定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

◎この頃と天気・・・。

●22日(火)、午後も薄曇りで蒸し蒸し暑っかった。室内温度もこの頃、毎日35度前後
有り今日も35,5度も有る。
夕方になったら、北の空に雷が鳴り稲妻まで走る。一気に夕立でもザァーくるかと
思ったら日が暮れても全く反応がない。
夕飯を食べにタイ店のワランさんに行くのに、コンドを出たら小雨がシトシト降っている。
部屋の中では判らない程の少ない雨で、雨など降っている事に気が付きもしなかった。

これ位の小雨だと、むしろ濡れる方が気持が良い。
日頃のこの暑さの中、少々冷たい雨、傘を部屋に取りに行く事を止めて二人で小雨の中を
歩いていく。
タイ人が、傘を持たずに雨の中を平気で歩いているのを見て、何故、傘を差さないのか
この心境で良く判る。
少々、濡れてもそのあと直ぐ乾くので余り気にもせずに、濡れる事の気持ち良さを楽しむ。

翌日に、昨日夜から今日の朝に掛けて、かなり強く雷雨が降った所も有る様だ。
チェンマイでは、地形のせいか近距離でも雨の降り方が極端に違うところがよくある。
今日の雷雨でチェンマイの短期天気予報が当たり、今日以降は毎日夕立が降る様に
なって欲しい。

●23日(水)、朝から鈍より曇った日になった。北風が強くその風も冷たく久し振りに
室内温度も27度と下がり少し肌寒い位だ。
北風が強いので窓も大きく開けられず、少し開けた位で冷たい風が部屋の中によく入る。
ここ何週間か、猛烈に暑い日が続いていたのでホット一息付けた。

●セキサン(プーさんの旦那。)が、お客さんを先日スコータイ(有所ある古都、チェン
マイから約3時間南に下りる。)に観光案内をしたら、お客さんが暑すぎるのでこれ位で
もうスコータイの観光案内は、しなくても良いと言われたと言っていた。
暑いので直ぐにでもホテルに戻りたいとの事、午後三時に切り上げてチェンマイに
帰る事にした。
スコータイは、チェンマイより南の方に有るので気温が2度程高く本当に暑い事だろう。

●雨がザァーザァーと降るのに、今日も下の建築現場の工事が始まり相変わらずの
騒音だ。
昨日の雨で基礎工事のコンクリートの上には、多量の雨がまだ残っている。
平地に基礎工事の穴を5ー6M位堀り下げて、基礎用の工事を今日もやっている。
雨で掘った土の表面が良く滑る。滑り落ちでもしたら、大きな事故につながる。
先日もこの工事で高圧電流から、一人感電死事故が起きた。

◎チェンマイのコピー屋(A4一枚、45サタン(1枚 約1円40銭。))・・・。

タイ、チェンマイでは、コピー機でコピーする専業の業者をよく見る。
日本でもコンビニに行けば、コピー機が置いてあり自分で機械操作して何枚かコピーする。

タイには、コンビニ(セヴン、イレブンが大多数。)沢山も有るが、日本の様にコンビニには
コピー機を置いていない。
チェンマイ大学等学校の近くには、数軒が軒を連ねて営業をしている。
日本はコピー機を、小さい事務所でも自社で持っている。今や日本は個人でも持つ
時代だ。
c0127933_12301494.jpg

(チェンマイのコピー屋。)
私達もコピー機を日本から持って来ているが、一枚二枚のコピーをする時には使用するが
多量にコピーする時には、その専業者に依頼する。
タイのコピー屋の一番良いところは、本を一冊丸々コピーをしてくれる事だ。
その本が何千ページ有っても、本の真ん中が歪まずに綺麗に実物のままにコピー出来
一冊に製本してくれる。 このコピーには、少々の職人技もいるかも知れない・・・。
A4一枚が、裏表コピーで45サタンで本のページ枚数を掛けた値段で製本してくれる。

以前に、このコピー屋がラミネートする機械を持っていたのでタイ店のワランさんの
メニューを作った時に、店外の看板に『日本語メニュー有ります。』と、書いたものを
一緒に出したくて雨に濡れても良い様にコピーした紙の上にラミネートを掛けた。

店の前に出した看板は紫外線に耐えられず4年でガタガタに壊れたが、このラミネートした
用紙は色あせもせず付けた時のままの状態だった。
勿論、外のラミネートにも何の異常もない。

ラミネートの素材は何か判らないが、タイのこの強い紫外線を受けてもラミネートの外表で
コピーインクも紙にも何の変わりのないのは、どんな良いラミネート素材だろうか。

コピー屋の中にカラーコピー機を置いている店は、大手のコピー屋にだけになる。
やっぱりカラーとなると一枚が高く需要が余りない様だ。私の行くコピー屋にもない。
カラーコピーは自宅のコピー機でやっているが、コピー機種によりタイにはインクがない。
コピー屋も白、黒コピーには、需要が多く受注して完成したコピー品が高く積んである。
こんな商売が何時まで続くのか、お国が変わればでマイペンライ、マイペンライ・・。

◎ソイ(横道)の小店も、ニマンへミン通りに合わせて大変身だ・・・。

ニマンへミン通りの本通りに面した店は、昔の面影がない位にどの店も既に大改装して
変わってきている。
ニマンへミン通りに合わせた店に新築したり改装して、昔のイメージを全面的に壊して
どの店も新しい店にして新しい街作りを進めている。

今までは店を閉じていたが、此処に来て新たに新装して新しい店で再び開店する店も
多く出来てきた。
あと半年、1ヶ年もすると、どんなに街に変わってしまうのか本当に楽しみだ。

今まであるニマンへミン通りから、少しソイ(横道)に入った店も表通りに合わせて少しずつ
変わりを見せている。
ワランさんの横に有ったジュース屋も、韓国テコンドの道場から大きく変身をしようと
している。
今までは、店先にオレンジ、バナナ、マンゴ等果物を置きミルク等でミックスしてジュースを
作り店先で売っていた。果物の他にジュースの中にクッキーを小さめに割ったものや、
ジェリーの小さなものを一緒に入れてシェークする。大、中、小の紙カップで値段が三段階に
分かれている。
チェンマイ市内の街角にあちら此方で良く見る小さな店舗のジュース屋だ。
c0127933_12313945.jpg

(今までのジュース屋の店先。)

ソイに少し入った所に2F建ての建物が有り、その2Fにテコンド(韓国)道場が有ったが
先代の指導者が水事故で亡くなり、そのあとに新しい先生が来たが今回道場を閉鎖する。
そこの2F全部を今までのジュース屋が借り受けて、道場を大きく改装してインター
ネットと喫茶店、タイマッサージ店を2Fで新規にやる改装工事を進めている。
ワンフロァーで3店舗を同時に開店、1Fのジュース店も喫茶店に改装中だ。
c0127933_12324883.jpg

(新しい喫茶店と2Fはテコンド道場から3店舗に改装。)

ニマンへミン通りのソイの中道には、今まで此処1ー2年で新装開店はしたが、
既に止めたり休止している店もチラホラ出ている。 今も新規や改装中の店も、
まだまだ沢山ある。

この表通りには、新しい店が次々と出来て日本人の中には、何となく雰囲気が東京の
青山通りと似ていると言う人までいる。
人通りも、昼夜を問わず観光客やタイ人も多く有り、車も夜遅くまで多く走る。
ニマンへミン通りには洋装店から雑貨店まで、お洒落な店も多くレストランも綺麗で酒場も
リズムにのった曲を深夜まで流し華やかさで一杯だ。

日本もタイ、チェンマイも同じでタブ付いた資本家のお金が、儲かりそうな所へドッーと
流れてくる。
需要と将来性の魅力がニマンへミン通りには有り、その中心を、今、走っている街だ。
特徴の有る魅力的な店は生き残れそうだが、その華やかさの裏では成功、失敗の明暗も
ハッキリと分かれる街だ。

◎この頃のタイニュース・・・。
2008年04月23日
首都圏住民の60%強が祭日期間中のアルコール飲料の販売禁止を支持


私立アサンプション大学が行う世論調査ABACポールが、首都圏在住の有権者
2,757人を対象に18日から21日にかけて行った調査で、回答者の61.1%が祭日
期間中のアルコール飲料の売買禁止を支持すると回答し、更に、74.6%の回答者が、
祭日期間中の全ての日にちに渡ってアルコール飲料の売買を禁止するべきであると
回答し、5.9%の回答者が、祭日期間の初日のみ、3.3%の回答者が、祭日時間の
最終日のみ、16.2%の回答者が、祭日期間の初日と最終日のみアルコール飲料の
売買を禁止するべきと回答していた事が明らかになった。

更に、74.5%の回答者が、アルコール飲料の販売禁止措置が、最も交通事故の
抑止に繋がると回答した。

チェンマイで地震、マグニチュード3.9
2008/4/22 (13:45)| 主要ニュース 社会

【タイ】タイ気象局によると、22日午前2時31分(タイ時間)、タイ北部チェンマイ市から
約12キロのメーリム郡を震源とするマグニチュード3.9の地震があった。午後2時までに
被害報告はなかった。

先日も此処に載せて記事でタイの大臣が、お酒の販売を選挙日以外にもソンクラーン
(タイ正月、水掛祭り。)等の時は、禁止したいと載っていたが、一般のアンケートでも
同じ結果が出いる。
此ではやっぱり禁止をするしかない。酒飲みには、厳しいものが有る。
食事に行っても、お酒を注文する事が出来ない。店側も当然売らない。
何とか外人だけは、特別法案で許して欲しい。郷に入れば郷に従えだ・・・。ダメだ・・。

タイは、大きな地震に見舞われた事がないそうだ。プーケットも直接的な地震ではなく
二次災害の津波に見舞われて大惨事になった。
日本は今までにも度々大きな地震が有って被害も受けたが、今回はそれまでを大きく
上回る阪神淡路大地震で大災害を受けてしまった。

地震のないタイでは、建築されるビルの鉄筋を見ていると余りにも細く此では少し大きな
地震が来たらみんな崩壊してしまうのではと心配する。
この記事ではないが、時々、タイ国内やミヤンマー国境付近でも地震が有った
記事を見る。

チェンマイ近郊、北タイでも温泉があちら此方に有る。火山の一連から温泉につながる。
大きめの地震が起きたらと心配が大きく出る。タイの建築法が、どうなのかは判らない。
今、作っている8F建のコンドの鉄筋も余りにも細すぎる感がする・・・マイペンライ、
マイペンライ・・・で、済んでいけば良いが。              ・・・ 今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-27 12:33
◎この頃と天気・・・。

●20日(日)、昼間の暑さを夜中まで持ち込んで室内温度が33.5度も有った。
朝方、やや下がったもののそれでも、まだ室内で31.5度と暑い朝を向かえた。

今日も朝方から、やや曇り空でこの頃、毎日こんな朝を向かえる。
昨日も3時頃から、北の空がやや黒くなってきたので一雨夕立でもくるかと思ったら、
一滴の雨も降らず、蒸し暑さだけが残った。
今週の後半からは、毎日夕立が降ると天気予報が出ている。
こんなに蒸し暑いならば、毎日一度は思い切りザァーと夕立が来て欲しいものだ。
午後で有ればゴルフの邪魔にならないので、そんな降り方を希望したい。身勝手な事だ・・。

●20日(日)、栄子と夕食を食べてコンドに帰ってきたら、コンドの玄関でタイ食堂の
ワラン一家と、偶然、バッタリ会った。
バンコクに帰郷してから、一週間振りに会うので女性同士は一人一人抱き合って
喜び大きな声で大騒ぎをしている。
あまりの大騒ぎに、他の人達が何事が起きたのかと外目でじっーと此方を見ている。

今回ワランさんは、店の従業員の女の子三名も一緒に連れてのバンコクへの帰郷と
なった。
店に帰って夜の10時頃、明日から仕事になるので、直ぐに従業員は店の掃除に入って
いる。  店の器具から食器類を全部水洗いして、床も洗剤で洗い流している。
楽しかった旅行から帰って今度は、皆、直ぐに仕事モードへの切り替えだ。

前日、店でこんな事も有った。店の従業員のIDカード問題(ミヤンマー人未取得。)で、
取り締まりが入り大騒ぎになった。
IDカードを3人の内一人は持っていたが、他の2人は持たず二人にもIDカードの取得
してやった。 手続きとお金も多く掛かるが、全部ワランさんが引き受けた。

今回のバンコク旅行など従業員では、なかなか北タイからはバンコクに行く事が出来ない。
そんな旅行にも、従業人を皆一緒に連れて行く。
ワラン店の元従業員が、パタヤで仕事をしているので皆で一緒に行く事にもなっている。
ワランさんも元教員だけ有って、従業員の女の子達も本当に、皆、幸せだ。

●揚げ物屋のペットさんの奥さんが、昨日、私の後ろから背中を突いたが、今日、早朝に
朝食を買いに行ったら、今度はペットさん本人が後ろから私の両腕にパン粉をベットリと
幅広く塗りつけた。 
ソンクラーンの時に顔に塗る、あの白色と同じで間違えられる程だ。。
大勢いたお客さんも総菜屋の主人も、ペットさんの奥さんも皆で大笑いだ。
これも久し振りに会う、ユーモアを交えた友達同士の親しい挨拶だ。此方も嬉しかった。
ソンクラーンの時と同じで『コックンカップ(有り難う。)』と、大声で礼を言った。
それで、又、皆で大笑いだ。このソイ(横道)にも『3丁目の夕日』が、やっと戻ってきた。

◎チェンマイ郊外の、一度は行きたいタイ料理店・・・。

先日、コンドのマネジャーの家で盛大に新年会が有った。
その折りにプーさん(私達の通称子供。)は呼ばれなかったので、マネジャーがプーさんを
呼んで一緒に四人で食事をしようと声を掛けられた。

この頃、プーさんはマネジャーからの依頼で、タイ語で書かれたものを日本文に書く事の
依頼を、時々受ける。
勿論、栄子のボランテァの時の電話通訳を始め同行しての通訳もやってもらっている。
そんな中からマネジャーには、プーさんも色々と貢献をしている。

プーさんのタイ語は綺麗なタイ語で、優しく丁寧なタイ言葉で話すと言う。
タイ人同士には優しい言葉使いで話す事を好まれ、マネジャーにもその喋り方で好かれる。

タイ店のワランさんもプーさんと同じ綺麗なタイ語で、バンコクの出身だと直ぐに判ると
プーさんが言う。 
同じタイ語を喋るが、喋る言葉で山岳民族からミヤンマー人まで出身地が直ぐ判ると言う。
同じタイ人同士の間では、喋る言葉の使いで相手の身分まで判るとも言う。
何故、身分までが判るかは外国人には判らないが、タイ人には判りそんな事からも
一部の人はオカマ言葉になって、身分など判りにくくする気持も判る気がする。

私達にプーさんが言うには、タイ語を変な所で教えられて使うのは絶対良くないと言う。
喋る言葉で変な所の出身と思われて、変な所に悪い親しい友人が居ると皆から言われる。
一介の言葉使いで、タイ人は相手の人物評価を全部するとまで云う。
タイは、バンコク語(標準語、東京弁。)で話す言葉が良く、発音等が大切だとプーさんが
言う。

マネジャーが、私達とプーさんと一緒に食事に行く店は、チェンライに行く国道をチェンマイ
から約30分位走ると右手に小高い山が見えてくる。 その山の上にお寺が建っている。
その国道から右に約30M位入った所だ。場所名はドイ、ソケット、クンと言うそうだ。
この辺になるとチェンマイ郊外の静かな所になる。
こんな所に、こんなタイ店の高級店が有るとはと思う場所だ。停まっている車も客筋も違う。
店の名前は『バーン、パーム(パームの木の家。)』と言い庭にパームの木が多い。
c0127933_22111075.jpg

(バーン、パーム(パームの木の家)の店内。)
マネジャーが、色々な料理を沢山頼んでくれた。味付けも外人向けにしてあるのか
食べ易すくて美味しい。
手頃な庭の大きさに大きめの池があり、所々パームの木が植わっている。
どれ位年数が経ったのか可成りの年輪と思われる木もある。庭にも良く手が入っている。
少し郊外で時間は掛かるが、日本人向きで落着が有り綺麗で一度行ってみるには
良い店だ。

◎ニマンヘミン通りのソイ(横道)の建築現場・・・。

もう、工事が始まってからどれ位になるのか。半年以上は過ぎてしまった。
騒音に悩まされてから半年は経つ。昼間は工事の騒音、夜は付近の飲み屋の騒音。
日本のように騒音規制が有るのが、兎に角、昼、夜おかまいなしに気兼ねなく音を出す。
タイの大衆は、騒音には何も言えないのか資本家に力が有るのか日本では考えられない

騒音の事もタイの国内の事で外国人が、何も口を挟む事ではなくマイペンライ・・。
事実を見続けて日本と比較する事は何もない。。
でも、日本人でも喧し過ぎてコンドを変わる人が出ている。可愛そうな事だ・・。

工事もこれ位出来上がってくると、全容が少しずつ判ってくる。
ビルを作る表道路には完成絵も出ているが、この絵だけ見ていても良くわからない。
8F建のコンドが二棟建ち、その横にリンピンスーパーの2Fが建つと言われている。
リンピンの件は、噂話で二転ー三転話が転がるが、今度は本当の様だ。
c0127933_22121698.jpg

(建設途中の現場。)
今、コンクリートだけで建ったいる方のコンドは、ほぼ、完売だと言う。
見ていると作る部屋の間仕切りの壁が違った部屋も有り、これは注文作りになっている
事が判る。
写真手前は、基礎工事中で此方にも8F建ての同じ様なものが建つそうだ
もう少しすると、此方も完売になる事だろう時間の問題だ。

タイの中でも一番元気の良いのが、バンコクでもなくニマンヘミン通りだそうだ。
先回も書いたがこのコンドの廻りには、沢山の棟が既に完成している。それにこれだ。
タイ人の先行投資だろうが、それをあとでこのコンドを買うのは誰だろうか。
心配なのは状況知らずで突然、遠くから現れて高値で何時も誰かが掴まされるのだ。
買う値段には用心、用心・・。

この写真には全部が写らないが、建築途中のものがまだ近所にも2ー3棟は有る。
これが全部完成するとニマンヘミン通りは、街が大きく変わりチェンマイの中の中心に
動いて行くだろう。
今、一時的な騒音には耐えて、ニマン通りの変わりゆく街の変化をしっかり見届けて
行きたい。

◎この頃のタイニュース・・・。
タイの世帯月収平均1.9万バーツ、前年比5%増
2008/4/17 (17:26)| 主要ニュース 経済

【タイ】タイ統計局によると、2007年のタイの1世帯当たりの平均月収は1万8660バーツで.
前年から4.9%増加した。負債がある世帯の割合は63.3%で、2004年の66.4%、
2006年の64.4%から低下。負債がある世帯の平均負債額は前年比微増の
11万6681バーツだった


四年半前からすると、新車に多く切り換わっている。
以前は、クラシックカーの展示場の感じで市内を、古い車が多く走っていた。
当時は、日本車も可成り古い車が走り、タイから日本にその車を持っていけば、マニアに
高く売れるのではと思う事もあつた。

私達がタイ人から聞く情報では、タイ人の1ヶ月の収入からすると新車等、待てないはずが
最近は益々新車に切り替わっている。銀行借り入れの条件が緩くなったとも聞く。
この情報の月収からすれば充分に車は持てる。

タイ人の住む部屋代、経費、車代を払ってもそれなりの家庭が営める。
若い人も毎晩の様に良く飲酒もする。
車を持たず単車ならなければ、そんな生活も充分出来る月収だ。

只、気になるのがこのデーターが、タイ全体層か一部層、納税者層かデーターの取り方に
よるものだ。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-22 22:14
◎この頃と天気・・・。

●20日(日)、今日も朝からシャンシャンと太陽が照り付ける。
予想では昼間42度まで上がると出ている。今季、一番暑くなる日ではないだろうか。
早朝から、もう室内温度も、31,5度になっている。これは、暑い。
明日以後は、温度も平日最高温度が2度程下って、そんな暑さが連日続いていく様だ。
今週後半からは毎日の様に夕立が起きると、短期天気予報が出ている。
段々、季節は変化して、亜熱帯地方だけに発生するスコールを向かえていく事だろう。

●ソンクラーン(水掛祭り。)も16日(水)には、いつもの平静な状態で夜が明けた。
12日(土)ー15日(火)までの4ヶ日間、皆で思い切り水を掛け合った。楽しかった。
あのすざましい程のエネルギーも、今は、もう何処かへ行ってしまった、又、来年だ・・。

4ヶ日間、本当に静かだった。新しいコンドを我が家の下で建築中だが、その工事もなく
以前にあつた、あの静粛な夜明けがこの四日間毎日続いた。

タイ店のワランさんが言うには、工事現場の大半がミヤンマー人と言う。
その飯場もこの四日間、夜中に半分位しか部屋の電気が点かない。
電気が点かない部屋は、この休みで故郷にでも帰ったのだろうか・・ミヤンマーは遠すぎる。
その工事もソンクラーン明けと同時に、又、始まった。 それもまだ基礎工事の最中だ。
まだまだあと半年位は、この騒音とお付き合いする事になる。 困ったものだ

●17日から、揚げ物屋のペットさんの店も店を開けた。イサーンの奥さんの実家に
今年は帰った。 気のせいか充分に休みを取り、生き生きと働いている姿をみる。
朝、テイクアウトの朝食を買いに行ったら奥さんが私の背中の後ろを、指でチョコット
突いていく。
言葉(タイ語。)は話せないが、この指の突きで無事に帰ったよ・・と、言っているのが判る。
タイ店のワランさんも19日には帰ってくると言っていた。もう、帰っかな・・・。
21日には、下町(ニマンのソイの8軒。)の近所全部が揃い、又、普段の生活に戻る。

◎ソンクラーン(タイ正月。)で活躍する食堂(フードコート。)・・・。

ソンクラーン(タイ正月。)の期間中、大衆タイ食堂は休む店が多く出る。
そんな時に、必ず店を開いているのがデパートのフードコートだ。
ソンクラーンの時、食事をどの様にするか云う時に皆が教えてくれるのがこのフード
コートだ。年中無休で営業をしている。
c0127933_1792982.jpg

(センターンの地下1F、奥にあるフードコート。)
この頃は、チエンマイも値上げムード一色なっている。
先日も政府通達でフードコートの値上げは、5B以内にする事と通達まで出た。
その中でも、フードコートにあるタイスキ系等は規制しないと云う。 
タイスキは、贅沢食に入るのだろうか。MK等、専門の大型チェーンも多くある。

タイ人に何処かで食事をしようと言うと、タイ人が指定してくるのがタイスキだ。
日頃、大衆が食べるタイ食の料理は、油を使った料理が多く水炊きのようなサッパリして、
魚、肉類、野の野菜等、色々な種類が沢山食べれるので特にタイ人は好む様だ。

センターン(百貨店)のフードコートは、メニューの一品が30B前後(約90円)食べられる。
4年前は15B前後だったので倍に値上がっている。
外食が100%社会のタイでは、大衆食堂の値上げは根本的な生活基盤を、引き上げる
ので政府も一言国民に付け加えたくなる。

タイ人は一回の食事の量が少ないのか、朝、昼、夜区割り三食主義でないのか、三食時
以外にもよく食べに食堂に入っている。
センターン(百貨店)のフードコートも、人が絶える事なく良く入る。

フードコートで食事をする時には、予め食券を買う事になる。
その券を持って自分の食べたい店に行き好きな物を頼み、その食券で支払う。
券が残れば精算して返金してくれる。
沢山の店があり、それぞれが好みで食べれるので、皆、で行くには都合が良い。

◎コンドのマネジャーの家での新年会・・・・。

4月に入ったら直ぐにコンドのマネジャーが、何かをひっきりなしに喋ってくる。
何を言われているのがさっぱり判らない。 プーさんに連絡して電話通訳だ。
女性マネジャーが、何かを言ってるので聞いてほしいと連絡が付く。

4月18日(金)に新年会を、マネジャーの家でやるので夫婦で来て欲しいと云う事だ。
いつもながら、栄子も私もタイ語が出来ないのでどうしても尻込みをする。
プーさんも呼ばれているかと云うと、今回はそうではない。ますます、腰が引ける。

有閑マダム(子供ボランテイァ、ガールスカウトが主。)が、栄子を是非新年会に呼んで
欲しいと言っているとコンドのマネジャーが言う。
日頃は、チェンマイの子供達を始めマダム達にもパッチワークを少し教えている。
山の子供達の所へ行く時にも、マダム達も一緒に同行してくれる。
ガールスカウト活動の時にも時々同行もする。そんな事から付き合いが出来ている。

新年会に出席のされたマダムの人数は13名。
その中の主の人は、王室系のご婦人(ガールスカウト主。)で、栄子とは言葉は互いに
判らないが二人は気が良く合うようで、何となく身振り手振りで判り合っている様だ。
他のマダム数人とも栄子は、良く知り合いになっていて二時間位の食事会だったが、
廻りの人とも楽しく過ごす事が出来た。 こんな時には、タイ語の必要性を感ずるが・・・。
c0127933_17125539.jpg

(新年会の食事会。)

イギリスのスコットランドからも、短期旅行でイギリス人夫婦が招待を受けていた。
ガールスカウトの関係者の様だ。
スコットランドの話をしてくれた明るい夫婦で、片言英語でも少しは判りあった気がした。
北タイのPR資料を作り写真等を折り込み、イギリスでPRする言いパソコンから立派な
スライドを何枚も見せてくれた。
(
c0127933_1733753.jpg

(くつろぎの間。)
参加者の構成は、チェンマイの企業家のマダムばかりで、何故、私達がこの様な集まりに
参加する様になってしまったのか不思議でしょうがない。 
成り行きのままに引っ張られて行った結果だ。
私達が、プーさんにこんな付き合いは出来ない付き合いだと言うとプーさんが、これは
良い事でしょう、タイ人は大切にする付き合いだと言う。
風に流され流されて、二人三脚で行く事にしょう。マイペンライ、マイペンライ・・・。

◎この頃のタイニュース・・・。


タイ連休中の交通事故死、6日で324人
2008/4/17 (13:43)| 主要ニュース 社会

【タイ】4月11―16日の水かけ祭り(タイ正月、ソンクラン)期間中に発生した交通事故は
タイ内務省の集計で3955回、死者324人、負傷4484人だった。交通事故死が最も
多かったのは北部ピッサヌローク県で15人、次いで北部チェンマイ県14人、バンコク13人。
南部ヤラー、クラビ、東北部ヤソートンなど7県では交通事故死がなかった。事故原因は
飲酒運転が全体の4割以上、スピードの出し過ぎが2割以上を占めた。

2008年04月19日
内相、ソンクラーン期間や年末年始期間を禁酒日に

チャルゥム内務大臣は18日、ソンクラーン期間だけでなく年末年始期間を含む全ての
祭日を禁酒日にする方針である事を明らかにした。

 この方針は、ソンクラーン期間や年末年始期間等の国民の大移動が伴う時期に発生する
交通事故の多くが飲酒運転に起因していること、また、当該期間中に飲酒に起因するモラル
を逸脱した犯罪が増加する傾向にある事を受けたもので、同大臣によると、既に多くの
団体から支持を得られており、年末年始期間前に公共保健省令という形で実施に移せる
見通しだという。

この記事は、交通事故の発生のみを取り上げているが、水の事故も大変多く私の聞いた
水の事故は、堀に飛び込み心臓麻痺で死んだとか、水の中に隠れていた木に体が串刺しに
なり亡くなったとか、それらの事故を含むとソンクラーンで、どれ程の事故件数になるか。

禁酒日は、今は選挙日の前日と投票日が禁酒日になっている。
それに、酒を購入する時間も決められていて昼から夕方五時まで毎日売ってくれない。
酒飲みには、時間帯を決められるのも慣れるまでは不都合のものだ。
今は、シッカリと身に付いているので購入時間は苦になる事はない。

売る事を止めるのも手の一つだが、一人一人に自覚を持ってもらわないと大きな成果は
出ない。
タイは取り締まる事が少な過ぎる。飲酒の罰金を払い、個人が痛い目に合わないと
なかなか自覚は出てこない。警察も襟を正して取り締まりに当たらないと・・・。

売らなくても買い置きをしておけば幾らでも飲める。タイ人は、お酒の買い置きをしない
国民かも知れないが、飲んで乗ってら高い罰金を支払う事も大きい効果だ。
猫を追うより皿を引け・・主義で何処まで効果が出るだろうか。その方が正しいかも・・。
                                           今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-20 17:14

◎この頃と天気・・・。

●15日(火)朝から気温が上がっている。今日も暑くなるだう。
昨日の夜は、寝るまでクーラーを入れていた。クーラー嫌いだかどうしょうもなく暑い。
随分と前から栄子は、クーラーのお世話になっているが今度は私が欲しくなった。

15日、今日も早朝ゴルフに出かけた。東京からHさん、名古屋の長久手のSさんが遊びに
来て3人でランナーGへ出かけた。
タイは休日で着いた頃には駐車場が良く込んでいる。私達も前日に予約を入れて置いた。
良く込んでいてプレー終わる頃は、11時30分になっている。
汗かきの私の腹廻りは、ベルトのところがビッショリと水でも掛けた様になっている。
帰りの道路では、何処もソンクラーンの水掛けが始まっている。

●14日(火)、今日の夕食は、栄子が家で作ると云う。
外食した前日の料理の出て来る遅さもあってか、ワラン食堂が始まると毎日ワランさんの
夕食となり、私達が行かないとワランさんが本当に心配してくれるので、外食する時も
行き先を言ってから外食を食べに行く事になる。 鬼のいぬまの洗濯で・・・。

豚のヒレ肉で一口カツを揚げてくれた。
タイの豚カツは、何処の食堂でも肉に厚味がなくペラペラで日本の豚カツイメージが
強すぎて、薄いタイの豚カツでは日本人は満足出来ない。
タイで豚肉を買うのも難しく日本ではプロが見て、これはヒレ肉と表示してくれるので
それで買えば間違いがない。  
チェンマイの生活市場の豚肉売り場で肉の大きなかたまりが置いてある所から、自分の
目だけが頼りで買う事になる。 どんな物にカットするのかも此方の指示で切ってくれる。 
タイでは、表示もなく自分で見て全てを判断して買うのが日常だ。
栄子の見た目に間違いがなく美味しいヒレ肉を買う事が出来、ヒレ肉に前々から味付けを
してソースも何も付けずに豚肉の美味い味だけで食べた。
ソウセージの野菜サラダも、家で食べるのが一番美味い。

●気温がこれだけ上がると、蚊が出るのか何か小さな虫でも出るのかモソモソと
気になる、前日より毎日の様に『金鳥蚊取線香』を焚いている。
名古屋の港区のSさんが、来チェンの折りに数年しても使えきれない程の量、持って
きてもらい有難く使っている。
ビルの換気口を上がってくるのか、この時期になるとやたら蚊が多くなる。
先日もその為か、雑草が生えている所に大がかりな器具を使い殺虫剤を時間を掛けて
吹き付けていた。その為か幾らか少なくなった気もする。

◎今日もイソイソと出けたソンクラーン・・・。その2(カット写真集。) その1は15日・・・。

14日(月) 昼食を我が家で取っていたら栄子が『水掛けに今日は行かないの・・。』と
行く様に催促されたようにセンターンに出かけた。
昨日と同じ位の人出だ。やっぱり何か盛り上がり少し弱い。
今年は仕方なく、こんなソンクラーンで終わるだろうか少し寂しい気もする。

今日は水を掛かけらない所で、写真を撮る事にした。
何処からか、何の遠慮もなしに水を掛けてくる。カメラに水を掛かる事だけは避けたい。
私の友人等は、カメラを濡らしてしまい動かなくなり日本に帰った時に、修理に出すと
言っていた。
今日は写真も撮ったしこの辺で切り上げる事にした。この炎天下、今から20分位掛けて
帰る事になる。

歩き始めたら足元が何か可笑しい。足先が引っかかる気がしながら歩いていたら、突然
片方のゴム草履(ナイキ印。)が、バラバラに壊れてしまった。
このゴム草履も5年前に静岡の三島の姪つ子夫婦の所に遊びに行った時に買い
チェンマイに持ってきたもので、この水掛けの時だけに大活躍をしてきた。
壊れても仕方のない寿命が来ていたのか、底の部分が剥がれたら甲のバンドが一緒に
取れてしまい、履けなくなってしまい片方だけになってしまった。

片足だけゴム草履を履き履ない方の素足が、コンクリート舗装された道を歩くのに、
太陽が道路面を照りつけてとても熱く火傷するようで長くは素足では歩けない。
熱いのを我慢しながら歩いている内に良い事が判った。
電線の陰が道に有る所の下は、そんなに熱くなく可成り歩ける事が判った。
時々、その陰なくなるところが出てきて、そんな時は大変困る。
道路の熱さばかりを気にしていたものが、長く歩ける事が判ったら今度は帰る道々に行き
交う人目が気になりだした。
60数才にもなる日本人が、片方の草履だけ水に濡れてトボトボ歩いている。

30分も炎天下を歩きながら帰ってきたら、あれだけビショビショに濡れていたものも
可成り乾いてしまっている。  この時期、これを見ても可成り強い日照りだ。
又、明日もあるが明日はもう参加せずにしょうかと迷っている。

●水掛祭りのワンカット写真。
c0127933_1843975.jpg

(008、センターン(百貨店。)の前に作られた踊り場で激しいリズム音楽で踊り、その前に
泡出機が置かれて観衆に吹きかける。ホースで上から水掛もして皆盛り上がる。)
c0127933_1852162.jpg

(013、ピックアップ車の後ろに数人乗り二人子持ちのお母さんが、ビャチャーン(ビール)の
大瓶をラッパ飲み、タイ人女性の力強さを感ずる。)
c0127933_1855659.jpg

(018、日本人と違いファラン(西欧人)は水掛祭りに積極的に大勢参加する。タイ人の車に
同乗して裸になって皆と一体になり楽しんでいる。)
c0127933_1863144.jpg

(029、ピックアップ車の上で隣の車や前、後ろの車道路の人達共水を掛け合う激しさ。)
c0127933_1872797.jpg

(032、ドラム缶に大きな氷を入れて冷水を歩く人や車めがけて掛ける。若い女性も頭
から足先までビショ濡れでなかなかのセクシーだ。)
c0127933_188678.jpg

(058、ピックアップ車の上の子供達、水鉄砲でこの真剣な顔、兵士そのものだ。
昨年、水鉄砲の強力な物が出て危険があるので、水掛祭りには使用禁止のものもある。)
c0127933_1893385.jpg

c0127933_1811274.jpg

c0127933_18114688.jpg

(003、068、道路から車めがけての水掛け、水道からホースで道路に引きそれを直接車の
人に掛ける。バケツで掛ける。車の人、道路の人もチェンマイ町中が、あちら此方でビショ
濡れになってのお祭りだ。こんな祭りも世界中では、タイだけだと思う。)
c0127933_18123186.jpg

(023、トクットクッ(三輪タクシー)を、貸し切り街の中の水掛に参加。トクットクッも
平日は屋根を付けているが、この日は取除いてオープンカーにして水掛を楽しむ。
若い女性には、男性諸氏が目標めがけて皆掛ける。 貸し切っているのは若い女性が
三名で乗っている。
このトクットクッも、随分と水を掛けられた事だろう・・・。)

今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-17 18:14
◎この頃と天気・・・。

●今年は暑くなった。昨日などは室内温度で37度位あつた。14日(月)気温は、2度程
下がり、朝方は29度と気持が良い朝になった。
ソンクラーン(水掛祭り。)には、最高の日を向かえている。気温は上がるものの空は
やや曇り気味でカラーとした青空ではない。

●12日(土)は朝方から、車の量が月曜日だが随分と少ない。タイ人は15日か16日
まで連休で休む店が多い。
ニマンヘミン通りの商店街は装飾品や雑貨店、洋服など売っている店は全部休んでいる。
表通りに面してのレストランは殆どが営業している。
ソイ(小道)の中に入った大小のレストランは、殆ど云って良いほど休みだ。
私達も昨日の夜は、ニマンヘミン通りのコーヒーチェーン店のスターバツクスの裏にある
日本食の『ワサビ』で食べた。

最初の料理が出てくるまでに約40位掛かり、私のオツムが何度か切れ掛かり、栄子に
何度も『此処は、タイだから持ちましょう・・。』と、頭を冷やされ、冷やされ
それも、『貴方が私に今まで何度も何度も、私が切れかかると教えてくれた事でしょう・・。』
と、言われて何とか『ご馳走様・・。』が、出来た私達二人だけの楽しい外食だった・・・。

◎今年のソンクラーン・・・。その1

今年は、良ソンクラーン日よりだ。
昨年は、午後の3ー4時になったら寒くて自然に水掛けが終わってしまった。
昨年は四方の堀の外周道路も、午後4時になったら渋滞どころか普段より少し車が多い
位になっていたが、今年は夕方まて大渋滞を起こしている。

水掛祭りは、私の大好きなチェンマイ行事の一つでチェンマイに来てから毎年参加して
いる。 家を午後に出るのだが、午後一時を過ぎた頃に照る太陽、それは本当に暑い。
毎年行くのは、センターン(百貨店)の前に行く事にしている。着く頃は、頭から思い切り水を
掛けて欲しくなる気持だ。
c0127933_18373764.jpg

(センターンの踊り場会場。)
行く途中、ホイケオ通りに出れば、もう容赦なく何処からか水掛の洗礼を受ける。
向き合った時には掛けられないか、すれ違った後ろからバケツに一杯分ザブッと来る。
毎年、最初に掛けられる折りにはビックリするが、そのあとは幾ら掛けられても涼しくて
気持ちが良い。 
センターンに着く頃には、もう全身ビショ濡れになっている。
ところが水の中に氷の入った氷水が有る。 これを掛けられると心臓に応える。
昔、日本でも氷屋が売っていたあの長四形のでかい氷や、今年はそれを小さく割った
カチ氷までにして道路や車に乗せて売っている。氷屋もこの時期には、大儲けするだろう。

今年は、連休が長いせいか一昨年よりも盛り上がりにかける・・・そうではない・・。
今年は王様のお姉様が、崩御されあまり大がかりな事は慎むべきだと政府通達が出て
いるし、毎年、交通事故、喧嘩も多発するので警察も多く出て事故防止にも力を入る。
c0127933_18383571.jpg

(交通渋滞で単車も歩道を走る。)
ホイケオ道りの左側の道は、堀の廻りに行くピックアップ車で大渋滞を起こす。
片側二車線で、そこで車どうしがお互いに水を掛け合う。道路からも車めがけて掛ける。
車からも道の人に水を掛け合い水掛合戦が全面にくり広げられる。
c0127933_18392896.jpg

(堀の廻りに行く車で大渋滞。)
午後の三時も過ぎて、もう充分水も浴びたし過去の悪さも皆に水で洗い流してもらった。
他の人の悪さも、水で流す事が出来て部屋に戻る事にした。
途中、遅めの昼食を部屋にいる栄子と二人分を買う事にした。こんな大量な水掛けが
合っても、歩道の所々には色々な食べ物が売られている。

自然のルールかマナーの良さか、店には放水をしない。酒まで飲んで酔っての人も
沢山いるのに、これはシッカリと守られている。 タイ人の良き本当の人間性が判る。
串肉6本、卵2ヶ、カウニァオ(もち米の蒸したもの)2個。総額50B(約150円)
お金も、カメラも水に濡れないようにビニール袋でしっかり包んで持っていく。
c0127933_18403551.jpg

(道路脇の店。)
チェンマイの街の中の水掛行事は、15日(火)までと思うが、まだまだ16日も
続くだろうか・・・・。  これが終わると、又、来年になってしまう。
                                今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-15 18:46
◎この頃と天気・・・。

●今年もソンクラーン(タイ正月、水掛祭り。)が、やって来た。
太陽も北に昇り例年と同じドイステープ(チェンマイの西方、ドイ連山の中腹に有る高名
な寺。)の、真後ろに太陽が沈む。最近、雲が多くて沈む夕日に綺麗さはない。

昨日の夕方、夕食時にその沈む太陽を見て栄子に今年も沈んでいくと言ったら『当たり前
でしょ・・。』と、情緒感のない返事が返った。私は例年同じでも、毎年何か感動を覚える。

●チェンマイは4月が一番暑い。この頃、本当に暑い。空気も暑く吹く風には、肌に生温と
云うより熱風の様だ。
日本の油蝉の様な声で鳴く虫がいる。この時期にゴルフ場でも良く鳴き油蝉の種類かも
知れない。
これがミーミー鳴くと日本の夏の熱さを思いだし、熱さが倍になり汗の量もドッーと増える。

昨日の夕方、マーミヤンや子供達が店の前で水掛をやっている。
子供達3ー4名で、水道からホースで水を取り小さなバケツで水を掛ける。
大人の掛ける水の量とは違い、掛けられても濡れるところは知れている。
水道から直接取った水も温かい水だ。直接掛けられても冷さもない。
12日(土)から、ホイケオ通りやセンターンは本格的な水掛祭りに入っている。

●タイ食堂のワランさんは、御夫婦とも実家がバンコクで13日(日)から一家でバンコク
行きだ。 たまの長期休みで一週間は休むそうだ
揚げ物屋のペットさんは奥様の実家、イサーンへ今年は帰ると、もう店は休みに入っている。

日本の正月休みと同じ3ヶ日間は、こうした店は休むところが多い。
外食が殆どの国だけに故郷に帰らない人は、食べ対策を一考する。
何処かがやっているのでこんな時期、ぶらぶらしながら探してみるのも良い。
今までに知らなかった良い食堂が有るかも。

◎イタリア料理店『ギラソーレ』で、食事会・・・。

チェンマイは、イタリア料理店の専門店が本当に沢山ある。
イタリア料理店以外にも、その店の料理メニューの中にイタリア料理が単独で書かれて
いるメニューも良く目にする事がある。
タイ人も世界的にもイタリア料理が、皆、好きなようだ。

この時期には、短期ステイヤー(2ー3ヶ月間の滞在。)は、殆ど日本に帰ってしまった。
次に帰るのが、ロングステイヤー(年間滞在組。)の腰が日本に向けて上がる。
それぞれが、日本の用事に合わせて一ヶ月から数ヶ月間帰ることになる。

航空運賃も燃料費高から上がり、為替(バーツ高)が動き、物価が可成り上がっている。
此処2ー3年で余りにも生活に影響が出ている。
日本にも、簡単に帰れなくなってきている。最近は、栄子の日本帰りもメッキリ減った。
ロング組の中からも、不能率だから夫婦では日本に行ったり来たりをしないとなる。
それでも一年に一回位は、日本が気になり夫婦のどちらかが一人は帰る事にもなる。

仲間が日本に帰るそんな時には、皆で食事会をする事になる。
今回は、イタリア料理店に行く事になつた。場所は、ターぺー門とワットプラシンを結ぶ
サンデーマーケットが行われる通りで、タマリンドホテルを過ぎて大きなワットが右、左に有り
4っ角をターぺー門を背にして左に2ー30M入った右側に有り看板が良く判る店だ。
名前はイタリア料理店『ギラソーレ』。一品が100Bー150B位でスパゲテイから
ピザ、サラダまで美味しく食べる事が出来る。

c0127933_13473212.jpg

(イタリア料理店『ギラソーレ』。)

カンニングに使われたのと同機種の腕時計型携帯電話
2008/3/ 6 (00:05)| 主要ニュース 写真ニュース 社会

【タイ】先月29日に実施されたタイの大学入試で、腕時計型携帯電話でカンニングを図っ
た受験生が補導された。この受験生は、職員を油断させるため、通常の携帯電話の電源を切
り机の上に置き、腕時計型に協力者からショートメッセージで正答を送らせようとした。挙
動が不審だったことから、職員に見抜かれたという
タイ政府保管米1.6万トンが紛失
2008/3/ 5 (16:12)| 主要ニュース 社会

【タイ】タイ政府が保管するコメ1.6万トンが北部チェンライ県の民間業者倉庫から紛失
したことがわかり、警察が調査を始めた。チェンライではこうした政府米の「紛失」が頻発し
ているという。タイ国営テレビ局チャンネル9などが報じた。
 政府米の保管業者は政府に賠償金を支払う見通しだが、中国などに密輸販売する価格が
規定の賠償額より高く、「紛失」しても利益が出る構造になっているとみられる。また、関係
する政治家、官僚に密輸の利益が配分され、保管業者が罰せられた例はないという。

◎上記のニュース記事から・・・。

●タイは、今、大学受験の真っ最中だ。タイ店の娘のマパーンもその一人だ。バンコクの
大学に行きたがっている。受験に何度も行く。それも理工系の大学に行きたいそうだ。
将来は、技術屋になりたいと言う。機会が有れば日本の大学にも留学して日本の技術の
勉強がしたいと嬉しい事まで言ってくれる。プーさん曰く、マバーンも可成り成績優秀の
様だ。
カンニングも高度化したものだ。
腕時計の携帯使用とは、私達の時代には思いも付かない事だ。時代の流れで、こんな事
までハイテク時代になっていく。

●米泥棒、何処かでも聞いた出来事だ。日本も世界も皆同じでお金になれば何でもやる。
この内容の話では、少しばかりか日本の状況とは違うようだ。
此方の記事を、色々見ていると政治家、官僚に警察等が入り乱れての事件が起きる。
この国の事、誰を何を信じて良いのか良くわからない事が多く起きる。
此処は、外国の事だけに自分の身は自分で守る。   
行動するも同じで、自分の行動は自分で責任を持たないと・・・保って置かれてしまう。

                                         今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-13 13:48
◎この頃と天気・・・。

●7日(月)、朝から北風が、そよそよと窓から入り涼しい。
涼しさを感ずる時は、室内温度は28、5度以下だ。 
此処、久し振りに今日の朝は爽やかさを感じた夜明けだった。こんな朝は、何となく鳥の
鳴き声も数多く思える。
一週間天気予報では、今日は雷が鳴り、時々、雷雨が有ると出ている。それも夜中まで
雷雨があるとの天気予報だ。
その通り午後から雲が出始めて室内もムシムシするが、夕方までは雷雨には至らなかった。
夕方6時30分、最近の日の暮れ様では今日は最も薄暗く、肌には生暖かさも感ずる。
今日の夜は天気予報通り、雷雨があるだろうと窓を全部閉めて寝る事になる。
明日からも当分の間、天気予報では毎日、毎日薄曇りと出ている。何だか変な天候だ。

●今日は早朝ゴルフで何時もの様にAさんに向へに来て貰い、ゴルフ場に向った。
何だか朝から車の量が何時も寄りやけに少ない。今日は、祝日だったからだ。
タイは6日日曜が現チャクリ王朝の創始者であるラマ1世王の即位記念日で祝日だった
ため、7日月曜が振り替え休日となるり、それで走る車が少なかったのだ。

昨日の祝日の事を、プーさんの旦那のセキサンが説明をしてくれた。
夕方四人で一緒に食事を取った時にそれを教えてくれた。 タイ人の知り合いでもないと、
タイの行事等の詳しい事などはよく判らない。
今までの歴代のラマ王の業績等を、詳しくセキサンが教えてくれた。

ゴルフ場の駐車場も何時もの倍ほど停まっている。駐車場に車がどんどん入ってくる。
タイでは、振り替え休みで休みの取れる人は少ないと聞くが、ゴルフが出来る様な人達
にはそんな事もないようだ。

◎マーミヤンと一緒に、夜店の陶器の色塗り・・・。

裏の広場で夜店が沢山出ていると言う。ワラン食堂で何時も様に夕飯を取っていた。
毎晩の晩酌をしながら酔いも廻りそろそろ帰ろうかと思っていた時に、マーミヤンが
声を掛けてきた。
裏で屋台が出ているので見に行こうと言う。 栄子は、ワランさんと話が弾んでいる。

マーミヤンが、二人には声も掛けずに私を誘う。 私の手まで引っ張ってくる。
栄子達に夜店に行くと声を掛けて、マーミヤンと二人で屋台に出かける事になった。
私に少し酔いが廻っている事も、マーミヤンが知っていて手を離さずに私の手をシッカリ
握ってくれる。
マーミヤンも、もう小学四年生、今年の五月には五年生になる。
お爺さんの手を、こんなに心配して小学四年の女の子が握ってくれる、こんな事はない。

夜店に着いたら、数人の子供達が楽しそうに人形の陶器に思い思いに色付けをしいてる。
色付けを自分もしたいと言う。
塗り始めて2ー30分もしただろうか引率で行った肝心な此方が、眠くなってしまい
マーミヤンの横の席で座ったままウッラウッラしてしまう。
自分の色塗りの陶器も完成したのか、マーミヤンが揺り起こしてくれる。
c0127933_743402.jpg

(色塗りをするマーミヤン。)
帰りの夜道も反対にマーミヤンが、シッカリと私の手を握り帰える事になった
マーミヤンが、ワランさんや栄子に色塗りをした陶器を見せて嬉しそうに二人に何かを
一生懸命話をしている。
多分、色塗りをしている内に横の席で私が寝てしまった事を話している事だろう。
それでも、連れて行ってもらった事に『有り難う』と、マーミヤンに言われて嬉しかった。
栄子も、この歳のお爺さんの手まで引いて一緒に連れて行ってくれた事が嬉しかった様だ。

初めてマーミヤンに会ったのは小学生に入る前、今年は五年生になる。
タイ人は年寄りを大切にする国民だ。それだけにロングステイーするには向いている。
この頃は、マーミヤンの体も随分と成長している。
手を何時まで引いてくれるか、私達に何時まで目を向けてくれるのか・・・・。

◎この頃のタイニュースから・・・。

タイのケータイにドラえもん
2008/3/21 (17:42)|
主要ニュース 企業 写真ニュース

【タイ】タイのエマジネーション社はドラえもん関連の携帯電話用デジタルコンテンツの
タイでの利用権を取得した。タイ携帯電話サービス最大手アドバンスド・インフォ・サービス
(AIS)を通じ、壁紙、着信音、ゲームなどを提供する。

●ドラえもんとキテイーちゃんは、タイでは子供から大人まで大人気だ。
ドラえもんは、唄まで大変人気がありタイ人は大人も口ずさむぐらい知られている。
昔から、子供向けのテレビ放映がタイでは有ったからだ。
今でも絶大の人気で、ケータイのサービスに使われるのは良く判る。

キテイーちゃんも人気があり百貨店の玩具売り場には、必ずキテイちゃんコーナーが
ある程だ。
靴からシャッのあらゆる物に使われ、大学の卒業式には両方共に縫いぐるみでも
売れている。
大学を卒業する卒業生でも、好んで縫いぐるみを購入するぐらいの人気がある。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-10 07:44
◎この頃と天気・・・。

今年は、気温こそ例年通りに暑いが、天候は随分と不順だ。
4日(金)の夜9時頃だったか、突然、大きなパシーと云う大きな音を立てて雷が鳴り
思わず電気事故かと思ったら、稲光がして雨が音を立てて降り出した。
どれ程の時間降ったか、朝方見たら歩道のコンクリートには、まだ雨水が多く残っていた。

先月の30日(日)も夕方4時頃から、強い風が吹き始め6時頃まで2時間位吹き荒れた。
こんなに強い風が、2時間も吹き続けた経験はチェンマイに4年半居て初めての出来事だ。
31日(月)朝から一時間程、この時期に、又、雨が降った。
今年は1月半ばにも雨が降り、その後の気候が何か可笑しくなっている。どうしたものか。

幸いにして昼間は、シャンシャンと暑い太陽が照りつける。
ソンクラーン(水掛祭り。)が、望む一番良い日を今年は向かえられる様だ。
今日も暑い日だ。昼12時室内で32.5度ある。今日も、又、34ー5度になるだろう。

夜明けも早くなった。朝6時にはニマンへミン通りの街路灯も消える。
早朝ゴルフの集合時間も15分以上早くなる。気持の良い早朝ゴルフが年寄りには良い。

◎ゴルフ練習場がオープンして一年、ホールインの記念行事・・・。

新規に18ホール有るゴルフ場も、此処2ー3年でチェンマイ近郊で多数オープンした。
オープンしたゴルフ場の数は、最近のチェンマイ近郊には10ヶ所以上は有るだろう。
どのゴルフ場も先日までは韓国勢が多く占めていたが、ここに来てやっと静かになった。
韓国勢も一年の内2ー3ヶ月間位、12月半から2月末までどのゴルフ場も満杯にする。

最近のゴルフ仲間の間で聞く噂は、幾つかのゴルフ場がチェンマイで潰れるのではないかと
云う事だ。 今は、どのゴルフ場も閑散としている。
それに最近、ゴルフ場のプレーフイーの値上げ話も出てきいる。
韓国勢で一時的な混みはあったものの、これだけ数多くゴルフ場が有れば年間通して
多く客の有るゴルフ場は数少ない。
亜熱帯地方だけに芝を始め維持管理には多大な金が掛かる。

そんな中で街の中に大きなゴルフ練習場が出来た。もう、出来て一年位になると云う。
場所は、新市内の街の中に有りロビンソンデパートからチェンマイ日本領事館の前を通り
過ぎ旧市内に向けて来る道、AIAのビルの北角側を左に回り30M位入った所にある。
入り口には、小さめさめだが看板も有る。
c0127933_18503375.jpg

(スタードームゴルフ場の入り口。)
300ヤードの距離が有る鳥籠練習場。3340ヤードの9ホール付きのコースも併設。
打席数も2F建てで、可成りの人数が練習できる大型の練習場だ。
出来て間がないだけに、お洒落で綺麗な街の中のでの憩いの場所を兼ねた良い雰囲気を
持ち合わせている。

ゴルフ仲間のAさんが、この9ホールのコースの中で先日ホールインワンを達成。
ホールインワンのお祝い記念で9ホールを廻り、そのあとにパテイーが有り、その招待を
受けた9ホールプレートとなった。

9ホール共に、正式な距離が有るコースだ。ロングホールも2ホール共500ヤード以上ある。
練習をしていて、何だかコースが廻りたくなったら、そのままプレーするのも良い。

ゴルフの練習する事もなく街の中の緑で見て一杯のコーヒーでも飲みながら、くつろぎを
もとめて一度行って見るのも良い所だ。

◎どんどん出来るニマンヘミン通りのホテル、コンドミニアム・・・。

ニマンへミン通りの街の周辺は、日に日にどんどん変わっていく。こんな沢山、コンドや
ホテルを作って利用する人がいるだろうか・・。 人事ながら心配になってきてしまう。
タイ人に『本当にこんなに作って大丈夫か・・・。』と、聞く事になる。
そんな時、タイ人は『マイペンライ、マイペンライ・・。』と、言う。
換えってくる返事のマイペンライの言葉の響きが、何だか良くて悪くても自信と安心の
心地さを耳が感じてしまう。
『マイペンライ・・。』その言葉は、タイ人の作った最高傑作の言葉ではないだろうか

最近、このコンドの近所廻りに出来た新しいコンド等、今、作っているものを全部合わ
せると、コンドが5軒とホテルが3軒で合計で8軒が此処近々完成する。

ニマンへミン通り以外の近所にも、まだまだ数軒作りつつありチェンマイ市内、その郊外と
なるとどれ程の数新規のものが、ここ数年中に完成するか計り知れないものが有る。

『王室系の方が、コンドの裏の新しく出来たカンタリーヒルズホテルに。今日から数日
お泊まりになりますよ・・。』と、コンドのマネジャーが教えてくれた。 
私が最近見たところでは、まだ、ホテルは未完成でオープンしていない筈だがなと、・・・。
未完成のホテルにお泊まりとは、どうした事だろうかと此方が心から心配した。

タイ人の事で完成期日には、全然間に合わなかったのだろうか。
ところがお泊まりの期日がきてしまつた。
その辺の遅れをカバーするテクニックも心得ての事か、何とか見栄えの出来る様に
繕いはして4ー5泊のお泊まりと合いなった様だ。
それから、一般には半ヶ月以上もしてから完成オープンとなった。
c0127933_18522996.jpg

(カンタリーヒルズホテルの正面玄関。)
同じコンドのOさんが、事情が有ってチェンマイを引き上げ日本に帰る事になった。
今まで住んでいたコンドの契約が、日本に帰る1ヶ月前に切れるので、コンドから住まいを
変ってカンタリーヒルズホテルで1ヶ月間宿泊する事にした云う。

ワンルーム1ヶ月/3万8千B。ワンベット、ワンリビング月/5万8千Bだそうだ。
日本人スタッフ一人もいて、日本人をターゲットにしたいと営業にも力が入っている。
c0127933_18531637.jpg

(カンタリーヒルズホテルのフロァー。)
勿論、ホテルだが長期ステイヤーに照準を合わせて洗濯物も月/90枚はサービスとか、
朝食は二人分まで付いている。他にも色々な特典を付けている様だ。

チェンマイもここ2ー3年前には、団塊の世代がロングステイーに大勢来ると言われたが、
日本人は思いのほか来る人が伸びていない。
この伸びないのは、最近の日本でのチェンマイ悪しのテレビ放映の影響がだろうか、
チェンマイのタイ人の日本人への期待は大きく外れたように思う。
街の中ではファラン(西欧人)が、最近めっきり多くなり目立つようになってきた。
特に、ヨーロッパからの人達が多い様だ。それらの人も日本と同じ年金組と聞く。
世界的に、チェンマイの海外年金暮らしには治安と物価の安さで人気が有る様だ。

◎最近のタイニュースから・・・。

●バンコク都民が「現在お金をかけているもの」は、の問いに・・「普段の食事」が一番と
なった。タイ人は大半の人達が外食で、自分の家では全く食事を作らない。
日本の外食とは、少し意味が違ってくる。タイ人の「普段の食事」とは、外で3度食べる
食事に掛ける金額を多くした、高級の食事を外で食べると云う事になる。
世界共通で、食べる事が欲望の第1番になっている。

日本のイメージが「高品質」が一番となった。タイへのおみやげ品には、日本製品が一番
タイ人に喜ばれる。
それが中国品とか他の国の物でも、日本で購入してきた物はタイ人に大変喜ばれる。
受入れ国の品質が「高品質」の為、日本製でなくても良い物を手にする事が出来る為だ。

バンコク都民、お金の使い道は?
2008/3/19 (21:38)| 主要ニュース 社会

【アジア】博報堂がアジアと欧米の主要都市で実施した調査「グローバルHABIT2007」に
よると、バンコク都民が「現在お金をかけているもの」は多いほうから順に、「普段の食事」
「貯金」「通信費」「普段着」「外出着」だった。「普段の食事」は香港、台北、上海、モスクワ、
フランクフルトなどでもトップ。東京は「外食」「普段の食事」「趣味」「子供のための教養/勉強」
「通信費」、ソウルは「通信費」「普段の食事」「外食」「外出着」「交際(飲食を含む)」の順だった。

 各国製品のイメージについては、日本製が「高品質」なイメージで香港、台北、ソウル、
バンコク、ムンバイ、上海、モスクワでトップ。「活気や勢いを感じる」イメージでは韓国製品が
香港、ソウル、ムンバイ、モスクワで首位だった。

 調査は各都市の15―54歳の男女500―800人を対象に実施した。

・・・今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-06 18:53
◎この頃と天気・・・。

○チェンマイも本当に暑くなった。夏、真っ盛りだ。
子供達は、随分前から夏休みに入っている。 昼間、室内温度で35ー6度位になる。
日本では大変な暑さだが幸いにもこの季節、この部屋は扇風機を回すだけで爽やかで
クーラーを付ける事なく過ごせれる。 クーラーに特に弱い、私は幸いだ。

この頃、チェンマイの日本人の間の挨拶は、外で会うと『毎日毎日、本当に暑いですね。
お元気ですか・・。』で、始まる。 外での直射日光は、肌を差す感じがする程暑い。
昼間、外を歩くのは日本人か、少しの外人旅行者、ファラン(西欧人)位で、タイ人は誰も
歩いていない。
タイ人は近くてもソンテイー(乗り合いタクシー)に乗ってしまう。
それでも緑の多いチェンマイでは、木陰に入るとホッとして一息付ける涼しさがある。

○24日(月)、チェンマイは、午後から大変蒸し暑く最近こんな日は珍しい。
昼4時頃に突然、猛烈に強い突風が短時間吹荒れた。
二人が外出していて、こんな突風が吹くとは全く予想せず窓を全部開けての外出だった。
部屋に帰ったら室内は、もう滅茶苦茶に散らかり泥棒が入ったかと思う程で、何が有った
のかが一瞬判らなかった。
その翌日にはコンドの管理事務所が、全窓を閉めて外出する様に急ぎ玄関に掲示した。
c0127933_16111072.jpg

(翌日、緊急にコンドの入口に書かれた外出時は窓を閉めて下さい、と言う黒板。)

突風が吹いたその日には、色々な所でこんな事も起きていた・・・。
翌日、ランナーGへに行ったら昨日の風でゴルフ場のヘァーウエィーは枯葉でビッシリ
埋まり、ボールが枯葉の中でなくなる位の枯葉が散っていた。

ゴルフを一緒にプレーした友人のAさん宅では、昨日のその時間にヒョウが降ったと言う。
Aさんの家は、チェンマイ市内から北に15KM位の所に有る。
先日、北タイでヒョウが降った云うニュースを見たが、チェンマイでも降ったと聞きビックリ
した。
チェンマイのタイ人も、こんなヒョウが降るとは珍しくヒョウを口にして、その冷たさを楽しんで
いたと言う。
チェンマイでは、日本と違い雪が降る事もなく冷たいヒョウには、タイ人も大変な興味と
驚きが有る事だろう。

○今週は、もう4月に入る。4月の半ばにはソンクラーン(タイ正月、水掛祭り。)が有る。
昨年の昼間は、気温が上がらず寒過ぎて水掛を昼の3時には自然に終わるほどだった。
今年は、このままで行くならば夕方まで充分水掛が出来る暑さだ。
タイのソンクラーンの休日が決まったようだ。(下記にニュース掲載。)
日本の正月と同じでタイ全土が休みに入る。タイ人には、一番楽しい月だ。

◎一日中霞むチェンマイ・・・。

この頃チェンマイの朝は、毎日深い朝靄で夜が明ける。その靄も一日中と言って良い程
霞んでいる。
夕日が落ちる時にも、霞はまだ取れていない。霞で大きな真っ赤な夕日となって沈む。
こんな美しい太陽の風景は、亜熱帯地方にだけ起きる事だろう。
 
毎日、この霞は一日中消えることなく起きている、霞は何故起きるだろうか。
私見・・・です。
この時期、チェンマイは強い太陽が朝から強く照りつける。朝露が靄に変わり朝靄となる。
土が含む多くの水、地上に生えている緑が水分を含み、一日中強い太陽に照り付けられて
靄となり、昼間から夕方まで地上に霞となって浮上する。 
夜になると気温が下がり、浮上した靄が水滴となって地上に降りて来る。
その量は、夜中に雨がに降ったかと思う程の水量だ。
早朝のゴルフ場の芝の上は、雨と勘違いする程だ。その繰り返しがこの時期に毎日起きる。

砂漠化は、何故起きるのだろうか・・・。
夜中に靄が水滴になり降りてきた時に、地上にはそれを蓄える倉庫の緑がないと、夜の
内に貯まった水は、翌日の早朝から照りつける太陽の熱さで水は一気に蒸発し何処かに
飛んでいってしまう。
地上に、広大な緑がないと降りてきた水量を保つ所もなく、ゆっしくと空中に靄が浮上
する事も出来ずに、霞にもならず砂漠化が起きてくる。
地上の緑の大切さが、こんなところからも起るのではないかと思う。
小さな庭でも良い、緑を皆で植えて砂漠化を防でいきたい。
c0127933_16132293.jpg

(3月30日朝、太陽の廻りがやや白みかかった太陽。)
以前の真っ赤な太陽の廻りにもやや白みかがってきた。 霞の量からくるものだろうか・・。
毎朝、見ていたあの大好きだった大きく真っ赤な太陽を見るのも、もう来年になる様だ。
季節の移り変わりも、知らない間にドンドン進んで行く。本当に月日がたつのも早い。

◎チェンマイの日本人住居と、友人の新居への招待・・・。

長期滞在、2ー3ヶ月の短期滞在にしても住む家で、生活の快適性は大きく変わる。
チェンマイは、住む家や部屋(コンド等。)の住居場所で生活環境が随分変わり場所選択が
重要なものになる。
チェンマイは古都の街で、一辺が2KMの四角い堀の中を旧市内と呼ぶ。
四角の外堀の全廻り約1ー2KM位に、びっしりと新しい街が出来ておりそれを新市内と
呼ぶ。

旧市内から四方に何本かの街道が伸びて折り、その街道沿いには沢山な店が建ち並ぶ。
その街道沿いから少し外れると、広々とした稲田、畑の田園地帯が大きく広がっていく。

チェンマイ滞在者は、大きく分けると一戸建てのムバーン(一戸建て集合住宅)、コンドミニ
アム(ビルの部屋を分譲した物。)、アパートメーント(全建物をオーナー持っている物。)と、
タイ人が多く住む町、村の中の一戸建ての家にも少人数だが住んでいる。

チェンマイの旧市内(堀の中)は、商業地と住居が混在して生活を営んでいる。
旧市内には公の機関も数多く建ち、その中にタイの京都と言われる様にお寺も可成りの
数がある。
日本のウサギ小屋ではないが、旧市内はビッシリと家が詰まりひしめき合っている。
旧市内は、コンドやアパートの軒数が少なくロングステイヤー等、そこに住む人も少ない。
寧ろ、旅行者を対象にしたゲストハウスや小さめのホテルが随分数多くある。
チェンマイ滞在者の多くは、新市内と言われる所に作られたコンドやアパートに多数住む。

旧市内には歓楽街も小さく、大きな歓楽街は新市内のあちら此方に点在して営業している。
歓楽街は騒音規制もあるだろうが、営業中は可成り大きな音を出している。
店は深夜2時まで営業する事が出来るようで、その時間までガンガンと大きな音を出す。
タイ人の一戸建ての住居も随分沢山有り、飲み屋の近所の住まいはその音で大変だろう。
コンドや住いを見に行くのは昼間で、夜の環境が判らないだけに入居してから、その騒音が
判り直ぐにも住まいを変わる事にもなる。

ムバーン(一戸建て集合住宅)は、チェンマイ市内から約10KM位郊外に出ると田園地帯
数多く有る。 最近は新しいムバーンがドンドン作られている。
ムバーンは、堀や塀を作りその中に100軒ー200軒の一戸建てを合させて出来ている。
長期滞在者はムバーンを借りて多く住む。日本の郊外に出来る一戸建て分譲住宅と同じだ。

招待を受けた友人のAさんは、チェンマイから約15KM位北に有る地名メーリムに
一戸建て住宅(廻りは一戸建ては全部タイ人。)を、改装して移った。
Aさんは、今まで新市内と云われる所のアパートメントに長年住んで居ての転居だ。
今度は、タイ人ばかりが住んでいる村の中の住宅街の一角に住む。
Aさん家の廻りの家々は、可成り大きい敷地がありハイレベルのタイ人ばかりの居る
一戸建て住宅街だ。
c0127933_1615568.jpg

(友人の新居。)

チェンマイの滞在生活になれて言葉が出来るようになると、タイ人の住む住宅街に一緒に
住んで生活する事が出来る。
これからは、段々こんな所に住む日本人も増えてくるだろう。

Aさん家は、街道から約1KM位入り車の走る音も聞こえない。歓楽街の騒音もなく静かな
タイの住宅街だ。 市街地とは違い広い緑に囲まれた自然の中での生活が出来る。
タイ人に直接ふれた生活がしたい者には憧れの生活だ。

◎この頃のタイニュースから・・・。

○タイの国の年間休暇カレンダー年初には出ないようだ。
今年のソンクラーンの休暇日日程が、この時期になって国から発表される。
柔軟性のある国の事だろうマイペンライ、マイペンライ・・・。
休暇日が決まっていても、そのカレンダーに通り休暇の取れる人達が少なく限られている。
当日勝手に休んでしまう人達が多いのか、国の休暇日があっても店員達等は、その通りに
休めない。
職場が曖昧なのか良く判らない国だからこそ出来る、国の突然発表の休暇日程だ。

○水掛祭りはタイの中ではチェンマイが、最高に盛り上がると聞いている。
バンコクは、危険が伴うので水掛が禁止されているそうだ。
チェンマイ市内中、何処でも全部が水掛をする。本通りも小道も脇道も突然水を掛けて来る。
旧市内の一辺約2KMの外堀が四方面で、ピックアップ車がドラム缶に水を一杯積み込み
乗せて、その水を車同士で掛け合う。 車は大渋滞を起こして動けない程に詰まる。
見るのも面白いが、掛け合に参加するのも尚楽しい。

ファラン(西欧人。)は、この水掛祭りが特に好きで旅行者の人達も沢山の人が参加する。
水掛は日本人には好き嫌いが有り、嫌いな人が多く参加者は少ないようだ。

タイの水かけ祭り、今年は5連休
2008/3/27 (02:12)| 主要ニュース 社会

【タイ】今年のソンクラン(タイ正月、水かけ祭り)の祝日・休日は4月12―16日の5日間。ただ、
金融機関の休みは12―15日までの4日間となる。

水かけ祭りのホテル、人気観光地はほぼ満室
2008/4/ 2 (03:43)| related_travel ヘッドライン 社会

【タイ】タイ観光庁(TAT)によると、水かけ祭り(ソンクラン、タイ正月)期間中(4月12―16日)
の北部チェンマイ市のホテル予約状況は堀周辺が90―100%に達する一方、市内でも
「水かけ」の中心から離れた場所ではまだ空きがある。期間中に訪れる外国人旅行者は
マレーシア、シンガポール、台湾、韓国からが中心になる見通しという。

 北部一帯で発生していた煙霧はここ2―3日の降雨でほぼ消えたもよう。また、チェンマイ
市当局は水かけ祭り期間中、「コヨーテガール」と呼ばれる露出度の高いダンサーを使った
イベントおよびアルコール飲料の販売を規制する方針だ。

 その他の行楽地では、バンコクから近くタイ人に人気の高いサメット島(東部ラヨン県)の
ホテル予約率が95―100%とほぼ満室、南部リゾートのサムイ島が約80%となっている

今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-03 16:16