定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

◎この頃と天気・・・。
●25日(日)、朝から青空に薄目の白い雲が一面空高く掛かっている。曇り日とはなら
ない程の白さだ。
ドイの山にも白さのある薄い雲が浮いているが、ドイ連山はハッキリと見えている。

短期予報では今日は、かなり高い降雨確率で雨マークが出ていたが晴れている。
余り当てにならない短期予報で目安と云う事だろうか。マイペンライ・・・。
気温の方も、室内で暑さを感ずる程で、朝6時30分室内でもう29度を指している。

昨日も朝から良く晴れていたが、午後3時頃になり近くで大きな雷鳴が鳴ったが夕立には
ならず、その為か蒸し暑い夜を向かえた。この亜熱帯地方には、夕方には一雨欲しい。

最近は湿度が随分と高くなってきている様で、これは湿度計を見た分けではなく自分の
体感で感じている。 玄関のドァーも、湿気のせいか何となくきしみがある。

◎水の値上げ・・・。
コンドの受付の女性が手招きして呼んでいる。何かと思い此方から『アライ(何に。)』と、
言った。
受付の横に置いてある水の入った20本入りケース1箱を指さして、35Bから40B
(約120円。)になると言う。 これは5B(約15円。)の値上げの連絡だ。
c0127933_10132547.jpg

(20本入り、水のボトルケース)

いよいよ飲料水までが値上げになってきた。
タイの飲料水には水道水は使えない。水道から出てくる水は、チョット見には綺麗だが
蛇口からの水の出が、時々、悪くなるので蛇口フイルターの掃除をすると口元に細かい
砂利や鉄粉等、他の何かが色々詰まっている。
洗濯物も洗濯機で洗いながら使っていると、白色の布地が直ぐに黄色くなってくる。
今は日本製の漂白剤が、タイで市販されているのでそれを使い、又、白色にしている。

タイの水道水も浄水場を出る時には、水道局の飲料規格に合った水を放水しているので
直接その水は飲む事も出来るが、家庭まで行く配水経路間に問題が出てくる。
浄水場を出た水は、その後に本管やムバーン(一戸建て集合住宅。)、コンドミニヤムの
貯水タンク、細配管を通り家庭の蛇口から出る。

それらの配管、タンクの管理不十分から適合水が汚水になって各家庭の蛇口から出てくる。
本管、コンド、一戸建の配管、貯水タンク等の管理が出来ないと今後も飲料水に使えない。

何時も蛇口から出る水を、そのまま飲料水で飲める水の管理の素晴らしさを日本に見る。

◎料理に使う前の野菜の前処理・・・。
この頃、朝食をニマンヘミン通りの総菜屋に行きテイクアウトして3ー4品買って来ては
済ませる。
朝から部屋で好きな音楽をかけながら、少し時間を多く掛けて二人でたわいもない話を
しながら取るそんな朝食も良い。

大阪のMさんが、お土産に100均でクラシックのCD盤を10枚も買って来てくれた。
それを毎日廻しながら聞いている。誰も100均のクラシックCD盤とは思わない。
音にして聞けば、一枚3千円のCD盤の音に変音してコンドの人達にも充分に聞こえてる。

毎日朝食の総菜を買いに行くと、その店先で女の子が1ー2名で野菜の処理をしている。
朝5時頃から野菜の処理し始め10時頃まで、毎日同じ作業の繰り返しだ。
確かに生活市場から買って来た野菜は安いが、日本の様に直ぐに使える様な野菜はない。
c0127933_10141164.jpg

(野菜の前処理をする女の子。)

日本は農業生産者から採れた野菜は、それを処理する処理組合等に入り綺麗に
処理されてから、野菜市場に出荷されてくる。
タイは生産者から取れた物が、そのままトラックに積まれ野菜市場にやってくる。
タイの山間地等(生産地)に行くと、取れた物が本通りに出る小道の脇の道路に
飛び飛びに山積まれた野菜、青物等をよく目にする。
市場に出荷するトラックが、一山一山回収して廻りトラックにそのまま積まれて
野菜市場に出荷されてくる。 これでは消費者は、直ぐに使えず前処理しないと使えない。

タイの野菜は、葉っぱのみを使う野菜が多く茎と葉っぱを取り外す作業、茎も葉っぱも
使う野菜は虫食い等にあった葉っぱを取り除く、野菜の中から食べれる部分ところのみ
取る作業がいる。 
総菜屋を始めタイ食堂から大型料理店まで、全部野菜にはこの作業がいる。

殆ど毎日女の子が、1ー2名で同じ野菜の前処理をしているのを見ると、作業に飽きが
こないかと心配するが、古い子がもう2年経つ。もう一人の子は半年位だ。

この子達も、朝5時頃から働き出して昼1時までこの店で働き、午後からは何処か次の
店(職場。)で働いている。 一日に2店舗で働きそれぞれに給金をもらっている。
ワラン食堂の女の子も早朝は別の所で働き、ワラン食堂に来てからも夜10時まで働く。

稼いだお金は、大半の人が親元に送金している。自分で使えるお金は少ない様だ。
それは発展する以前の、日本の昔も同じ事だった。

他の国の人がタイに出てきて働き、タイの遠い遠い山の中から出て来て街で働き
故郷に帰る事も少ない。 故郷は貧しすぎる。

◎この頃のタイニュース・・・。
タイの有名国立大、学生の服装規制を強化
2008/5/22 (17:21)| 主要ニュース 社会

【タイ】タイの名門国立タマサート大学は6月の新学期から学生の服装規定を厳格化する。
必要以上にタイトなブラウス、キャミソール、ミニスカート、ローライズのパンツ、パジャマなど
性的好奇心を引き起こしたり学問の場にふさわしくない服装はすべて禁止する。

 タイの女子大生の間ではサイズが小さいブラウスやミニスカートの着用が流行し、教育
関係者から「性的刺激が強すぎる」という批判が出ていた。タマサート大は比較的自由な
学風で知られ、服装についてもカジュアルなものが認められてきたが、最近学生の服装の
乱れが著しいため、大学当局が規制に踏み切った。

この問題も前々から取り上げられて、今回はそれが実行される事になった。
これも有る程度は、自由やプラバシーに絡んでくる事で、この二つに絡む事は実に難しい。

女子大学の制服のスカートは殆どの学校が、黒色のスカートが所が多い。
大学1、2年生までは服装規定のスカートをはいているが、大学3、4年生になると
ミニスカートになり体に密着した物になり見る方にはなかなかセクシーになる。
だから 関係者からは「性的刺激が強すぎる」という批判が出ても仕方がない事だ。

これらは学生間の暗黙の了解で、下級生がミニスカートにしてはいていると、上級生から
にらまれてしまう。学生間では下級生の制服、上級生のミニと決めている。
洋服屋でもその決め事が暗に自然に生きている。ミニスカートに直しを入れるには
何年生かを聞くし学生証を見せる様に言われるそうだ。
おそらく、これはチェンマイでもバンコクでもタイ中の女子大学生は、同じ事で制服の
改造処理はされているだろうと思う。

何事も行き過ぎはいけない。ミニスカートのセクシー性が性犯行為に繋がっていくとも
限らない。
街の中の噂では、そんな事も耳にする事がある。色々な心配から当局の規制がいる。

今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-05-28 10:18
◎ヴィアンチェンマイに、ばあばが今年の初めに書いた『コラム』を再掲載致します。
 ヴィアンチェンマイを既にお読みの方には申し訳ありません。

 何故、また此処に載せたのか・・・。
 老後の『じいじとばあばの暮らし方。』を、私達が心から見直したいと思う気持ちから、
 皆様にも参考になればと思い再度此処に載せました。          じいじ記。         
 
【うふふのふの...あんな事...そんな事...こんな事....】
  
今年は ....
スタ..スタと ..お父さんの履き物の音が家へ近づいて来る...
『はい、ただ今 』とお父さん...シャワ~を浴び、自分でコ~ヒを入れて
リビングの椅子に...顔はテレビに向いているが...
どうやら頭は働いていないようだ...
早朝のゴルフを終えて、ちょっと疲れがあるのか...ぼぉっとしている...
つい先日までのお父さんは...スタスタの音も軽く、『おかあさ~ん !』の
第一声を体調不調で向かえる時なぞは...お父さんの元気一杯が..
私を余計に疲れさせる...

シャワ~を浴び、コ~ヒを入れ日本から送ってもらったDVDを選び...
見ているお父さんが好んで見るものは、私には全然面白くない..
ウワッ...硬い...
此に付き合っていては、疲れるとばかりに自分の部屋へ私は退散...
つい、数ヶ月前までのお父さんと、今年のお父さん明らかに変化が...
『お父さん ..お父さんも年を取ったねぇ~..すっごい、おじいさんになったよ..』
返事が返ってこない...もう一度言って見た...
『お母さん、年を取った..年を取ったと、何度も言わないでくれよ..』と、
むっとした顔で返事がきた...

定年後をチェンマイでと長年の夢を実現させたお父さん...
漠然としか考えられず、どうしても暮らすと言う事が実感出来なかった私は、
お父さんとのチェンマイ暮らしより仕事を選んだ。
こうして、始めての夫婦別々の暮らしが始まりました。
お喋りな私は、日々の出来事をメ~ルで...お父さんに話しかけました。
私のメ~ルを覗いては、..お母さんのメ~ルは語り口調になっている..
メ~ルで夫婦の会話をしていると不思議がっていた息子...
このメ~ルのやりとりは私がチェンマイ暮らしを始めるまで、2年半毎日
欠かさず続いていました...

体調不調が元で、お父さんとのチェンマイ暮らしが始まりましたが...
何だかんだと不満ばかり言っていた私も、今やすっかりタイの人になりつつある...
僕の事ばかりおじいさん扱いするけど...お母さんも同じ様に年を重ねて
いるのだからねそんな事をお父さんに言われて....
手紙を書いたり..針仕事をしている時に老眼鏡がずれて、上目遣いに私を
見ていた母の姿...しぐさに年を感じていましたが...
そうか私もそこまできていたのかと...思い知らされました。

老いはどうすることも出来ません...でも、気持ちは..心は..自分で
コントロ~ル出来ます。この一月で結婚40年になります...長いようでもあり..
あっと言う間だったようにも思う.....辛かった時..苦しかった時..
私の人生の節目には...いつもお父さんがいました。

私の頭が壊れたら...足が動かなくなったら...手が上がらなくなったら..
寝たっきりになったら....他の誰でもなく...お父さんにお願いしたい...
でも、お父さんが私より先に壊れたら...私はお手伝いさんを
お願いしたいなぁ~..
こんな自分勝手な私だから...お父さんの代わりは誰もなれません...
だからお父さん...早くおじいさんにならないでね...
これから先どれくらい一緒にいられるのか...分からないけど、今までのように
二人が寄り添って生きていけたら良いなぁ~...

そして、チェンマイで出来た家族、ワラン一家、セキサンにプ~と今まで以上の
深い絆になりますように...

年の初めにそんな事を思いました....
by n-jijinao | 2008-05-26 12:20
◎この頃と天気・・・。

21日(水)、昨日までは、連日、朝から曇り空の夜明けで、これで雨季入りになって行く
のかと思っていたら、突然快晴での夜明けになりこんな事があるのだろうかと、自然が
おりなす複雑さをつくづく感じた。
c0127933_15471252.jpg

(5月21日、久し振りの快晴の朝。)

朝方、冷え込みも有り久し振りに夜中に毛布を取り出して掛ける程で、室内温度は何度か
判らないが、おそらく25度位にはなっていただろう。
夜か明けて余りにも爽やかで、少し肌寒く感ずる位で温度計を見たら27度を指しいてる。

夕方になり急に曇り始めて一雨、夕立が来たが直ぐにもとの晴れ間が覗いてきた。

22日(木)の朝も2ヶ日間続けて快晴で朝が明けた。ゴルフの途中、日差しが余りにも強く
9時頃だったか腹廻りに汗が出始めた。
快晴が良いものなのか曇り空が良いのかゴルフ場のキャデイーの言う通り、曇り空が
良いと言う事も判る。
快晴で有れば日除けの為のゴルフ用の傘を差してのプレーとなり、皮膚癌の対象にもなり
栄子からも暑い日のプレーは厳しく傘を差すように言われている。

今日は夕立が降る事もなく夕方を迎え、西のドイの山に久し振りに厚手の雲もも掛からず
夕焼けを見る事が出来た。随分と久し振りの夕焼けで何時あったかも忘れてしまった。
c0127933_1548898.jpg

(西のドイ連山の夕焼け。)

◎バンコクの人達に献立を違えた料理・・・。

バンコクから病気治療の為にチェンマイ、マハラジャ病院に入院中の方を見舞いに来た
ワランさんの親戚や知人の人達に、ワランさんは栄子に夕飯作ってくれと頼んでくる。

ワラン食堂の料理では、一般的なタイ料理を出すしか出来ずに、ワランさんが客に
日本人の栄子が作る珍しい料理を食べさせたいと云う気持からか・・・。

患者さんの手術、治療の方も順調に終わったようで、皆、ホッとしていた。
あと、どれ位の入院がいるのだろうか、患者さんの治療が終われば皆バンコクに帰る
事になる。
今回は、ワランさんからの料理指名が出て皆に栄子の作る『おにぎり』を、作って
欲しいと言う。
それに加えて栄子が、先日大型スーパー『マクロ』に行った時に『牡蠣』が売られていた。
タイ人が『牡蠣フライ』は、食べた事がないと思い作って出すと、栄子がワランさんに
提案した。
ワランさんも食べた事がないそうで、是非、作って欲しいと云う事になった。

スーパー『マクロ』に牡蠣を買いに行ったが牡蠣が余りにも小さすぎる。
牡蠣フライになるかどうか、兎に角、買って帰って来た。
チェンマイの何処の食堂にも、牡蠣フライが出ていない事がこれで良く判った。

ワランさんとの約束があるので、その小さな牡蠣で牡蠣フライに挑戦する事にした。
揚げている途中に試食を依頼されて食べるが、牡蠣の味も薄く揚げた牡蠣は、なお小さく
なり食べたとは言えない程のものになった。

牡蠣も揚げている途中にパチパチと油が飛び散り、何がそうさせるのか日本ではない
事で危なくて、それでも多くを牡蠣フライに揚げた。
タルタルソースを多く作りソースをタップリ付けて食べてもらう事で牡蠣フライの味は
薄いがソース味で何とか美味しく食べてもらう事が出来る筈だ。

『おにぎり』も日本米に近いタイ米で焚き、おにぎりの具には、焼きニンニク醤油味、鮭、
梅、シソ、の4種類を握り海苔で巻いて完成させた。

マグロが冷凍されていたので解凍させて醤油漬けにしてトロロ掛けを作る。山芋は先日
日本から帰られた方からお土産でもらった大変な貴重品。
漬け物は、ニンジン、キュウリでその上にゴマをタップリかけて出す。
c0127933_15493183.jpg

(牡蠣フライ、マグロの醤油付け、おにぎり、漬け物。この写真の倍を作る。)

皆が、病院から帰って来た。
まずは、栄子とワランさんの二人で皆に作られた料理の説明だ。判ったか判らないか
皆がうなずいている。 牡蠣フライの説明には時間が掛かった。

『牡蠣フライ』に、タルタルソースを付けて食べるのはマーミヤン等、子供は美味しいと
言って良く食べてくれるが、やはり大人にはものたりなさそうだ。
少し位しか感じない牡蠣味を、タイ人は舌先に感じてくれただろうか。

タイには、唐辛子味のするケチップがあり卵焼き等に掛けて食べる。
それを『牡蠣フライ』に掛ければ日本でもケチップを掛けるので、美味しく食べられると
思い、ケチップを掛けたら一辺にタイ人が美味しいと言って評判が良くなった。

『おにぎり』は、ワランさんの推薦通りタイ人が口にしたら、種類別にどんどんなくなり
それでもまだ余ったものは、又、部屋に持って行くと明日の朝食にでも食べるつもり
だろうか皿に盛り持って帰った。

マグロの醤油付けはニンプさん(ワランさんの旦那。)が、マグロが大好きで何時も刺身、
刺身と言いワサビをタップリ付けて食べるほどに大好きだ。
今回は何時もと違った作りで刺身ではないのに、ワサビをタップリ練り込み美味しいと
言って食べていた。
マグロだけは生身の刺身だけに、タイ人は一度口にしてから怖がって食べない人と、食べる
人とが分かれる。  美味しいと云う人はマグロに箸をドンドン進めてくる。
ワサビも嫌う人と食べれる人に分かれて、唐辛子とは違った辛さがある様だ。

タイ人には、今回の食事も珍しかったらしく良く食べてくれた。
退院まであと何日なのか、これが終われば皆バンコク生活に帰る。
栄子の料理がタイ人に紹介出来て、日本料理擬きがタイ人の中で話題になれば
それで良い。

◎この頃のタイニュース・・・。
08年04月25日日本がチェンマイのロングステイ関連計画への投資を撤回
 サーリーガー・ツアー社のラクサナ社長は24日、日本の定年退職者の面倒を見る
社会保険当局(厚生年金当局?)と共同で、ロングステイ目的での滞在者の呼び込み
推進の為に、チェンマイ県ハーンドン郡内で計画されていた、基準を満たした住居や
スーパー、病院やクリニック、運動施設、スパ等で構成された、総予算約10億バーツ強の
コンプレックスの建設計画の推進を日本側の意向で白紙撤回した事を明らかにした。

 日本側が、政府の政策や、陰りが見え始めているタイ国内の観光市場、新たな観光
資源の欠如、野焼き等による煙害を始めとする環境問題等の不安要素の存在を嫌った
だけでなく、海岸沿いの他県からの誘致や外国人投資家から投資対象国として注目されて
いるベトナムへの関心の移動により、チェンマイを訪れる日本人高齢者の数が減少傾向に
あることが、今回の白紙撤回の背景にあると見られる。

 尚、ラクサナ社長によると、今後計画を見直し、初期計画段階では、所謂"ハイエンド"の
外国人やタイ人の高齢者への医療ケアサービスの提供に特化したビジネスを立ち上げる
為に、新たに外国人投資家の呼び込みを図る方針だという。

以前にも、このブログにも書いた様に団塊の世代が来るとの評判だったが思いも
寄らず来ない。
この計画もチェンマイの日本人の中に噂話で小耳に挟んだ事はあるが、こんなに大きな
計画になっているとは、この記事を見て始めて知った。
おそらくこの計画以外にもチェンマイでは、色々な目算でコンドを始め計画され既に実行に
移っているものも多数あるようだ。

昨年取り上げられた環境問題と日本のTVが放映したチェンマイ諸問題が影響して
チェンマイ熱が大きく下がってしまい、この様な結果にもなつた事だろう。
この頃は日本人のチエンマイ熱は下がっても、韓国人のチェンマイ進出が多くなり
先日までは、シーズンのみだったのがロングステイーをする人が多く居るようだ。

チェンマイにもニマンヘミン通りには、韓国ハウスまで出来て皆の噂では、その内にその
近辺には韓国村が出来るだろうと言う。
それ以外にもセンターン(百貨店)では、ファラン(西欧人)が大勢目立つ様になって来た。
ファランは、皆、同じに見えてしまい世界の何処から来ているのか判らないが、世界的
には人気のチェンマイの様だ。
先取りの日本人には、チェンマイの経済動向や環境問題、不人気になったチェンマイには
、一億総移動が強い国民だけに、日本人へのロングステイヤー計画はなくなるが、新しく
ファランへの新規計画が進む事だろう。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-05-24 15:50
◎この頃と天気・・・。

●20日(火)、早朝、空にはやや厚めの雲が一面に浮いているが、雨が降ってくる様子は
ない。
今日の朝、ランナーゴルフに行くのにAさんの向へはなし、ニマンヘミン通りでソンテイー
(乗り合いタクシー。)を、拾って行く事になる。
朝6時前なのに、ニマンヘミン通りの車の往来は、もう、随分と多くある。
この頃は、朝の明ける時間が早くなり5時30分には薄明るくなってくる。

三輪タクシーのトゥクトゥクも早朝の予約があるのか、この時間は良く走る。
新学期が始まって、ソンテイーもトゥクトゥクも生徒を学校へ送る時間で忙しくなる。

ランナーGへ行くには、ソンテイーを捕まえて、ランナーGへの行く値段交渉をして
成立すればソンテイーば乗せてくれる。
早朝なのに捕まえたソンテイーの運転手が女性で少し驚いた。
それも運転席の横に座れと言う。何か色々と話し掛けてくる。
わかる単語を要約して色々考えると、どうも帰りの時間は何時だと聞いている。
ランナーGへ行くのに何時もは、幾ら払っているのかとも聞いている様だ。
ソンテイーの運転手も色々と情報集めをしているのだ。

運転席の助手席に乗りバイパスを東に走ると、東の曇った空に雲の切れ間が出来て、
そこから真っ赤になった大きな太陽が顔を出した。 廻りの雲も真っ赤に染まりそれは
綺麗だった。
ほんの一瞬の出来事で、この時期にもこんなに真っ赤な太陽を見る事が出来るのだ。

●また、また出来た日本食堂・・・。

タイ人も新規の店をやって上手く行きそうだと見ると、同じ様な店を皆が竹の子の様に
やり始める。 日本も同じで市場に、お金がだぶ付き過ぎているのでこんな傾向が起きる。

チエンマイも最近は、小店を連ねた商店街作ったり、一ヶ所に集合させたマーケットを
作ったりする。。
其処に色々な小店が多数入居するが、そのうち何軒かは成功するが外から見ていると、
入居して成功する店は少ない。
知らない間に空家になり、次の店が又オープンするので皆続けてやっている様に思う。

私がチェンマイに来た当時は、日本料理は高級料理で店軒数もほんの少ししかなかった。
最近は、高級日本料理店から庶民的な日本食堂までどれだけの軒数が有るか判らない。

4ー5年前に日本料理店に入り修行し料理を覚えたタイ人が、此処に来てスポンサーを
見付けたり自分で独立し始め、こんなにも多くの日本料理店が増え始めた理由だろう。

最近出来る店は、4ー5年前のタイ人の料理人の孫に当たる様な店まで出てきた。
新しくタイ人の出した日本料理店で料理を習い、そのタイ人が店を出すケースだ。
日本風に店を出し日本料理の宣伝用の暖簾から幟竿まで出しているか、中身は日本擬きの
店も随分多く増えてきている。
タイの調味料で作るので、どうしても今一甘みの強いタイ味になる。それよりもタイ人の
口に合わした日本料理だ。
それに4セットから唐辛子等、真っ赤に振り掛けて食べる。それも仕方のない事だ。

栄子がホイケオ通りのナコンピンコンドに午後1時30分から用事が有るので、二人で
出かけてコンドの入口の日本食堂で昼食を取る事にした。
ホイケオ通りのナコンピンコンドに入る入口の角から二軒目に2ー3ヶ月前に日本食堂が
オープンした。 以前からある台湾料理の『台湾小館』の並びで2ー3軒隣になる。
c0127933_6274186.jpg

(日本食堂『アイ????。』)

店内に店の名前は何処にも見あたらず店員に『チュウ アライ(名前は何。)カップ』と
言ったら『アイ。』と、言った。
それが店の正式な名前なのか、ヒョットしたら女店員の個人の名前かも知れない。
こんなタイ語では、どうしょうも有りません。マイペンライ、マイペンライ・・・。
店の名前で有って欲しいと願うばかりだ。。

メニューの方は、寿司盛り150B、刺身一品等7ー80B、サイコロステーキ、おつまみ品等
7ー80B、丼、うどん等50B前後、ビール55Bー70B等有り。

昼食からやっており、気軽に日本食が食べられるので今から利用していきたい。
只、一度だけ食べた昼食では何も言えないので、今日はお店紹介と云う事にしたい。

●マパーン(ワランさんの長女)の巣立ち・・・。

マパーンもバンコクの大学に受かり、いよいよ大学の学生寮で一人生活が始まる。
何処の大学に合格したのか大学名は知らないが、只、その大学と日本の何処かの大学との
間に交換留学の提携が有るようで、資格が取れれば日本の大学に行きたいとマパーンは
充分な意欲を持っている。

これでバンコクの大学に旅立てば、もう、親元に帰ってくる事は将来なくなってしまう。
四年間バンコクで勉強して、その間に日本か米国の大学に成績しだいでは外国留学となる。
大学を卒業してチェンマイにでも就職すれば再び帰るが、そのままバンコクで就職して
恋愛、結婚となるケースも出る。 そんな事になれば再び親元に帰る事はもうない。

プーさんの妹のブンちゃんもバンコクの大学から、今、シカゴの大学に留学中だ。
ブンちゃんも、今からの就職先の事まで考えて大学で勉強している。
今、シカゴの大学で勉強しているが、その先には国の条件に合えば再びタイへは帰らない
かもしれない。
将来は何処かの外国暮らしか、バンコクでの就職生活に入り地元には再び戻らない。
親、姉妹も将来はそんな生活が出来る様にと、夢も持って送り出していると思う。

バンコクの大学に合格したら、その時の送別会は『ホテル シャングリラ』でする事を
約束した。約束した時には、マパーンよりもマーミヤンの方が喜んだ。
22日にバンコクの大学に行く事が決まり、ニンプさん(父親。)が同行して行くそうだ。

18日に送別会をワラン家族4名、私達夫婦の6名で催した。
大喜びは、マーミヤンで綺麗に着飾って行くので、もう大はしゃぎをしている。
以前からマーミヤンは『ホテル シャングリラ』の前を通るたびに、『此処で食事をする、する・・・。』と車の中で言い大きな期待していた。

ホテルのレストランのオープンは夕方6時30分からだ。6時に着いてしまい時間が
有り過ぎて、その時間を利用してホテルの中を見て廻る。
c0127933_629296.jpg

(ホテルのフロント。)
c0127933_6332734.jpg

(ロビーから見た中庭。。)

庭等、良く手が入り裏庭の風景も素晴らしく機会があれば散策するのも良い。
ホテルの場所も街の中に有りながら、良く此処まで広い庭を造り上げ利用者に素晴らしい
庭を見せるのは良い目の保養になる事だ。
場所はナイトバザールの南の端の交差点から、更に南に約500M位走った左側に有る。

私達の食事は、バイキング方式で食事をするフロァーの飾り付けは大変美しいかった。
食事に入って間のない間は、客数も少なかったが帰る頃には満席状態だった。
これがこのホテルの人気のバイキングだ。
マーミヤンも食事の後のケーキ、アイスクリームと本当に美味しく何度となく足を運ぶ。
6名が大満足の『ホテル シャングリラ』の、送別食事会だった。
c0127933_6335931.jpg

(食事のフロァー。)

これでマパーンも巣立っていく。
5年前に会った時には、マパーンは中学生マーミヤンは小学一年生でまだ子供だった。
それが今は、体に丸みも出てきて二人共女性になりつつある。

マパーンはその当時、まだ中学生で学校の帰りに塾により勉強して、帰ったら遅く夕食を
食べるのに自分の食べる食事は、従業員が作るのではなくワランさんがマパーンに自分で
作る様に躾していた時だ。ワランさんも教育者でマパーンの躾には厳しいものがある。

マパーンもブツブツ言いながら、塾から帰ってから自分で食事を作り毎日食べていた。
勉強で疲れているから作って欲しいと言う事が、マパーンの顔を見ていれば直ぐに判る。
マーミヤンはそんなところを見ているので、今から上手に自分で食事を作る事が出来る。

巣立つていくマパーンは、家庭内で両親等からどれだけ躾られただろうか。
子供の将来の事を思うならば、生まれた時から親は躾を始めなければならない。
今から学生社会、一般社会へ一人で出て行く。それは大変な事だが躾られていれば
大丈夫。
家庭内での躾がシッカリで出来ていないと社会からは爪弾きにされるし、諸学生からの
イジメにも合ってしまう。

巣立っていくマパーンには、厳しい社会の中で大きな幸せがやって来る事を願うばかりだ。

●この頃のタイニュースから・・・。

自分の娘と娘に産ませた子を強姦=バンコク
2008/5/13 (04:18)| 主要ニュース 社会
【タイ】タイ警察は12日、自分の娘(34)と娘に産ませた女の子(18)の双方を強姦した
疑いで、バンコク在住のタクシー運転手、ウィチアン容疑者(53)を逮捕した。容疑者は
犯行を認めているという。タイ国営テレビ局チャンネル9などが報じた。

調べによると、容疑者は自分の娘が13歳のときから強姦し、女の子2人を産ませた。
生まれた2人のうち1人は2歳のときに死亡し、残る1人は13歳のときから容疑者に
強姦されていた。被害者2人が警察に訴え出たことから、犯行が明るみに出た。

こんなニュースは載せまいと思ったが、タイではこの様な性犯罪が多く起きる。
これほどの大ニュースは少ないが、これに近い様なニュースはよく報道される。
何故、この様な事件が度々起きるのか、皆で本当に良く考えなくてはならない。
親の躾ではあるまいが、こんな事では躾以前の事で呆れてしまう。動物でもあるまいし。

私達のタイ人の友人(母親。)のNさんが、タイ人とは再婚したくないと言う。
年齢は30才、小学1年の女の子、4才の男の子と二人を連れて離婚した。
何故、タイ人とは再婚したくないと言う理由が、小学1年生の女の子が再婚相手の男が
犯す恐れが有るからだと言う。  
それが怖くて再婚すると子供一緒とは暮らせなくなりそれが寂しいと言う。
タイでは、そんな事が起きる事が当たり前の様だ。
母親なら子供を守る事は当たり前の事で、これでは再婚に腰が引けるのも良く判る。

男男、女女の同性愛者も何故か多すぎる。
明る過ぎる程、開放的な人間性と南国のカラッとした気候がその様な解放された性を作り
上げてしまうのか、私には全く良く判らない出来事ばかりだ。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-05-23 06:31
◎この頃と天気・・・。

●17日(土)早朝、やや薄目の雲で夜が明けた。東の空は、太陽が登り始めると薄目の
雲間から所々に多くの朝日がこぼれる。
西の空には、ドイの山にも厚めの雲が掛かり僅かな雲間から日差しが差し込む。
c0127933_14521379.jpg

(17日、早朝のドイ連山から差す朝日。チェンマイから西方面を見る。)

この頃は、こんな日の明け方が多く早めの雨季が来た様だ。夕方、夜にも雷雨が時々来る。
この時期の外出には直接差す太陽は暑すぎるが、この様な日の外出は、太陽も隠れて寧ろ
涼しい。
短期天気予報も今週水曜日までは、降雨の確率は80%ー40%と高い。その後は晴れ
マーク続きで、雷雨だけは昼夜出ている。

この短期天気予報は、チェンマイの何処から出ているのか19日(月)は、朝から嵐80%と
予想されているが薄目の雲に太陽が、時々覗き午後にでも何処からか、嵐が来るかも知れ
ないマイペンライ、マイペンライ・・。こんな事から本格的な雨季に入っていく事だろう。

● 半年前にチェンマイに遊びに来られた、栄子の名古屋の友人Sさんから便りが有った。
その時は、コンドの下の建設工事が始まったばかりで、丁度、建物の基礎になる柱の穴を
掘り始めてたばかりで杭打ちの音が五月蠅く、毎日Sさんはその穴掘りの仕方が日本とは
随分違う為にコンドの上から工事を眺めていた

今度の便りにSさんの工事現場の動きの見方が書かれ、下の工事は手動作業と書かれて
折り、工事の進め方が手作業に見えたのだろう。
コンドの完成までには、何年掛かるかと心配言葉も付けられ書かれていた。
c0127933_18442054.jpg

(コンドの工事現場。)
コンドの工事もやっと基礎の穴掘りは終わり地上に向けての基礎柱を延ばして地下の
基礎工事のあとにコンクリート打ちと作業は当時と違い変わりつつある。
8F建て位までは、コンクリートの打ちぱなしで外観だけは年内には完了しそうだ。

友人のSさんも今年の暮れか来年の初めには、途中竣工状況のチェックに来チェンを望む。

◎チェンマイ、マハラジャ(通称)病院と献血・・・。
(正式名:マハーラート、ナコンチェンマイ病院。(通称:スアンードク病院  場所名))

ワランさんのお姉さんはバンコクで勤務して折り、その勤務先の上司がチェンマイの
マハラジャ病院で心臓の手術を受ける事になり入院している。
何故、マハラジャ病院での手術治療かは言葉が出来ず判らない。それもバンコクからだ。

チェンマイには大病院が沢山ある。北タイ方面の病気治療を一手に引き受けている様だ。
ラム病院、ランナー病院などは、マハラジャ病院より少し規模が小さいが、それでも
可成りの規模をしている。 チェンマイに住む日本人には、最も久しい二大病院だ。

ロングステイーをしている者には、病気、怪我等治療は、この病院で心配ないと思う。
諸先生方も日本の医学大学を出られた方が多いとも聞いている。又は、米国大学卒。
日本の治療技術レベルだとも聞く。

マハラジャ病院は、スアンードク門の前のステープ通りに面して広大な敷地の中にある
総合病院で、私達には何処に何があるかも全然判らない。タイ人と一緒でなければだめだ。
c0127933_19121632.jpg

(マハラジャ病院の病棟の入り口の所。)
患者さんは22日(木)に手術があり、その為に血が欲しいので献血の依頼があった。
私は対象になったが、栄子は不適合と云う事で私が献血に行く事になり、その前に
お見舞いに行きたいと患者さんの入院先の病棟を訪ねた。

病室の前には記帳場所が設けてあり、廻りに花飾りも有ってその前の台帳に記帳した。
勿論、日本語で書き早期快復を願う言葉を書く。
色々な所に見舞いに行ったが、病室の前に記帳場所の有る見舞いは初めての事だ。
c0127933_185250100.jpg

(飾りの有る記帳場。)

患者さんに会ったら、意気なり先回持って行ったサバの醤油煮のお礼を言われて、
美味しかったとまで言われてしまつた。
患者さんは元気そうに見えるが大分疲れておられる様で、早々に引き上げる事にした。
室内には身内の人や世話をする人等、勤務先の人も含めて7ー8名も居られた。
この方達全員が、バンコクから来たとしたら大変な事だ。

15日、献血にニンプさん(ワランさんの旦那。)が、マハラジャ病院に連れて行くと言う。
入院部屋の人とニンプさんと同行して1Fの献血部屋に行く事になった。
パスポートを見せてくれと言う事で提出した。入院部屋の人は申し込み票に記入している。
ことは順調に進んでいるかに思っていたら、献血の係りの人が来て何かを喋っている。

入院部屋の人とニンプさんが今度は、私に何かを一生懸命に喋ってくる。
タイ語そのもので、何が何だかサッパリ判らない。こんな時は電話通訳だ。
プーさんの出番になる。 携帯電話に掛けるとプーさんが直ぐに出てくれた。
こんな時はホットする。 事情を説明して献血の係りの人に変わる。
c0127933_18545778.jpg

(献血窓口。)
タイも日本と同じ献血には条件が有り、17才ー60才までで体重が45Kg以上の人と、
その条件に外れているので出来ないと言う。

プーさんが電話口に出て説明をしてくれる。『プータオ、プータオだからダメだ。(老人だから
ダメだ。)』 それに付け加えて『60才以下の若い血ならば採ってくれる。』と言う。
プーさんに『パスホートの年齢は60才以上だが、体は55才以下で元気だから大丈夫だ。
採って欲しい。』と、言った。
『プータオは血を採った後に、ひっくり返るから絶対にダメだ。』と、プーさんが言う。
年齢に関係なく、私の様な元気な血が一番だ。判らないかナー。

タイ人に少しは役に立とうと思った行動が、条件に合わず外されてしまった。
残念だが、今回は諦める事にした。何か有れば、又、協力を惜しまない。

                 今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-05-19 15:02
◎この頃と天気・・・。

●16日(金)、昨日の朝より雲が多く雨が何時降ってきても可笑しくない朝だ。
ドイ、ステープの連山も、山の裾までガスが掛かり全然見ることが出来ない。
室内気温も27、5度と本来なら涼しく感ずるはずが体感的には余り感じない。
湿度がそうさせているのだろうか。

ゴルフプレーの方も、今日はミニコンペの日だ。午前中だけは雨が降らずに欲しいが、
この雲行きではそんなわけにはいかない様だ。最近のゴルフは、少量の小雨に降られた
事は有ったが、全くの雨降りだと云う日には当たらない。今日は、何とか傘を差さずの
プレーがしたいものだ。

●コンドの下のソイ(横道)に新しいタイ、マッサージ店が、2ヶ月位前から出来たので
一度様子を見ながらマッサージを受けにいく事にした。
チェンマイもマッサージ戦争が、最近特に激しくなってきた。
値段、技術、衛生面の3つがポイントで、それが伴わないと一辺に客は来なくなる。

この頃は、どの店も値段は1時間100B(約300円)ー120Bが相場になっている。
市場の物価は上がるつつあるが、マッサージ代は以前からすると下がり傾向だ。
今度の新しい店も看板には、大きく1時間119Bと書いてPRをしているが、実質的
にはタイ人の好きな9の数字に置き換え支払う時には120Bだ。
以前、此処で紹介した1時間99B(実質100B。)の、マッサージ代と同じやり方だ。

今の所、マッサージをしてくれる人は2名で主になる人は少し年増で古式マッサージを
取り入れてくれるので、日頃、使わない筋肉にも刺激を受けて少し痛いが気持が良い。
2名共マッサージ技術は、上手い方で日日は掛かるが徐々に客数も増えていく事だろう。

◎タイ人が、美味しいと言ってくれたサバの煮付け・・・。

栄子が、昨日に続きワランさんのお姉さんとその知人10名の夕飯を作ると、ワランさんと
約束したので今日もチャレンジする事になった。
バンコクからチェンマイ、マハラジャ病院に入院されている方の見舞い方々だ。

ワランさんも日頃から栄子の作る料理を食べて栄子の作る料理が大好きで、それをお姉さん
や来客の皆様に食べてもらいたいと、ワランさんは栄子に作る様に勧めてくる。

今日は、昨日が焼きサバを出したので、今日はサバを醤油で煮み出す事にした。
ワランさんが大根のおでんが好きで、大根と鶏の手羽と一緒におでん風に煮る。
それとワラン家族が大好きなスパゲテイも皆に食べてもらう事にした。
栄子のスパゲテイは、マーミヤンもマーパンも大好きで作るとスパゲテイ、スパゲテイと
言って喜んで食べてくれる。

食材の仕入れをセンターン(百貨店。)のトップス(スーパー。)で調達する事にした。
トップスは生活市場より大変高いがやはり良い食材が入る。日本製の食材や調味料も
少し置いてあるので補充するのには大変重宝する。
c0127933_1242257.jpg

(センターンのトップス。)

サバはノルウェー産の冷凍物3匹、昨日の夕方から解凍に入り夜中に解凍できたので
それを栄子が開き、そのまま醤油で煮込み入った。長時間煮込む事でサバの身に醤油味を
しみ込ませる為だ。
参考までに、ノルウェー産冷凍サバ3匹で200B。(約600円。)

タイの大根は外見は綺麗だが、中に巣が入っているものが多く選ぶのに大変苦労する。
タイでは良い大根に出合う事が少ない。土質の性か根の物は余り良くない物が多い。
スパゲテイの上にのせる貝割れ大根も豚のミンチ等食材が全部揃った。

お客様も前組と後組に二班に分かれて帰って来た。その前にワランさんの子供達と客の
子供達が夕食を先に食べ始めて、相変わらずスパゲテイが美味しいと言って食べてくれた。

来客の前半組が帰って来た。料理も全部用意されアルコールも有り食事が始まった。
バンコクのタイ人には、サバの煮付けなど始めて食べる事と思う。
入院している患者さんにも食べてもらおうと、夕方にサバの煮付けは届けられた。

前半組の人の中にサバの煮付けが美味しいと言って、一人で何切れもドンドン食べてしまう
人が居り、3匹も煮たサバの切り身が後組の人に二切れ位しか残らず、その二切れを数人で
分けて食べる事になってしまった。
タイ人にアッと言う間に食べられたサバの煮付けは、余程美味しかった事だろうか・・。

この様にして食べる料理がタイ食の中にはなく、珍しい料理ではなかったのだろうか・・。
c0127933_1255837.jpg

(サバの煮付け、大根と手羽のおでん風、スパゲテイ、ガーリック味等。)

スパゲテイのガーリック味に貝割れ大根と豚のミンチをのせて大皿4枚に作ったものが
これも全部なくなってしまった。
大根もおでん、おでんと言って始めて食べる物ばかりか、全部がきれいになくなって
しまい、昨日の夜中から作った栄子はタイ人が全部食べてくれて大嬉しだった。

その翌日に、ワランさんから栄子に電話が入り今から大型スーパー『マクロ』へ行こうと
言ってきた。
ニンプさん(ワランさんの旦那。)が、昨日のサバの煮付けが食べれなかったので、栄子に
作ってもらうと言う事だ。
サバを買うのにどんなサバが良いのか判らないので栄子に、是非行ってもらいたいと言う。
ノルウエー産のサバ6匹をワランさんは購入した。

今日、皆がバンコクに帰るのでそれに持たせたいので、今から直ぐに作ってくれと言う。
ワランさん達は、冷凍品を今までに全然使う事がなく購入すれば直ぐに使えると思う様だ
6匹の解凍には時間が掛かるしサバを煮付けるのにも時間が掛かり、それにはとても
時間がないと言い納得してもらった。

ニンプさんが2ー3日したらマバーンと一緒にバンコクに行くので、その時にまでに
サバの煮付けを作って欲しいと言う。バンコクの皆にサバをお土産で持っていくと言う事だ。
6匹からのサバを解凍させて、それを開き切り身にして長時間掛けて煮込む。
これも大変な作業だ。 
皆が食べるときの嬉しそうな顔を思い出すと、何の苦労もないと栄子が言う。

タイ人にはサバの煮付けの評判が、それほど良かったのかノルウエー産のサバは美味い。
サバの煮付けで、小さな日、タイ親善が出来、新しいタイ人との『和』が、また生まれた。

◎この頃のタイニュース・・・。

タイ南部、北部で洪水
2008/5/14 (04:11)| 主要ニュース 社会

【タイ】12、13日にかけ、タイ南部スラタニ県、北部ウタラディット県などで長雨により洪水が
発生した。タイ気象局によると、14日もタイのほぼ全域で雨が降る見通しという。

今年は、スコールの来る時期が早すぎる気がする。この時期に、もう洪水の情報が入る。
やっぱり、異常気候から来るものだろうか。
毎年だと5月終わりか6月の初めに、強い台風が来た位の突風が吹き荒れて、それから
季節が変わっていく。
毎年そんな時には、大きな看板の3ー4枚は倒れてしまう事がある。

今からこんな事になると今年のピン河は、大丈夫か心配になってくる。
一昨年に起きたピン河の洪水は、チェンマイの人達に大きな被害をもたらさせた。
ピン河の両岸堤防工事とピン河の底さらえで、土を掘り起こして整備は進んでいる。

雨と水、今年もそんな季節が段々近ずついて来ている。今年も何事もない事を願う。
・・・・ 今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-05-17 12:01
◎この頃と天気・・・。

●14日(水)、朝からやや厚めの雲が空全体を覆っている。その為か気温も下がり室内
温度27度と気持ちが良い。
今日等は、昨日の夕方に強い雷雨が有ったせいか朝から蒸し暑さはなく、室内が乾燥して
いて爽やかだ。
朝から爽やかだがドイの山頂には、雲が掛かりドイ、ステープが見えたり見えなかったり
早めに一雨くれば、今日もすっきりとした日になる。

天気予報は、今週の週末までは気温も余り上がらず毎日曇り日が続き昼夜に雷雨が発生
する様だ。
毎日起きる雷雨の影響でコンドの下に居るカエル達が、この頃元気を取り戻し夜な夜な
五月蠅い程に鳴く。
此だけの工事をしているのに何処で生き延びているのか、この頃、不思議で仕方がない。
今年も雨が早すぎる程に、早い。 今日のニュースでは、北部にもう洪水が出たと出ている。

●子供達も今日から学校が始まった様だ。3月の初旬から始まった長い夏休みも今日で
終わりだ。
朝、朝食を買いに行ったら総菜屋の息子が学校の制服を着て、朝食を食べている。
総菜屋に『ワンニー、ロングリァン。(今日、学校。)』と、言って子供をゆび指したら
『ロングリァン。(学校。)』と、言って頭をコックリ下げた。
今日、明日に殆どの小、中学校で新学期が始まる事だ。タイの新学期は5月からだ。

◎我が家へ突然の訪問者・・・。

昨日の夕方、室内電話が鳴った。 コンドの下の受付からの電話だ。
電話口に、リイーちゃんが出てタイ語で『リイー、????・・・。OK、OK・・・。』と、きた。
此方も負けずに『リイー、下に居るのか。OK、OK・・下に迎えに行く・・・。』と
バリバリの日本語で喋り受話器を下ろす。 それでお互いに解り合う。

リイーちゃんは、3年程前までタイ店のワランさんで働いていたミヤンマー人の女性だ。
今年は、もう24ー5才になったかも知れない。

近所では頭が良いと評判の女性だった。私と話を始めたら日本語を直ぐに覚えてしまう。
タイ語は、ワラン食堂に来てから3ー4年間で読み書きを覚えてしまったそうだ。
ファラン(西欧人)の客も多く有り、片言の英語で上手く対応する。 

リイーちゃんがタイ店に居た頃は、私がチェンマイ暮らしを始めたばかりの頃で、食事を
食べに行くと色々と声を掛けてくれ話をし毎日楽しく癒してくれた。

そんな頃にリイーちゃんが、年に一度はミヤンマーの自分の実家へ帰るから、その時には
一緒に連れて行くと言ったが、それは実現が出来なかった。
リイーちゃんの実家は、マンダレー(ミャンマーの第二の都市。)から、バスに乗り継ぎ
丸一日間、24時間位乗って行くとやっと実家に着くと言う。 
自分の家は山の上で星が綺麗に見え、気温はチェンマイよりもっと暑いそうだ。
飛行機からバスに乗り継ぎ丸一日行く、そんな所はどんな所か見てみたいと興味が
わいてくる。
自分はシャン族とも言っていた。(当時、ミャンマー旅の指さし会話帳での二人の会話。)

ワランさんのタイ店を辞めてからバタヤに転職した。
北の人達は、目先の給料の金額の多さに誘惑されて南の方(バンコク、プーケット等。)に、
働きに行くが生活水準が期待と違って帰ってくる人も多いと聞く。
先日、ワランさん達もバンコクに行った折りに、リイーちゃんに会いにも行っている。
その矢先に、又、チェンマイに帰り今度はナイトバザールで働くと言っていた。

栄子からパッチワークで作った小袋を何枚も見せてもらい、栄子から其処の中から好きな
ものを一つ上げるので取りなさいと言われて選んだのが、日本の着物地で柄が日本の
鼓を刺繍したものを選び、これが欲しいと言ってもらっていった。

これからは、チェンマイに居る事になり何時でも遊びに来る事が出来、また会う事を約束して
喜んで帰っていった。

◎この頃のタイニュースから・・・。

バンコクのプール、8割が水質に問題
2008/5/14 (15:24)| related_stay 主要ニュース 社会

【タイ】タイ保健省が2004―2005年にバンコク首都圏の学校、遊園地、マンション、
ホテルなどの遊泳用プール476カ所で行った調査で、85%以上が水質基準に達しな
かった。また、同省が2003年に15県のプール139カ所で実施した調査では、全体の
3割以上で水素イオン濃度(pH)が基準の6.5―7.5を下回る5.5以下だった。

これは、以前から気になっていた一つでプールを持ったコンドも多数有る。
そのコンドが水を変えているのを見た事がない。夜中に変えているかも知れないが・・・。
屋根付きのプールは数少なく、こんなに暑い国だけに水も早く腐る事だろうが・・・。

栄子も有るホテルのプール会員になったが、そんな事からプール会員を止めてしまった。
最近の日本のプールは、規定された間隔時間で水質検査を実施している。
栄子も日本でプール通いをしていたので、そんな事が気になる一つだった。

今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-05-16 05:46
◎この頃と天気・・・。

●11日(日)、昨日と同じで晴れているのか曇っているのか、もう少し時間が経たないと
その日の天気の様子がハッキリ分からない程の薄い霞だ。
朝、夜が明ける時間が知らず知らずの内に随分と早くなって来ている。
最近は5時30分位になると、東の空が明るくなってくる。

この季節になると太陽が北に昇りこの頃は、太陽が向かえ側のコンドの後ろに隠れて
山間から少しづつ出て、日の出と共にパーと朝日の出るのが見えず寂しい思いをしている。

向へのコンドの後ろから出くる太陽を見るのは、もう、8時を過ぎた頃になる。
この頃に見える太陽は、ごく平凡な暑い朝日をシャンシャンと照らす太陽だ。

●少し早めの朝、車の量も少ないニマンヘミン道りの電線にリスが渡る。
チェンマイは電線が電柱で結ばれて縦方向から、時々、道路を跨ぐ電線も多く有る。

ニマンヘミン通りには、まだ、緑も多く一戸建ての住宅もソイ(脇道)に少し入ると多数棟有り
そんな家には大きな木、果物がなる木、庭木まで様々な木が植わっている。
まだまだ、リスも充分に住める環境が残っている。
c0127933_2002352.jpg

(ニマンヘミン通りのリスが走る電線。)

何処の巣から出てきたのか、時々、その電線の上をリスは走り回る。
走り回るといってもリスは、余りすばしっこく走る事は出来ない様だ。
電線の上を走るリスに、鳥が襲いかかる事も目にする。
そんな時にリスは、数本束ねられている電線が垂れ下がった隙間に身を隠して
危険から一時逃れる。
自然界の弱肉強食の世界を電線の上で見るようだ。

ニマンヘミン通りは急速に開発が進むが、まだまだ、そんな自然の姿も残している。

●マバーン(ワラさんの長女。)がバンコクの大学に受かり、その大学に手続きなのか
大学に用事が出来てバンコクに行く事になった。

夜行バスで行く事になり、そのバスの乗車券と席の予約を取りにアーケドバスターミナル
に行く。
アーケドバスターミナルは、旧市内から東に約3KM行った所に有りチェンマイからの
長距離バスは、全部此処のターミナルから発着する。
東北のウドンタニ、北のメーサイ、南のバンコク等各方面に此処から出る。
タイは鉄道の発達がないだけに、バスとメイン道路の開発は良く進んでいる。

バンコクまでは、超VIPバスで片道625B(約2000円。)で行ける。
約7ー800KM位有り約10時間位掛けて走っていく。

マバーンは、バンコクの親戚の家に泊まり今週帰る予定で出かける。今月末から本格的な
学生生活に入り、その折りには学生寮に入るとか言っていた。

◎卒業祝いの食事会と誕生日祝い・・・。

ポンちゃん(セキサン、プーさんの仲間。)は、苦学してラチャパット大学の日本語学科を
卒業した。 
4月半ばに卒業式が有り、卒業祝いの食事会の約束をしていたが、なかなか皆の仕事と
重なり実現しなかったが11日に皆が揃い食事会となった。

ポンちゃんは山岳民族の子沢山の家に生まれてきて歳がきたら口減らしに、何処かへ
出ていかなければならず就職するにも山の人では思うような働き場所がなく、それなら思い
切って大学に行こうと国立大学のラチャパット大学へ行く事にした。
 
家は農家では有るが家族が多いと食べれず、人が多く居ても耕す畑もなく口だけが減れば
良いと親が言う。
お金がないので学生寮にも入れずに寝る所が無く、大学の友達の部屋を4年間転々として
寝泊まりしていたそうだ。 食べる事も全部アルバイトをして稼ぎ食べ繋いだと言う。
そんな条件の中で無事に卒業が出来た。

就職先もアルバイトをしている会社の社長に、自分で粘り強く直談判して社員にしてもらう
事が出来たと言う。

ポンちゃんは人一倍自分が有り4年間の間、苦労の連続だったが4年で卒業する根性だ。
今回の食事会の場所を決めるのも、プーさんが此処が良いと指定して言うとポンちゃんが
今日は自分の食事会だから、自分が決める事が出来ると言って譲らないと言う。

自分の意見を強く言ってくるポンちゃんには、かなわないとプーさんが私達に言う。
逆にプーさんが、ポンちゃんが決めた様にしてやって欲しいと私達に言ってくる。

ポンちゃんは腹一杯豚肉の焼いたのが食べたいと言い、ムーカタ(豚の鍋)を指定してくる。
プーさんが、それではヒルサイド4のコンドの直ぐ横の道を入った所に、食べ放題の店が
有り、そこが良いと言う。店の名前は『スーコンター』と言いオーナーの名前だそうだ。

店には、どれだけの人数が入るのか500名、それ以上1000名位は入るかも知れない。
ムーカタ(豚の鍋)は、日本のジンギスカン鍋と水炊きが同じになり焼き物と水炊きが
一緒になった鍋で、皆で楽しむ事が出来るものだ。
c0127933_201361.jpg

(食べ放題の『スーコンター』)

一人139B(約420円。)で焼き物の豚肉、牛肉、ソーセイジ類等、水炊き用の数々
タイ料理から、果物、アイスクリーム等、どれだけの品数があるか凄い種類がある。
ポンちゃんも此処ならば、焼いた豚肉を腹一杯食べられて満足がいく事だろう。

ポンちゃんに卒業のお祝いを渡したら、今度はプーさんから逆に私にお祝いだと言って
綺麗なテープが巻かれた箱と白い封筒がきた。
プーさんが私に、その箱を此処で直ぐに開けろと言う。
その箱の中には立派な腕時計が入っている。
プーさんがメーカーがタイだと言う。その次の言葉が『ごめんね、ごめんね・。』と言う。
私は、その言葉が入らずに『有り難う。有り難う・・。』に、私の心の中で変わっていく。

白いメッセージの入った封を切ったら日本語で『おたんじょうび!! おめでとう。今年も
もう いっことしになりましたね、おからだにも おだいじにして下さいね。
ねすこ―むすめより。』 《原文のままで・・・・。》
プーさんの字で書かれたメッセージが付けられ、その文のタドタド゙しさに二重の感度を
受けて、今年の誕生日は忘れる事が出来ない、本当に幸せな誕生日を向かえた。
c0127933_2023142.jpg

(誕生祝いの腕時計とメッセージ。)
                                  ・・・今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-05-13 20:03
◎この頃と天気・・・。

●10日(土)、霞の掛かった相変わらずの朝明けで、救われるのは朝方は涼しさがある。
室内温度が28、5度を下回ると気持ち良く涼しさを感じる。
時間と共に徐々に気温が上がっていくのか、蒸し暑さを感じてくる。
昼12時室内温度は、もう32、5度まで上がっている。

この頃は、一日に一度位はドイ、ステープに雲が突然掛かり夕立が降るようになって来た。
昨日は、ドイの山に雲が掛かり始めたら直ぐに北方面の雲が可成り黒くなり、雷が鳴って
稲妻が走り一雨来るかと思ったら、そのまま霞の多い青空になって云ってしまった。
その為に、夕方から夜中に掛けて蒸し暑い日になった。

●昨日は久し振りに夜中の1時30分に、夫婦で我が部屋に御帰還となった。
今、タイ食堂のワランさんの部屋にお姉さん一家が、お姉さんの勤務先の上司のお見舞
いでバンコクから毎週週末にチェンマイに来て泊まっている。
昨日は、皆で夕食を食べた後にお姉さんの旦那の友達が、バンドをある所で弾ているので
其処に聞きに行こうと云う事になり、出かけて帰ったらそんな時間になってしまった。

夜中に帰りマーミヤンと従姉が、我が家に泊まると云う事になったが夜中に眠れない
ので、自分の部屋に帰ると言い出して同じコンドの中での移動となった。

夜中まで飲むのは久し振りの事で、朝は朝で何時もと同じ時間に目が覚めて、心地の悪い
目覚めとなってしまった。 今日一日が、ウツラウツラの日になっり、全くこれは良くない。
日頃が品行方正で栄子とこんな事は歳のせいか、もう出来なくなったと反省しながらの
朝食となった。

◎ソム、オーム(特大夏みかん)のおみやげ・・・。

タイ食堂のワランさんの所にワランさんのお姉さん一家(夫婦と子供一人)が、上司の
病気見舞いで毎週バンコクから週末にやって来る。 これも毎週の事で大変だ。

心臓にペースメーカーを入れる手術が要るようで、その為にチェンマイのマハラジャ病院に
来ている。 名前の通りインド系の病院でチェンマイでも一、二番大きな病院で
名のある有名な先生も揃っている様だ。

会話が何時もの本と、ジェスチャーでの会話の中の理解度だ。
何かお姉さんの旦那さんも此処で以前、同じ手術をやったみたいの事を言う。

先日のお土産にワランさんのお姉さんからソム、オームをもらった。
夏みかんの大型で長崎のザボンに似ている。外側の皮が分厚く剥くのにも苦労する。
このソム、オームは南のバンコク方面が名産地の様で、それでワザワザ持って来られた
様だ
ワランさんがそんな内容の話をしてくれて、これはアロイ、アロイ(美味しい、美味しい。)と、
盛んに言う。

ソム、オームに丸いラベルが貼ってある。これは、食べ頃の日付が書いてあり今週末の
日曜日が食べ頃になると言う。 何だか日本の高級メロンを思い出した。
タイで果物に食べる期日のラベルの貼ってあるものを見るのは始めての事だ。
美味しいかどうか、その日が来たら食べる事にする。
c0127933_0345885.jpg

(期日が貼られたソム、オーム。)

タイ、チェンマイは、雨季の時が一番の果物の美味しいシーズンで段々と美味しく
なっていく。 ドリアンが出始めた。これはタイ店のワランさんに選んでもらうのが一番だ。
濃厚な甘さと独特な味を持っている。果物の王様と言われる事だけの事はある味だ。

最近の黄色マンゴーも甘みをまして美味しくなってきた。もち米ご飯の上にのせても良し、
ミルクアイスの上にのせても良しドリアンと美味さは二分する。

真っ赤なひげを持つランプータン、酢っぱみを持った茶色の皮と実の白さのマンゴスチン
果肉が美味しい物ばかりだ。
今年もしっかりとチェンマイの果物を食べる事にする。果物は本当に安くて美味しい・・・。

ソム、オームも期日付きだから期待して待つ事にする。

◎お客様の夕飯は餃子で向かえる・・・。

タイ食堂のワランさんの家にワランさんのお姉さん夫婦と、その子供、ワランさんの弟、
入院中の家族と10名位のお客様になる。

日頃からワランさんに、私達はファミリーと言ってくれて家族同然のお付き合いをして
いる。 ワランさんも自分の姉の様に栄子を慕っている。
こんな時には日頃のお礼にと、栄子が夕飯を日本風夕飯で向かえると言いワランさんに
作ると言った。 栄子もタイ人に何が喜ばれるかサッパリ判らない。
献立を決めてワランさんに話す。カンカツ、餃子、焼き鯖、焼き豚の4品を作ると言う。
ワランさんも『0K、0K』と言って、笑顔でそれだけ作ってくれる栄子に嬉しいと訴えて
いるのが良く判る。
c0127933_036241.jpg

(カンカツ、餃子、焼き鯖、焼き豚。この写真の三倍を作った。)

マーミヤンが餃子作りを手伝ってくれると言う。 従姉と二人でやって来た。
マーミヤンは、以前に餃子作りをした事が有るので従姉のファンに作り方を教えている。
そんな二人を見ていると、何とも従姉妹が微笑ましい。
タイも日本と同じ、最近は子供を産む数が減っているから姉妹の様だ。
c0127933_038351.jpg

(餃子を作るマーミヤン。)

50個も作ったろうか、日本から持って来た餃子の薄目の皮だ。
タイにも餃子の皮を売っているが、とても厚すぎてお好み焼きの皮状態だ。
薄皮に引き肉の具を包むのに水を使い過ぎているのか、蒸し上がると餃子どうしが
絡まってしまう。   4ー5個が一緒になってしまい団子状態だ。
水を多く使うと包み安く、これも仕方のない事で栄子に作り方を言われているが、それでも
何とか全部蒸し上がった。

トンカツも焼き鯖も、余りタイ人は口にする事がないので短時間の内に直ぐに無くなって
しまった。
タイ人が『美味しい、美味しい』と、言って食べてくれるので、栄子はワランさんに明日も
私が作ると言う。  ワランさんは嬉しそうに栄子に『0K』と、言って笑顔を見せた。
日本人とタイ人が国を超え言葉も超えて二人の絆は、これを機会に、又、新しくシッカリと
結び付いていく。 

栄子は、明日の料理を自分で作ると言って置きながら、もう献立で頭を頭を痛めている。
それでも栄子は、そんな事をさせてくれるワランさんを嬉しく思っている。 
明日の事は、マイペンライ、マイペンライ栄子なら大丈夫だ、大丈夫・・・・・・・。
                                     ・・・今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-05-12 00:29
◎この頃と天気・・・。

●7日(水)、青空がある様なない様な薄目の霞が掛り、この時期のチェンマイの特徴を
良く表す朝となった。
北風がそよそよと吹いて、何ともさわやかな朝だ。室内温度計は26,5度を指している。

早朝のこの時間では、下の工事現場の音もなく何種類かの鳥の声と少し走る車の音、
工事現場の何処に居たのか蛙の声も大きめに聞こえる。
サァーサァーとコンドの下を掃く箒の音もかすかに混り合い、心が安らぐ朝を向かえた。

●タイ、チェンマイの朝はミヤンマーと違い、静かすぎるぐらいの夜明になった。
朝からタイニュースが、ミヤンマー(元ビルマ)を4日に通り過ぎたサイクロン(台風。)の
報道を、テレビ等でさかんに流している。
死者2万2千人を確認。行方不明者が4万人以上はいるとタイニュースには書いてある。

ミヤンマーもタイと同じ大きなデルタ地帯で出来た地形で、海岸沿いは海抜0mの様だ。
川の水位は平地より高い所を流れる所もある。日本のように日頃から台風が多すぎる位
来る所は備えもあるが、突然の台風到来ではどうしょうもない被害を受けてしまう。
海岸沿い、川沿いには水上生活者も多く居るし、強い風と多量の雨では一溜まりもない。

ミヤンマー政府は、サイクロンの大きさ等の情報を受けていたが、通過する方面には
何の連絡もなったと言う事だ。 これは大きな責任問題だ。
その情報が現地に流されていたら、被害はもう少しは小さくくい止められた筈だ。

タイからは救援生活物資を大型飛行機で多量に空輸しているニュースを見る。
ミヤンマーは軍事政権化で、民主化は遠すぎて世界の各国は認めていない。
それでも国際機構に、ミヤンマー政府から要請があれば国際社会は全力で救援をする。

ミヤンマー国民と国家権力者とは何の関係もない事で、大衆の援助には世界中が力を
課す。ミヤンマーも早く民主化して、世界の中での協調政策を早く捕る事だ。
ミャンマーの国民は、田を耕し家族や近所の人達が平凡で幸せならばそれで良く、他を
深くは望まない。

どんな機構でもトップに立つ人は、大きく社会性を見て正しい判断が出来ないと、大勢の
人が個人の意志とは別に、違った迷い道を歩み始めこれは不幸の道だ。
一日も早い復興を願うばかりだ。

◎タイの病気予防用保険・・・。

ロングステイー仲間のKさんが動悸が激しくなり、救急車を呼びテープパンヤー病院へ
20ヶ日位の入院となった。
タイでは救急車を、日本の様に消防署が持つのではなく、各病院がそれぞれの台数を
持っている。 救急車を呼ぶ時は、各自が病院へ直接電話する事になる。
参考までに警察署は191番、火事の消防署は199番となっているがあくまでも火事だ。
c0127933_7502081.jpg

(テープパンヤー病院。)

テープパンヤー病院は、アマリンの交差点から約3KM位バイパスを走ると、メージョー
方面に行く三叉路がある。その角にある病院だ。

20日間位の入院で総費用が約100万円位掛かったそうだ。
集中治療室の間の費用から検査費、次の個室の費用、食費まで含めたものだ。
個室には付添人が一人要るのでその費用も含んでいる。

日本もタイも同じで病気入院となると、その費用は莫大な金額になる。
Kさんは体調不良から突然の入院になり、こんな費用が一辺に掛かって仕舞った。
ロングステイーの人は殆どが、日本の保険をキャンセルしているので保険がないと、忽ち
この費用が個人負担となる。

幸いにも此方に来てから4年半を過ぎたが、足の治療と目の治療に3ー4回掛かったが
窓口での支払い代金(1回/約1500円ー約2000円)も余りかからずに済んできた。
Kさんの話を聞きき、これまで元気に来れた事に感謝して、段々、歳と共に気持も弱く
なり、病も気からと言われる様に今からは何が起きるか判らない歳になって来た。

取り合えず保険に入れば、病も近寄らずに保険会社の利益に貢献する、それで良いと
思い保険に入る事にした。  差詰め病気予防用保険と位置付けた。

保険会社名『ブパー』でイギリス系の会社だと言っていた。満65才までに、その保険に
入れば次の継続が70才まで出来ると云う事で、これからは毎年継続していく事になる。

契約条件も費用別で4段階に分かれている。
保険対応治療の項目も、これだけあれば問題はない。取り合えず最低の事までは出来る。
救急車を呼ぶ費用も一回が1千Bまで、保険が利く間は何度呼んでも良い事になる。

夫婦二人で同時に入れば総費用から、1割安くなると云う事で二人で一緒に入る事にした。

◎チェンマイ近郊の見て欲しい名所等・・・。

その土地には、その土地の名所がある。 チエンマイにも見て欲しい名所が二つある。
一つは山の山頂にあるワット、プラタート、ドイ、ステープ。二つ目はメー、サー、エレファント
、トレーニングセンターで、日本から来る観光の人達もよく調べて来られていて
この二ヶ所を見たいと指定を受ける場所だ。

私達も広島に長く居た時に、広島に来られる方の案内に連れて行く名所が二つあり一つは
平和公園と、もう一つは宮島だった。  知人が来ると必ず案内したものだ。 

ワット、プラタート、ドイ、ステープは、通称ドイ、ステープと呼れチェンマイ人からは
心から慕われているお寺だ。
チェンマイに来たら『ドイ、ステープを見ずにチエンマイに来たと言うな・・・。』と、言われる
程の名所だ。
5月19日(祝)仏誕節。ウイサー、カンプチャーと言われて、その日は祝日になっている。
前日の夜、山下から歩いてドイ、ステープ寺まで昇る行事があり、山道は下から上まで
人で繋がる程になる。

ドイ、ステープ山の山頂、標高1080Mに建っていてチェンマイ近郊からは、何処に
居てもドイ、ステープは見えて道に迷ったらドイ、ステープを探せと言われる程だ。
ドイ、ステープの山頂から天気の良い日は、チェンマイ旧市内の正方形が一望出来る。
チェンマイ空港から飛行機の発着も見えて時間の経つのも忘れるほどだ。
c0127933_7511186.jpg

(ドイ、ステープから見る市内。最近はこんな曇り日が多い。)

1383年にクーナー王に寄って建立さられた北部タイで最も神聖なお寺とされている。
高さ22Mある金色のチェデイ(仏塔。)には、仏舎利が納められている。
近くで見るチェデイには、余りにも綺麗で思わずカメラに手が掛かる程だ。

メー、サー、エレファント、トレーニングセンターは、チェンマイ市内から北に
約4ー50分掛かる。
象のショーの中で、象の数頭が皆の前で鼻で絵を描き、上手く描く象からそれぞれで
その描いた絵を買う事が出来る。 象の絵も人気があり描いた絵は、殆ど売れてしまう。

何よりもメイーンは、象とのトレッキングでジャングルの中へ象の背中に乗り廻る事だ。
コースが30分、60分と分かれていて急な山道を登り下りして深い川の中まで入る。
大人でも、大変楽しいものだ。 子供達には、それ以上に思い出の旅になる。
只、象の背は、大変乗り心地が良くない。 右に左にと揺れが大きくそれを支える為に
あちら此方に力がいる。1時間も乗って降りる頃にはホッとする。
機会があれば、大人も一度は乗ってみる事を勧める。

◎この頃のタイニュース・・・。

9月から新2バーツ硬貨
2008/4/22 (03:56)| 写真ニュース 社会

【タイ】タイ財務省は9月に新しい2バーツ硬貨を発行する。現在使用されている2バーツ
硬貨が1バーツ硬貨と見分けにくいためで、新2バーツ硬貨は黄金色で現行のものより
やや軽くなる。第1陣として1億8000万枚を発行。現行2バーツ硬貨の製造は既に中止
された。

現行2B(約6円。)硬貨は、以前に此処で紹介した事がある。
四年半以上タイで暮らして2B硬貨が、その時に自分の手元に始めてやって来た。

硬貨の上にマジックで2と書いてあるので良く見たら2B硬貨で、その時に始めて2B
硬貨が市場に出回っている事を知った。

この記事にも見分けにくいから中止するとあるが、その通りで1Bと間違えてしまう。

ある人がこの2B硬貨は、バンコクで大量に流通していると言われたが、本当に流通が
有っかは疑問が残る。
以前にも書いたが、日本の2千円札と同じで流通効果が余りない様な気もする。
寧ろ、新しい2B硬貨を多量に見る様な事になれば、その時は余程の物価高になった時
ではないだうか。
今、持っている2B硬貨は、チェンマイでは余りにも流通が少なく大切に保管して行く
事にした。
今日は、この辺で・・・。
by n-jijinao | 2008-05-09 07:52