は、ドイのソンクラーンの夕日、出安居の朝方の満月を一度見て欲しいものだ。

◎タイ人の子供達と折り紙で遊ぶ・・・・・・

何時、栄子が日本から帰るのかと、マネジャーから良く聞かれていた。
日本から帰って来る栄子をコンドのマネジャー(女性。)は、首を長くして待っている。
帰ってから数日してコンドのフロアーでマネジャーと出合ったら、マネジャーは栄子の
手を取り3ヶ月振りの懐かしさを思い切り表現してくる。 
コンドのマネジャーは、栄子の事が大好きだとプーさんからも良く聞く。

マネジャーが栄子に、今度はタイの子供達に何か話をして欲しいと言って来た。
以前にチェンマイ、ガールスカウトの幹部の方達、タイ人のご婦人ばかり20名位の前で
パッチワークの話を2時間位話した事が有る。 
それが、皆に気に入られて何かと幹部の方から色々な行事に出席する様に声が掛かる。
コンドのマネジャーもチェンマイ、ガールスカウトの幹部をボランテァで兼ねている。
チェンマイガールスカウトの事務所は、シャングリラホテルの南側に建っている。
集会所や食堂、宿泊設備、駐車場など7ー800坪ほどの物だ。

タイの学校は、今、中間の学期末で秋休みに入っている。日本の春休み、冬休みと同じで
3週間程の休みだそうだ。
タイ食堂のワランさんの娘のマバーンも、バンコクの大学が秋休みに入りチェンマイに
帰って来ている。

昼の午後1時30分から午後3時までの1時間30分を、何か話をして欲しいと云う事で、
何を話すのか、只、話をして欲しいと事のみで内容も全部此方で考える様だ。
確かに打ち合わせをしようとしても、言葉が判らず全部プーさんに電話通訳をしてもらう事に
なり、それを見越してかコンドのマネジャーも打ち合わせをしないのかも知れない。

当日は、プーさんが同行して子供達に通訳をする事になりセキサン、ポンさんの3人の
内1人りがいないと何とも出来ないこの行事だ。 心強いタイ人の友達がいて一安心だ。

集会場には小学生の低学年から高学年の30名が集まっている。まとめている職員の方も
大変だ。男女小学生がこれだけ人数集まると、それは賑やかしく此方を向かせるだけでも
一苦労する。
c0127933_101532.jpg

(子供達と講習会。)

子供達の事で栄子も有る程度は覚悟して進め方も考えてもいたが、始めたらその通りには
全く進まない。
最初に自分の名前を覚えてもらう為に『チャン、チューエイコ、カァー(私の名前は栄子
です。)』と、全員に何度か連呼させて子供達も大きな声で応えてくれた。

次は、子供達に日本を教えたいと思い四季の話をしかけたら、子供達も低学年から高学年に
至る幅広さで一緒に聞くのには、興味のない子も多くワイワイガヤガヤが始まった。
帰る時の車の中での反省で、まだ、年齢が低く過ぎて日本の事や日本の四季には、まだ
まだ興味もないしこれでは聞いてもらえない。中核生位にならないと日本の事、四季の
話は無理かも知れないと云う事になった。

プーさんに感心したのは、子供が話を聞いてくれないので直ぐに皆に持って来た全員に
渡すお菓子をくじ引きにして数字を書きくじを引かせて、それを順番に取りに来た時に
日本語で自分の名前を言わせる様にした。
日本語で例えば『私は、ソムです。』と、言うとお菓子を渡す。
その短い日本語でもスラスラと言える子、言えない子もいて皆も興味を示す。
全員がお菓子のお陰で、又、前を向いてくれた。
この名前を言う事を子供達が印象深く覚えて、この記憶を頭の中に何時までも留め将来
思い出して欲しいものだ。

それでもまだ時間が余り過ぎるので、今度は栄子の提案で全員で折り紙を折る事にした。
折り紙を一枚ずつ子供達に配り、それを栄子が折る手順で折らせる。これには子供も興味を
示し全員で折る事が出来た。
c0127933_102541.jpg

(折り紙の指導。)

お別れ時間も近くなり今度は、日本の歌を栄子が披露した。歌の題名は『象さん。』を
歌い歌詞をプーさんが皆に通訳してくれた。
これには、子供達も喜んでくれてお返しにタイの歌の『象さん。』を、全員で歌って聞かせて
くれた。 タイの『象さん。』は、子守歌で歌われるそうで全員が歌える。

栄子が歌ったので今度は、子供達が『じいじの歌う歌が聴きたい。』と、来た。
写真班で一緒に付いて行っただけで歌を歌うとは、全く思いも寄らない事でこれには
困った。
日本の童謡など、何十年も歌った事もなく忘れてしまっている。栄子が側から援助して
くれて『チューリップ』を歌ったらと言ってくれた。それも歌詞をプーさんが通訳して
くれて、おせいじの拍手を皆がしてくれた。
今回も順調に子供達と触れ合いが出来て、成功と栄子もホット一安心だった。
c0127933_1025413.jpg

(子供達と記念写真。)

時間も3時になり皆で記念写真を撮り拍手で送られた。子供達は本当に楽しかったのか、
その後は聞いていないので判らない。反省だけが沢山残った。
タイ人の子供、日本の子供もも何の違いもない事が今回の経験で良く判った。
子供達が興味を示すものを多く準備をして置き、子供達が何をやりたいかを、その場で選び
対応しないと困ってしまい前に進まなくなる。 子供達は、まことに白状だ

タイの子供達が、日本人との触れ合いを永く覚えていてくれて、成長に連れて日本に興味を
示してくれれば最高の出来だ。
小さな小さな事だが、日、タイ親善に協力出来た事と思いたい。
何時もプーさん夫婦の協力が有り、この様な事が出来感謝している。

◎この頃のタイニュース・・・・・・

タイ製コンデンスミルクから大量のメラミン
2008/10/15 (20:24)| 主要ニュース 社会
【タイ】タイ食品薬品委員会は15日、「Mali」ブランドのタイ製缶入りコンデンスミルクから
安全基準を大幅に上回る化学物質メラミンを検出し、同製品の販売中止と回収を指示したと
発表した。メーカーはタイ・デアリ・インダストリー社(Thai Dairy Industry)。メラミンの
含有量は1キロ当たり92.8ミリグラムだった。

WEFの競争力ランク、タイは34位2008/10/16 (14:28)| 主要ニュース 経済
【アジア】世界経済フォーラム(WEF)がまとめた2008年の世界競争力ランキングで、
タイは134カ国・地域中34位と前年から6つランクを落とした。技術、教育への評価が低く、
ビジネスをする上で、「不安定な政府/クーデター」「不安定な政策」「非効率な官僚組織」
「汚職」「インフレ」「労働力の質」などが問題とされた。

 ランキングの総合1位は米国で、2―10位はスイス、デンマーク、スウェーデン、シンガ
ポール、フィンランド、ドイツ、オランダ、日本、カナダ。
 アジアの主要国・地域は香港11位、韓国13位、台湾17位、マレーシア21位、中国30位、
インド50位、インドネシア55位、ベトナム70位だった。
〈タイの経済規模〉
2007年の人口6530万人、1人当たりの国内総生産(GDP)3737ドル、世界全体のGDPに
占める割合は0.8%。

メラミンを何故、食品に入れるのかその理由は良く知らない。中国製品にばかり入って
いるのかと思っていたら、タイ製からもメラミン入りが出てしまった。
メラミン入りがタイ製で見付かった事て、発展途上国の製品は全て疑って見る必要がある。

外国への輸出品は、この様な不良物の混入も特定検査で判る事もあるが、国内製造して
国内販売品はこの様な不良物が入っていても、たれ流しになっていないかと不安が出る。
農業の農薬の使用、家庭品工業用製造品、食品加工品の化学薬品等の規定外使用の
見直しを国内品にも目を向けて厳しい検査をして欲しい。市民には全く手の届かない管理の
物だ

世界競争力ランキングの評価で技術、教育の評価が低いとなっているが、最近のタイの
若い人達がこの頃は良く勉強して一部の学生は、アジア、世界でも賞に入る活躍をする人も
出てきている。 将来が楽しみだ。

国内全体では、まだまだ国内の隅々までの教育の手が届いていないのが現状だ。
100%教育を目指して地道な活動が続けられていて日本からも多くのボランテァ協力も
されている。

不安定な政府/クーデター、不安定な政策等、政治家のモラルの向上が一段と望まれる。
大きな汚職の件は良く判らないが、目に見える身近な袖の下は此処2ー3年で随分と減って
きた。 最近は官職の金銭要求もなくなり、そんな事の話も聞かなくなった。

労働力の質の問題は、教育と比例すると思うが大都市周辺からは向上しつつある様に思う。
国民が安定して働く場所が余りにも少な過ぎるが、暑くて緑が有る国だけに果物を始め
食べる物は、まあまあ有るので頑張りがきかない国民性が時々顔を出す。

まずは、政治家を始め国を動かすトップらが国民の向上を心から目指す事が大切だ。
日本人には良く理解する事の出来ない言葉、マイペンライ・・・・日本人には難しい言葉だ。
タイ人気質を表すマイペンライ・・余りにも漠然とし過ぎてマイペンライの中味を良く理解
しないと、全ての伸びる要素を薄くする様な気がする・・・難しい抽象言葉だ。
  今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-18 10:05
◎この頃の天気・・・。

14日(火)、早朝から霞が掛かった様な曇っている様な、朝日が顔を出したのが6時50分
位、太陽が牛乳色の玉で霞の中に浮いている様に見える。
この太陽が、来年の1月、2月になると今の様に霞が掛かり牛乳色が真っ赤な朝日となり
毎日昇る。  それは、それは美しい朝になる。

確かに気温は下がって来た。今日も室内温度で27度で涼しさを感じる。
短期予報も昼間はやや曇りと太陽のマークが付き、夜中には雨マークが連日付いている。
昼間の雨マークが消えた事は、ゴルファーには嬉しい事だ。 雨季明けは近い。

◎年金ビザ(1年間。)の更新・・・・・・(年金ビザ更新の進め方を参考までに。)

タイ、チェンマイに住む私達の一番重要な行事が、この10月の月だ。21日にビザの切れる
最終期日だ。 また一年間タイに住みたいならば、更新手続きを絶対する事になる。
ビザ更新もタイ領事館の要求書類が、全部揃えば何でもない事だがそれが気になるのだ。

チェンマイタイ領事館に行くのは、このビザ更新と在留届け(90日間)の時に行くだけだ。
在留届けは90日に一回必ず行かなければならない。(入国日から90日目までの間。)
夫婦が同日切り替えならば、代表で一人が行き二人の届けが一緒に出来る。最近はパス
ポート、入国日の写しがいるようだ。
二人分の申請書はいるが、事前に書いていけば短時間で申請処理ができる。
届け出が遅れると罰金(2千Bー5千B。)の対象になり90日以内に登録する事を勧める。
在留届けと日本総領事館に届ける住居登録とは全く違うものだ。
日本総領事館に届ける住居登録は、色々な項目内容の変更時のみ届ければ良い。

今回のビザ申請は、栄子が日本に帰っていたので日本から帰る折に、夫婦の証明用の戸籍
謄本を帰る直前に日本で取って帰った。
先日、日本総領事館に行った時に謄本の証明を日本から取るのにどうしたら良いかと
尋ねたら、総領事館に役所に出す封筒が用意されているので、それを日本に送れば良いと
云う事だ。 FAXではダメで、役所発行の原本の提出がいると云う。
日本総領事館に謄本を提出して英文証明を受けなければならない。証明費用がかかる。

年金証明も以前は、年金証書で総領事館は英文年金証明書を出してくれたが、今は一番
最近の支払い通知書の提出がないと証明できないと云う事になりこれにはあわてた。
昨年の時は年金証書で発行されたので、そのつもりで証明書が出ると思ったらダメと
言われてしまった。
FAXで自宅から、チェンマイ総領事館に直接送信で何とか英文証明書発行が出来
ホッとした。
こんな事が有るので、少々早めに書類の準備をしないと間に合わなくなってしまう。

銀行の残高証明も、ニマンヘミン通りにバンコク銀行の支店が出来そこにチョンプーさん
(先回紹介済み。)が来たので、そこで普通貯金通帳の写しと残高証明が取れた。
年金証明と銀行証明が一番大きな事だが、それが出来ればスムーズにビザ更新は出来る。

ビザ更新の朝、セキサンがコンドに8時30分にやって来た。
ビザ用書類の全部にチェックを受けてから、チェンマイ領事館に行く事になっている。
パスポートの中のページーコピーは、セキサンが指示してくれるので部屋のコピー機で
コピーする。 全部、揃えてセキサンにチェックを受けてから全部にサインをする。

領事館に9時半頃到着したが、もう随分の外国人が居る。既に、書いてある申請書を付けて
NO2の窓口にセキサンが提出する。この窓口が年金申請の窓口だ。
年金ビザ以外のロングステイービザは、NO3の窓口に提出する事になる。

受付前のフロァーには、何処の外国から来た人か白い肌の人から黒い肌の人、その中間の
肌の色と国際的だ。赤ん坊から子供、インターナショナルの制服を着た学生、学生には
学校から引率者らしき人が数人の学生を一緒に連れた来ている。

領事館の受付ハウスの後には、小さなタイ食堂を兼ねたコピー屋が有る。そのコピー屋
には、列を作る程にコピーをする人が列んでいる。係官からコピー指示を受けて、そこで
コピーして提出する事も出来る。 一般より随分高いコピー代だ・・。
これは良い商売だ。以前、在留届にはコピーするものか要らなかったが、今は2枚も付ける
事になった。
領事館に来て制度が変わっている事を知りコピーをするので、コピー屋は益々忙しくなる。
この店は、誰がやっているのかマイペンライ、マイペンライ・・・申請の簡素化を望みたい。

1時間位待ったか、呼び出しがありセキサンの後に私達二人で付いて行き事務所の中に
入って女性係官の前に座り処理を待つ。 セキサンが係官と何か話をしている。
係官が私達に書類にサインをするように指示される。その場でパスポートが手渡された。
セキサンに、内容確認までさせて間違いないと云うのでパスポートを事務官から手にした。

年々制度が少しずつ変わる場合が有るので無駄足になるかも知れないが、予め両領事館
に行き調べてから書類揃えをお勧めしたい。スムーズに収得出来る。

これでじいじとばあばは、チェンマイでゆくりした心豊かな一年を夫婦で過ごせる事になる。
今回もタイ人のセキサンは、嫌な顔も一つせずに半日もお世話になり、セキサン夫婦には
私達のチェンマイ暮らしにはなくてはならない人達だ。感謝、感謝だ。有り難う・・・・・・・
                                           今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-14 22:49
◎この頃の天気・・・。

11日(土)、早朝は雲も多く今日も半日位は、曇り空に有るかと思っていたら6時頃には、
その雲も切れ始めて雲間からは太陽が強く差し込み真っ赤な朝焼けとなっていく。
この頃、この朝焼けで明ける日が多くなった。これも季節が少しづつ動いているからだ。

窓から北風がそよそよと入る。室内温度も早朝で27度を指している。
8時頃になり早朝の雲も何処に行ってしまったか、空には所々に真綿が浮いたかの様に
雲が1つ1つ、ポカリポカリと風景を綺麗に作り出している。

ドイ連山の山頂付近だけに、白い雲が帯状に幅薄く掛かりドイステープもその雲に見え
隠れしている。
c0127933_191795.jpg


(ドイの山頂に掛かる雲、ドイ、ステープが白い雲に見え隠れ・・・AM8:30)

朝から青空になり、強く太陽が照り付けるなか北風の微風で肌寒く感じるのは、雨季明けが
もう近くなった証拠だ。

◎久し振りのマクロ(大型問屋スーパー)でノルウェー産の鯖・・・・・。

栄子も日本から帰り早20ヶ日が過ぎ日常品も切れかけて来る。
久し振りにマクロに買い物に出かける事になった。大量に買う時には、マクロ(大型問屋
スーパー)で買うのが安い。食料品全般、日用雑貨、電化製品、商店用備品等を扱う。
場所は、アマリリンカムホテルからスーパーハイウェーをランプーン方面に走り約10分位
走るとノーン、フラティップの交差点の手前、道路に面して左側に看板と駄々広い駐車場が
有る。

此処に行くのは、ソンテイー(乗り合いタクシー。)で行くには買った物の処置、帰りの
ソンテイーを拾う事が難しいのでどうしても誰かの車で行く事になる。
プーさん達(タイ人の友人。)の仲間のポンさんが、その日は仕事がないと云うので連れて
行ってもらう事になった。 タイ人の友人に随分と助けられて生活している。感謝、感謝。

昼の2時半に向えに来てくれて3人で出かけた。この時間は渋滞もなく車もスムーズだ。
マクロは問屋スーパーで、近郊の小売店が多量に仕入れに来る店で個人でも売っては
くれるものの一口の量が全部多過ぎて買い方に工夫が要る。全ての物が安いのは確かだ。

電化製品から、小売店が必要とする店の備品までが大体扱っているのでそれらも全て個人
にも売ってくれる。
最初にDVDの製品を見に行き値段を見たら、安いもので580B(約1800円)の物が有った。
店員が日本のDVD盤を持ってきたら此処で試しの写しをするから、次回には持ってこいと
勧めてくれる。余所の電化店と何ら変わらない。

マクロに行く一番の楽しみは、何と言ってもノルウェー産の冷凍鯖を買う事で冷凍されて
いても油ものりも良くこれは旨い。チェンマイでは、海魚を食べる事は少なく川魚が主だ。
鯖3匹で約200B(約600円。)日本も同じ様な値段だが、冷凍でも海魚を美味しく
チェンマイで食べられる。
台湾産の冷凍鯖も置いてあるが3匹で約60B(約180円。)と、安いが値段に比例して
それは不味い。
チェンマイの日本料理店擬きは、一品当たりのメニュー値段からこの冷凍鯖を買い塩焼きや
醤油の煮付けで店に出している事と思う。

マクロから栄子が部屋に帰り直ぐに解凍に掛かる。
解凍が出来たら腹を開き干しに掛かり3ー4時間干してから醤油煮に掛かる。醤油で
煮付けてから一晩寝かせてから食べる。
朝、目を覚ますと昨日、栄子が煮ていた鯖の醤油煮のあの魚の生臭さと醤油煮の甘さが
入り交じり部屋の中には、まだ少し臭いが残っている。
鯖好きな者には、そのかすかな臭いが朝から食欲をそそる。

ゴルフの休みの時、チェンマイのこの部屋で取る朝食が大好きだ。
現役の時にもゴルフも何もない時には自宅で朝食を取ったが、その時と今では心に
大きなゆとりが有りそれは大きな違いだ。

案の定、栄子の方から『お父さん、鯖、美味しく出来ているよ・・今、出すからね。』と
炊事場から声が掛かる。 煮てから一晩寝かせた鯖煮は甘辛い醤油味が身に染みて旨い。
『有り難う・・何時声が掛かるか待っていた・・早くね。』と、思わずの催促だ。
c0127933_192491.jpg

(朝食に鯖の醤油煮をセット。真ん中が醤油煮。)

鯖煮とクラシックの曲では不釣り合いだが、CD盤の音が生臭さを消すように静かに流
れる。
一皿にのせた鯖煮を、二人で箸でつつき合いながら鯖話で盛り上がり『鯖はノルウェー産が
一番、今度は何時マクロに行けるだろうか・・・。』と、次に車が無いので、何時行ける事かと
心配をする二人だ。

夕方、夕飯に行きながら鯖煮を持って行きワランさんに渡すと、早速マーミヤンもワラン
さんもご飯を持ってきて醤油煮をその上にのせて美味しい、美味しいと言い食べてくれる。
ワラン家族も栄子が鯖煮を、時々作り持って行くので鯖煮の食べ方も良く知っている。
ワラン家族は、栄子の作る日本料理が本当に大好きだ。 此方もそれが嬉しい。

◎この頃のタイニュース・・・・・・

チェンマイが最も安全、バンコクが最も危険        2008年10月01日

 社会開発・人間の安全保障省が行った2007年度のタイ国内の各県に於ける人間の
安全保障状況に関する調査で、チェンマイが最も安全で住みやすい一方で、バンコクが
人間の安全保障面で最悪という結果になっていた事が明らかになった。

 この調査は住宅環境や健康、衛生、教育、雇用、給与の状況や個人の安全、家族の
安全、社会支援、社会文化的支援、権利、公正さ、統治等といっや各項目について評価
するという方法で行われたもので、タイ全体の人間の安全保障状況が66.95%だったのに
対して、チェンマイが87.87%と最高値を記録し、以下、プレー(85.96%)、ラムプーン     (85.52%)、ナーン(84.35%)、パヤオ(83.85%)と続き、北部地区の県がベスト5を
占める結果になった。

 また、首都のバンコクが11.62%と最低の数値を記録し、次いでプーケットが34.13%と
二番目に最低の数値を記録した他、サムット・プラガーン、サムット・サーコン、ノンタブリー、
チョンブリーのバンコク近県が何れも50%以下の数値を記録するという結果になった。

 尚、地方別では、北部地方が77.21%と最高の数値を記録し、以下、東北地方(75.25%)南部地方(65.23%)、中部地方(63.12%)と続く結果になった

NHK衛生放送で日本のニュースを1時間置きに見る事が出来る。日本で大きく動く
状況、世界の動きなどは、チェンマイと日本と同時と思っても差し支えない。
タイの最近の動向が、NHKニュースで日本全国に放映されている事も判る。
NHKニュースを見ているとタイ全土か争乱の中に有る様に見える。

国民と国民の間で政府側と反政府側がブツカリあい、それに警察が入り人的災害まで出て
いるのはバンコクの一部の地区だけで、その一部を除けば普通の生活が営まれている。
勿論、地方などになれば論外だ。 チェンマイは、先日の空港閉鎖の時も何もなかった。
チェンマイの一般市民もTV、新聞でバンコクの状況を見て知るだけで、全てが平穏で
何処か余所の国の出来事の様に思える。

只、セキサン、プーさん夫婦の様に観光に関連のある人達は大変だ。この事件が起きて
から、外国からの観光客が大きく減り末端で仕事している者は給料も出なく泣いている。
末端の者からは、騒動に対して強い批判が出てくる。

もう、長すぎるのでこの辺でお互いに手を打つ事をしないとデモに参加している人達、
デモ隊が動くその廻りの住民、諸条件で迷惑を被る全国民、国のトップの動きで何ら関係の
ない庶民が、何時も大きな犠牲になる。国民が困らない様にするのが、政治家の本分で
それを忘れてしまった政治だ。 チェンマイは安全過ぎる。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-12 19:05
◎この頃の天気・・・。

9日(木)、曇りのせいか朝6時だが、まだ幾らか暗さも残っている。
西のドイ連山側は真っ青な青空だが、東の遠くに見える山々にはドンヨリとしたうす鼠色
した雲が山を隠している。今日は、晴れるのか曇りなのかはまだ判らない。

気温は、確かに下がってきた。連日、朝起きると直ぐに扇風機を付けるのが朝の日課に
なっていたのが、この頃はそんな事もなく7時頃までは涼しい。
今日の朝も肌寒く室内温度計を見たら27,5度を指している。

もう少しすると、少嵐の様なものが短時間吹き荒れる日が有る。これが吹くと雨季明けだ。
そんな日が、もうそこまで来ている。今日も鳥の声だけで、カエルの声は聞こえない。

◎ジャックの誕生日と近所とのお付き合い(2歳の男の子の誕生パテイー。)・・・・・。

ワラン食堂は、客が約30名位入る店の前に食材ケースを置くタイ食堂の典型的だ。
日本では、この様な店は見た事がない。
タイ人の客は、店の前の食材ケースを見て食材を選び料理方法、味付けまで全部指示して
客席で出来上がりを待つ。または、テイクアウトして出来上がりを待ち持ち帰る。
特異の例は、客が食材を持ち込みその食材で料理を頼む。日本で云う釣った魚を持ち
込んで料理店で料理をしてもらう事と同じだ。
タイは、一般的に自宅に台所がないから起きる事だ。

タイ店で私達の様な言葉が出来ない者には、そんな事は出来ずメニューから選び店員に
指さしで指示する。 そんな時に自分で作った日本語メニューが役に立ち、他の日本人
からも喜ばれる。
言葉が出来ない者には、味付けを辛くしない(マイ、ペッ)で欲しいと言う位だ。
その点タイ人は、自分の味付けで食材も選び料理を頼むだけに、メニューとは違い本当に
美味しく食べている。 値段は、メニュー値段と変わらない。
タイ人は三食外食で子供の頃から自分達で食堂を選ぶだけに、なかなか舌は肥えていて
味にはうるさいものを、皆持っている。

ワラン食堂では、味が日本人、ファラン(西欧人)向きかタイ人にも好まれているが、特に
外国人に向くのか、こんなタイ食堂では珍しく多くの外人客がやって来る。
若いところでは、チェンマイ大学の外国人留学生が色々な国からやって来る。
一般人はチェンマイの企業に勤めているのか車や単車で来たり歩きで近所に住む社会人も
多く食べにやって来る。 短期旅行者の人も評判で食べに来る事もある。
ファランも、チエンマイでロングステイーをしている人も多く単身者や夫婦連れも多い。
ファランも、タイ人の奥さんをもらっている人も多く居て夫婦で揃って食べに来る。

此処に長く住んでワラン食堂で夕飯を食べていると、近所のタイ人始めタイ人の客、
ファランの客とも自然に顔馴染みになり、近所の人やファランとも挨拶から始まり言葉など
話せなくてもタドタドしい英語とタイ語で何となく分かり合えて友達になっていく。

2年程前からタイ人の奥さんが、何時も男の子(ジャック)を一人連れてワラン食堂に夕飯を
食べに来る。
タイ人は全部外食の食生活から、必ず夕食を夫婦、家族で取るわけではなく仕事の都合で
別々に食べる夫婦も多い。
ジャックが生まれて間のない頃からの知り合い、今では軒下の蛍光灯の下に寄って来る
壁チョロ(ヤモリ)が大好きで取ってくれてと、可愛がられている栄子に会うとせがんでくる。
ジャック一人でも私達の部屋まで付いてきて、暫く遊んでから母親(メー。)の所へ帰る。

ある日、ジャックのお母さんが栄子に『スパゲテイー、スパゲテイー・・・。』と、言って此方に
寄ってくる。何が何だか判らずにいると、そこは何時も話すワランさんが割ってはいり栄子
との通訳をしてくれる。
栄子とワランさんは、タイ語、日本語の言葉で話しているわけではなく、何となく分かり合う
状態で、どうして通訳が出来るのか廻りには全く判らない。
ワランさんは栄子に『ジャックの誕生日の日に栄子にはスパゲテイーを作って欲しい。』と、
言っていると通訳する。
ジャックのお母さんは、以前栄子の作ったスパゲテイーを食べて本当に美味しかったから
今度の誕生日にどうしても作って欲しい云う事だ。
二人の間で言葉など出来なくても、こんな内容の通訳が出来てしまう。 これはビックリだ。

当日、近所の人達25ー6名が集まりジャックの父親も出席して誕生パテイーが開かれた。
場所は、ワラン食堂の道路に机を数本並べて椅子を置き車を側に持ってきて、音楽を流せば
立派な会場になった。
車が時々通り危ないので向えの守衛が、何処からか大きな間仕切り柵を数本持ってきて
会場と道の区切りが出来て、何ともタイのマイペンライの顔がそっと覗く。

皆が誕生プレゼントを持って来てジャックに渡すとジャックも大喜びだ。
2本のローソクもジャックが一気に吹き消す事も出来楽しいパテイーとなった。
ジャックの父親はイギリス人だ。私達も硬い握手をして、又、新しい友達が一人増えた。
c0127933_7474612.jpg

(2本のローソクを消すジャック。)

◎この頃のタイニュース・・・・・・

タイ東北、国際結婚で仕送り収入2008/10/ 4 (12:08)| 主要ニュース 社会
【タイ】タイ東北部ブリラム県で、外国人男性と結婚してタイ国外に住んでいるタイ人女性から
の送金額が年間2億バーツを超えているとみられることが明らかになった。同県統計課によると、県内の役所に婚姻届を提出している外国人男性とタイ人女性のカップルは967組で、うち
3分の2は国外で暮らしているという。外国人男性の国籍は英国、ドイツ、フランス、イタリア
などヨーロッパが多く、年齢は51―60歳に集中している。

 また、国外へ移住したタイ人女性の多くは毎月1万―2万バーツを県内の家族や親類に
仕送りをしており、ブリラム県は年間2億3000万バーツの収入を得ていることになるという。
タイ字紙プージャッカーンが報じた。

チェンマイでもジャックの夫婦のように、多くの外国男性とタイ女性とが結び付く。
その中には、日本人男性も多く含まれる。
はたからは判らないのが、婚姻届けが出て正式に夫婦になっているのか、目先だけが
夫婦だけかそれは判らない。
タイ人夫婦でも、籍が入った正式の夫婦は少ないと云う。子供でも出来てから入籍する
夫婦も有るが、それでも入籍しない夫婦も多いとも聞く。
タイは個人主義が強い、お国柄から来るものだろうか。

タイ人女性と結婚して妻と一緒に日本に帰る例は可成り少なく殆どがチェンマイでの夫婦
生活で、これは受け入れ国の法律からこの様な事にるのだろう。
タイ女性の3分2がヨーロッパの国で暮らす事が多いのは、相手国がタイ女性を受け入れて
くれるからだ。  年齢もヨーロッパの国は50代に集中しているが日本は60代に集中する。

女性が受け取るお金もチェンマイで見る限り、個人差が可成り大きくある様だ。
大体の女性が実家への仕送りは、生活常識になっているので結婚に限らず働く女性は
殆どが実家へ幾らかのお金を毎月仕送りをしている。

この記事でこれ程の大金が、タイに送金されたりタイでの生活に外貨が使われていると
聞くと、ビックリもするし大きな外貨獲得にもなる。
               今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-10 07:49
◎この頃の天気・・・。

3日(金)、今日は、早朝ゴルフの日だ。ゴルフの日は、4時半には起きて準備にかかる。
やっぱり、この頃この半ヶ月で気温は間違いなく下がっている。今日など半ズボンでは
冷え込みを感じる程だ。 こんな事は最近にはない。室内温度で27度を指している。

9時頃だったかゴルフの途中、ドイの山に真っ黒の雲が張り出したと思ったら、僅かな内に
風と共に一雨ドシャーとやって来た。
その雨も10分も降ったか、小雨が少し続きその内にショボ、ショボと降り止んでいった。
亜熱帯特有のスコールだ。
この頃は、今日の様な降り方で以前の様な一日曇りがちで時々、雨がショボ、ショボと
降る事はもうなくなった。
もうすぐやって来る雨季明けが待ち遠しくなる今日、この頃だ。
c0127933_723860.jpg

(4日の朝、ビルからの日の出。)

◎夕食会、チョット気楽な仲間の集まり・・・・・。

日本から栄子が帰り早いものでもう半ヶ月になる。 チェンマイに帰り日本から持ってきた
色々な品物の整理もほぼ終りかかった。
そんな頃を、みはからってか電話が鳴った。『どう、そろそろ皆で食事会をしょうよ。』と
チェンマイで何時も集まっては、一緒に食事をする気楽な仲間達だ。
普段は余り会う事もないが、この時は夫婦で3ー4組が何時も集まる。

栄子が日本へ帰り日本得た約100ヶ日の情報を、色々とご婦人方々に話す。
栄子も最近のチェンマイの情報を皆から聞く。海外での日本人同士の大切な懇親の場だ。
『何時も行く中華屋で集まる様に連絡をしておくからね・・。』と、言って電話が切れた。

同じコンドの方と5時45分にフロアーで待ち合わせて、ニマンヘミン通りでソンテイー
(乗り合いタクシー)を拾う様に表通りへ4人で出た。
この時間帯は、二マンヘミン通りもラッシュになりアマリリンカムホテルの交差点から
約300M位の所まで、毎日渋滞を引き起こす。
そんな中でソンテイー拾う事になり、運転手も強気になるのか一台目のソンテイーは、
4人で80B(約240円)の所を外国人と見たのか、200B(約600円)を、要求して来るので
交渉は不成立。
続いて直ぐに次のソンテイーが来て、そのソンテイーは何も言わずに80Bで成立。

この値段交渉で良く判らないのが、目的地は近く4人の客が一度に拾えて80Bで充分
採算が取れて良い客と此方は思うが、前のソンテイーは客に高く要求し過ぎてその客を
逃してしまっている。前の運転手が何故、客を放棄したかが良く判らない。
最初の要求が高すぎて途中で80Bに戻す事が、気恥ずかしく客を放棄したと思いたい。

中華屋に早めに着いてしまい後続組を待つ事になり、今日はその店がどうも可笑しい。
何時もより客数も多すぎるし、店の外まで料理が屋台の台に乗せられて列んでいる。
プーさん(タイ人の友達。)に、電話を入れて店の人との電話通訳を依頼した。
今日の様子を聞いてもらったら、その返事がべジタリアン料理のお祭りの期間中で料理は
その料理ばかりでビールもアルコール類も祭り期間中は売れないと言う。
日本ではこの様な事は聞いた事もなく、この店だけなのかタイの全部が祭りなのかも良く
判らない。 この店は齋字マークが大きく書かれた店で、チェンマイではよく見かける。

後日、セキサン夫婦にその日の事を聞いた所、タイの仏教行事で先日の5ヶ日間は肉食は
ダメとなり、仏教宗派に寄っては野菜食しか食べないと云う人もいるとの事。
仏教信者の中には1年通じて戒律を守る人もいるので、チェンマイ市内でも齋字マークは
べジタリアン料理を扱う店で看板に大きくマークが書かれた店を良く目にする。

後続組が着きその事を告げたら皆ビールが飲めないならば、今日は諦めて余所に行こうと
云う事になり、そこから500M近くに美味しいタイ料理店が有りそこへ移動した。
場所は、旧チェンマイ市内のメイーン通りでターぺー門からワットプラシンを結ぶ道の
中央部の所に有名なタマリンドホテルが有る。その入り口の向かえ側に、その店は有り
店の名前は『サン、パーク』。 本通りに面しているので判りやすい。
タイ料理店で一品80B前後、アメリカンブレックファスト、飲み物等も置いてある。
チェンマイ市街地の真ん中で散策して歩き疲れたら、中休みも出来る街のオアシスだ。
c0127933_7242628.jpg

(本通りのタイレストラン『サン、パーク』正面。)

何時も座る席は女性と男性は、別々に二組に分かれて席に着く。
お酒も入り少々酔いが廻ると、男性も良く喋るものでる。そんな時は、女性とは別々で
男同士も夢中になって喋り有っている。

男性群は、ニマンヘミン通りのヒルサイド2の横にある豆乳屋の話で話題が始まり、この
豆乳屋はチェンマイでも有名でX形した揚げパンと一緒に豆乳を売っている。
大豆から豆乳を作り、そこには多量の大豆カスが出てタイではオカラでも作り何故、食べ
ないのかと云う話に移っていく。
豆乳を取った残りカスでは、とても青臭くて具を入れて味と臭いを消す事も出来ず日本の
様にオカラにして食べる事も豚の餌にも出来ないと言う。

この豆乳屋は『湯葉』も作り豆乳の中に浮かして売っている。日本の『湯葉』の様に
高級な食べ物の位置ランクされずに、只の豆乳で出来る薄皮の普通の食べ物でしかない。
『湯葉』の話から『豆腐』へと、またまた会話は移って行く。

豆腐の80%以上は水を原料としていて使う水は 豆腐の味に直接影響を与えるので
軟水が出る良い所でないと旨い豆腐は食べられない。京都は、軟水が良いので豆腐が旨い。
京都の豆腐料理の値段の高さに話は移り、豆腐定食が何故3千ー5千円もするのか。
3千ー5千円のステーキと豆腐料理と二つ列べば、全員がステーキを食べると云う
チェンマイの男性群は、皆まだ若い。

男の同士の話も日本料理の『オカラ』に始まり『湯葉』、『豆腐』と日本料理に郷愁を覚え
舌の先には、日本料理の良き味を思い懐かしさに浸るチェンマイの男同士の一夜だった。

◎この頃のタイニュース・・・。

メーターお断り、バンコク空港でタクシーデモ
2008/10/ 2 (22:19)| related_travel ヘッドライン 社会
【タイ】バンコクの玄関口であるスワンナプーム国際空港で2日午後、タクシー100―
200台が空港内の道路をふさぎ、空港への出入りが渋滞した。道路封鎖に加わった
タクシー運転手は運輸省が今月1日からタクシー全車両にメーターの使用を義務付けた
ことを不服とし、遠距離について料金交渉制の復活を要求している。スワンナプーム空港
ではタクシーによる道路封鎖が度々起きているが、背後には利権を擁護する元締めの警
官がいるといわれ、抜本的な問題解決は難しいとみられている。

 タイのタクシーは英語がほとんど通じず、道を知らない運転手も多い。また、メーターを
使わず料金を吹っかける、メーターに細工がしてあり法外な料金を請求するといった
トラブルが後を絶たない。運転手による暴行事件も頻発している。一方、タクシー運転手を
狙った強盗も多い。

タイのタクシー運賃は初乗り35バーツ(約108円)、バンコク都心から約25キロ離れた
スワンナプーム空港までで200―250バーツ(約615―770円)程度と安い。ただ、英語が
ほとんど通じない上、道を知らない運転手も多い。
 繁華街や観光スポットではメーターを使わず料金を吹っかける、メーターに細工がしてあり
法外な料金を請求するといったトラブルが後を絶たず、運転手が乗客に暴力を振るう事件も
頻発している。

チェンマイから旧の国際飛行場『ドン、ムァン空港』へ降りバンコク市内にタクシーで行く
折りにこんな事が有った。
空港でタクシーに列んで乗りものの500Mも走ったか、タクシーが左側の路肩に寄り
止まった。どうして止まるのかが判らない。
運転手が、後部座席の私達の方を向きバンコクに行く値段を言う。メーターを使わずに
行けば500Bで安く行けるがどうだと言う。
以前からバンコク市内と空港間は良くタクシーを使い、値段が判っているのでメーターで
行って欲しいと言うと、メーターで走ってはくれたものの市内では少し大回りをして目的地に
着いた。 何時もより30B位高かったが許せる許容範囲だ。

新空港の『スワンナプーム国際空港』では、こんな事が日常的に行われ苦情が警察に
頻繁に入るのでメーター使用を義務付けたのだろうが、これでなくなるだろうか。
悪質運転手が多過ぎて言葉が判っていても判らない振りをする者も多い。
こんな事になると特に女性だけでは、本当に困ってしまう。タイに着き意気なりこんな事に
会えばタイの印象が大きく悪くなる。 運転手同士で正常化の話し合いもするべきだ。
警察が襟を正して、その気で取り締まらない限りタクシーの正常化は出来そうにない。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-10-06 07:26