定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

◎この頃と天気・・・。

○19日(火)、今日も雲の多い日になつた。 此処2ー3ヶ日曇りに近い日が続く。
昼間の外歩きには、あの太陽が照りつける暑さのないのがせめても救われる。
夕方から一段と雲が多くなり、少しなま暖かささえ感じたら、案の定9時頃パラパラ来た。
20日の朝方、地面が濡れている。 あのパラパラだけの少量で降り止んだ様だ。

今日も朝から曇っている。昨日に続き今日ばかりは昼間にも一雨来そうな雲行きだ。
それにしても今年は何だか変だ。先月降った本格的な雨、そして19日の夜も小雨だった。

20日の夜の8時頃、外でバラバラと大きな音がする。何かと窓を開けるそれは雨だった。
また、また今日の夜も一雨だ。 その雨も15分位強く降ったか、その後は降り止んだ。
チェンマイだけがこの気象状況ではない。遠くはインド北部、中国大陸、地球全体の
天候異変から起きる。地球環境、温暖化対策には国際的な協力が大だ。

○この季節は、チェンマイに居る日本人に、来る人、帰る人多くの人が動き活発になる。
チェンマイの繁華街にもこの時期、沢山の日本人を見る。この3ー4ヶ月間がチェンマイ居る
日本人が一番多く膨らむ季節だ。

昨年の12月半ばに来た2ヶ月間の滞在組は この2月半ばには日本に帰る事になる。
数回チェンマイに訪れた短期ステイャーも、最初は1ヶ月暮らしチェンマイの魅力に
駆られて次回の訪問時はそれではもの足らず、段々と滞在期間が長くなり最近は2ヶ月間の
滞在組が大変多くなった。

東京から最近来られたTさんは、日本の花粉に弱くこの時期にチェンマイに来て花粉の
飛び散りを避けて日本も温かくなる頃。  4月半ばに催されるチェンマイ3大祭りの一つ
『ソンクラーン(タイ正月)』別名、水掛祭りを充分楽しんでから、2ヶ月間のチェンマイ生活に
満足され日本に帰られる。

◎梅干し、梅酒は止め、チェンマイの果物から果実酒作り・・・。

ゴルフから帰ってきたら栄子が意気なり『飲んで、飲んで・・これ飲んで。』と、きた。
半年前から漬けていた『ライチー酒(果物、リンチー)』の、試飲だ。

もう、漬けてから半年になる。タイ食堂のワランさんが、栄子がライチー酒を漬けた時に
『栄子、何を作るのだ。』と、盛んに聞いてくる。
リンチーの皮を剥きガラス瓶に入れて、それに並々と焼酎を入れ氷砂糖をタップリ入れる。
ワランさんは栄子のやる果実酒作りを初めて見る様で、ワランさんは『日本人は、ガラス瓶に
果物に焼酎と砂糖を入れて何をするのだ。』と、驚いた様な顔をして見ている。

ワランさんも酒は大好きで日本の『缶酎ハイ』は、特に大好きだ。栄子が持っていくと
『アロイ、アロイ。(美味しい、美味しい)』と、言って土産はこれが好きだと言う。
栄子が『これから、ワランの好きな日本の酎ハイを作るのだ。』と、言うと顔がニッコリとした。

ガラス瓶にリンチーーと焼酎と氷砂糖を入れたら、直ぐに飲めると思いコップに一杯入れて
くれと言う。 栄子が『これを飲むのは、一年後だ。』と言うと、又ビックリ顔だ。

今日は、部屋の掃除をしてくれるポンさんが来ている。
私が帰る前に栄子とポンさんと二人でリンチー酒の試飲をしたあとの様だ。
試飲が余程美味しかったのか、ゴルフから帰ったら意気なり私に試飲を栄子が勧める。

ボンさんはリンチー酒があまり美味しいので、これ以上飲んだら仕事が出来ないと言う。
栄子が、ポンさんに『これを本当に飲むのは、今年の6月まで待ってからだ。』と、言うと
ワランさんと同じその言葉に驚いた。

昨日、栄子はワロロット市場に行きイチゴを買ってきた。このイチゴでイチゴ酒を作るのだと
張り切っている。
私がゴルフから帰ったら、シャワーを浴びる前に焼酎を買ってきて欲しいと言う。
早くしないとイチゴの鮮度が落ちてしまうので、早く早くと急かす。
シャワーを浴びる15分の遅れが、そんなに鮮度が落ちてしまうのかシャワーも浴びずに
何だか変な思いで急いで買いに行く。

チェンマイのイチゴは、日本のあの甘いイチゴと違い甘酸っぱい酸っぱさが勝っている。
イチゴも全部が堅く芯が随分大きい気がする。赤さだけは日本と同じで美味そうだ。
このイチゴは、どちらかと云うとイチゴ酒にするには向いているかも知れない。
一年後にどんな味で飲めるのか、今から楽しみに待つしかない。

次に作るのは、年中あるパイナップルでパイナップル酒が候補に上がっている。
今年も6月にタイのフルーツシーズンがやってくる。この時期に殆どのタイの果物が出る。
その中から果物を選び果実酒作りが、今から楽しみだ。
c0127933_10545395.jpg

(焼酎、リンチ酒一瓶、イチゴ酒二瓶。)

◎この頃とニュースから・・・。

●2月21日は、タイのカレンダーに数字が赤字で書いてある。21日が祝日は判るが
何の日かが判らない。
万仏節(マーカブーチャー)で祝日で有る事が、このニュースを見て判った。
タイのカレンダーを見ると日日を赤字で書いた祝日が何日も有るが、日本より祝日総数は
少なく思う。
タイ人社会の中でその祝日を完全に休める人は、ほんの一握りの様うだ。
只、今日は仏教行事でタイ人は、お寺に行き『タンブン。(徳を積む。)』をする。

ゴルフ場も祝日では有るが、日本と同じ営業をする。ところが今日はいつもの祝日とは
少し違いプレーヤーの数が少ない。 タイ人は大概、この祝日だけはお寺に参る。
キャデイーも仕事が終わったら、急いで家に帰り寺にタンブンに行くと言っていた。

21日、タイは万仏節の祝日
2008/2/21 (03:02)| ヘッドライン 社会

【タイ】タイは21日、万仏節(マーカブーチャー)で祝日となる。 在日本タイ大使館のホームページによると、万仏節は「陰暦3月の満月の日に釈迦が
ウェールワン寺院を訪れた際、悟りの境地に達した1250人の弟子が偶然一堂に会したと
いう奇跡的な出来事を祝う日」。タイでは人々が寺で説法を聞き、手にロウソクを持って
本堂や仏道を3巡する。

●今日友達と歓談していたらチェンマイ県で以前虎が出て民家を襲ったと云う話が出た。
チェンマイも西の方面になると、かなり山も高く険しく街道沿いには民家が有るか、その奥の
山の中はどうなっているのか、今でも虎が出る様な自然の様相はある。
それでもチェンマイ県で虎が出るなど、とても今までは信じられなかった。
下記の記事を思い出し、この事件でチェンマイにも本当に虎が出る事を信じた。

◎メコン川沿いでトラ、ヒョウ肉押収
2008/1/31 (02:58)| ヘッドライン 社会

【タイ】タイ東北部ナコンパノム県のメコン川沿いで29日未明、タイ海軍の警備艇が、
密輸業者とみられる複数の男がセンザンコウなどをトラックから船に積み替えている
現場を発見し、トラ6頭、ヒョウ3頭、ウンピョウ2頭の切断された死体とセンザンコウ275匹を
押収した。 密輸容疑者はラオス側など逃亡した。

 トラ、ヒョウは食材や漢方薬の原料として中国で需要が強い。タイでは私営動物園で
多数のトラが飼育され、トラの対中国密輸のうわさが絶えない。ただ、今回押収されたのは
野生トラの可能性があるという。
              今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-02-23 10:55
◎この頃と天気・・・。

○19日(月)、朝7:00になっても、どうも明るさが薄い。今日は曇り日の様だ。
朝の室内で少し肌寒さを感じる。この頃にない、またベストを羽織る事になる。
室内温度計を見たら25度を指している。この冷え込み方では昼間、晴れてくるだろう。
朝9:00頃、部屋の中にぱぁーと明かりが差し込んだ。雲間から太陽がキラと覗く。
あまりの綺麗さに思わずカメラを探すが気持が焦る。
c0127933_9504037.jpg

(19日、朝9:00頃雲間から太陽が差す。)
昼頃になっても、なかなか空に明るさがこない。この季節に起きるチェンマイの特徴だ。
ドイ、ステープが靄の中に霞んで薄っすらと見える程度だ。
その霞では照る太陽の日差しも弱い。外を出歩くにはアカ、デイー(良い天気。)だ。
昼からセンターン(チェンマイの百貨店。)に、買い物に行く事になるが、この日差しなら
歩いて約20分、なんの抵抗なしに歩いていける。
c0127933_9511876.jpg

(昼12:00頃、靄の中のドイ、ステープ(左山頂)と連山。)

◎手作りハガキで送る国際郵便・・・。

最近は、ハガキに筆を持ち手書きをしてポストから出す事をすっかり忘れてしまった。
年賀状もメール発信で、日常の伝言のやり取りもメールで全部処理してしまう。

最近は相手の住所も聞く事なく、直ぐに『貴方のメール番号を教えて下さい。』と、なる。
私達の同世代の人達も最近は誰もが、各自のメールアドレスを持った生活に入っている。
『いやー、私はメールアドレスがないよ・・・。』と、言えない時代だ。

最近、栄子が始めたのはチェンマイから出す発信にメールと手作りハガキの両方を使う。
急ぎを求めるものにはメールを使い、日常の生活状況を伝える物にはハガキを送る。

ネットでメールに打ち込んだ平面体の活字文字も最初の頃、習い始めには新鮮さも有るが、
見慣れてしまうとあまり温かさのないものだ。
ハガキに一生懸命、自分で書いた下手なドジョウ文字も充分に温さを感じる。

栄子は日頃、手作りハガキを自分で撮った写真を題材にしてカラーでハガキを作り、
それに文章を書いて出す。
チェンマイの亜熱帯地方に咲く花々、自分が手作りした手芸作品、旅行で見た民族衣装、
景色、近所の散歩で見た様々なチェンマイの光景等を写真に撮る。
c0127933_9521061.jpg

(手作りハガキの一例。)
チェンマイから、エァーメールで日本に出すと5ー6ヶ日間で日本に着く。
一枚が12Bー15Bの切手を貼って出す。
ハガキの値段に何故か3Bの幅が有って、郵便局に行った時にプーさんに通訳してもらい
聞いたが、その局員の説明が私達の聞きたい事に応えない。知らないのだろうか・・。
タイは、随分と肝心な事が判らない事が起きる。聞く方の聞き方が悪いと思う方が良い。

ニマンヘミン通りのポストに『じいじ便り。』を、ハガキに書いて東京、名古屋の孫達に
書いて投函した。もう、3週間になるが無事着いたかどうか・・心配もする。。
チェンマイから、手ハガキが着いて日本の二組共に、驚いているのだろう・・。
又、楽しみが増えた。

◎この頃のタイニュースから・・・。

●日本等も、こんな事が有るのだろうか。1月29日付けタイで見るニュースで、こんな記事を
見る事が有りビックリしている。
政府が絡んでいるだけに、何故だろうと疑問が出てしまう。

心情的には、高価な治療薬を購入では大衆人の治療には使えなくなるし、難病治療には
必要過ぎる程必要な治療薬でもあり、手頃に手に入り患者の為に何とかしてやりたい。

研究の為の現高額投資、今後進めるべき薬品研究の為の高額投資等、これでは知的
財産権保護は、どうなってしまうのか・・・。

タイ、がん治療薬4種のコピー薬導入へ
2008/1/29 (01:06)| related_medical 主要ニュース 政治


【タイ】任期切れ間近のタイのスラユット暫定政府が、4種類のがん治療薬に対し強制実施権
(国が公益上の必要性などから特許権の実施を第3者に付与する権限)を発動し、ライセンス
契約なしで製造された安価なコピー薬の導入を認めたことが明らかになった。タイ保健省は
事実を認めたものの、「対象となる薬を製造している製薬会社や当該国の政府から批判を
受けるため、薬品名は公表しない」としている。

 同省は昨年9月の段階で、がん治療薬のイマチニブ、ドセタキセル、エルロチニブ、レトロ
ゾールについて強制実施権発動を検討中としていた。

 タイ政府はすでに、エイズ治療薬のエファビレンツとロピナビル、抗血栓薬クロピドグレルに
対し強制実施権を発動し、欧米の製薬大手と対立している。
                                      今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-02-20 09:53
◎この頃と天気・・・。

○この10ヶ日間位の間にチェンマイの気候は大きく変化をしてきた。
1月のあの寒さからすると昼、夜でも一辺に2度位は、暑くなって来ている。
昼間の室内温度も29度位になってきた。それでも室内が良く乾燥しているので丁度の
爽やかさだ。

夕方、日の落ちるのも幾らか遅くなってきいてる気がする。6時30分でも明るさがまだある。
これからは、朝の日の出も徐々に早くなり人の動きもそれに徒もない早くなっていくだろう。

1月に降ったあの雨は何だったのだろうか、この頃はそんな面影はない晴天続きだ。
それに伴い濃い靄が出るのが多くなってきた。昼間でも靄っているので排気公害と
勘違いをしてしまう程だ。
今年は、昨年の野焼き騒動も有りさすがにドイ、ステープの山から煙が立ち上る事は
ない。

◎年に一度のランナーゴルフ場のパテイーの開催・・・。

毎年、この時期にランナーゴルフ場が会員を集めてゴルフとパテイーが開かれる。
会費が一人800Bでの有料で希望者を募っての事だ。
スタートがショットガン方式でNO1ーNO18ホールに二組づつ予めいて、それが
ショットガンの音と同時にスタートとなる。全ホール午前、午後の部に分かれて廻る。
その日一日で360名が一同にブレーする事になる。

その800Bには、ゴルフ場の記念マークの入った半袖シャッをもらい、朝の軽食付き
茶店で使用する金権100Bも付いている。勿論、プレー代も含まれている。
プレーが終わって上がってくると、くじ引きが用意されていて個々に色々な品物が当たる。
広場には昼食を取る食堂が作られていて、そこで自由に好きな物が食べられる。
c0127933_19292635.jpg

(ランナーゴルフ場のパテイー会場。)
夕方からパテイーが始まり会員の奥様方の同伴も良く、酒から料理まで全てがOKだ。
パテイーと今日のプレーの表彰を兼ねたもので、オフシャルハンデを持った会員が表彰を
受ける。
私達は、オフシャルを持つていない(日本人は取っていないと聞く。)ので表彰の対象外だ。
ニアピン賞とドラコン賞は参加者全員に権利が有るが、賞を受ける日本人はいなかった。

再び抽選がありテレビやDVD等、大物の品物のくじ引きがある。
小箱のには参加者全員の名前の入った紙が有り、その名前の紙を引き上げれば当たりに
なるが、今年は日本人の当たりが2ー3名で少なかった。
余興で大画面には今日の参加者のプレー等、色々な場面の写真が大きく写し出されて
自分達の仲間が出ると大笑いで、またまた話が弾む。

ゴルフ仲間や栄子も参加して、料理も食べて酒も飲んでほろ酔い気分での解散だ。
チェンマイに来て毎年、このゴルフ場のコンペに参加出来るとは本当に楽しい事だ。

〇タイのドラゴン賞とニァピン賞のやり方・・・。
 ●タイのドラゴン賞
   タイのドラゴン賞は150ヤード位行ったところから、ヘァーウエイーの真ん中に
   太めのロープが張って有りドラゴンの権利は、そのロープに寄り近く寄り次には距離の
   出ている人に権利が生まれる。
   日本の様に、ヘァーウエイーの内ならば一番飛んだ人に権利が生まれるのとは違う。
   亜熱帯で芝の生えが早く、ラフとヘァーウエイーの境が判別しにくい為と思われる。
 ●ニァピン賞
  予めカップの廻りに直径6M位の円が書かれていてその中に入らないと権利が出ない。
   その円周内でカップに一番近い人に権利が生まれる。
  日本の様に、第一条件がグリーン上に乗るのではなく、円周内に入る事が第一になる。

◎電化製品の修理・・・。

チェンマイで長く生活していると電化製品も何かと壊れる物が出てくる。
修理する所は、このブログでも以前に紹介した事がある。
言葉が出来ないので修理に持って行くにもなかなか行けない。そんなことをしている内に
4点も修理する物が堪ってしまいプーさんの友人に同行を依頼する。

場所はセンターンを通り越して、その先の交差点も通り過ぎ行くと左側にコンピューター
センターがある。
二軒ある店の真ん中の道を左に回り20M位は入った左側にコンクリートの階段があり
4ー5段昇ると其処に店の名前は『アーモン』がある。
日本の電化製品のメーカーは全て直せる様だ。世界の有名品等、全て電化製品は直せる。

4点も修理するのに通訳も自分が使用した事のない電化製品の説明をする事になる。
1点目は、タイで購入したDVDで、30分位見ると画面が進まなくなる。
2点目は、日本で購入したカシオの電子辞書が、新しい電池に替えても画面が写らない。
3点目は、タイで購入した電熱器が、温度上昇途中で温度が上がらなくなってしまう。
4点目は、変圧器100V→220Vの使用ランプが、点なくなり使用するのか怖くて使えない。
c0127933_19304365.jpg

(4点修理品。)
2週間もしたら全部修理が出来たので、プーさんの友人のポーンさんが引き取りに行って
くれた。
全部が修理できるか心配していたら全部直ったと言う。 こんな嬉しい事はない。
日本では最近、電化品を修理をして使う事が少なくなってしまった。

ポーンさんが修理費総額が1350B(約4050円)と言う。
領収書には一点一点の明細が付いている。 ビックリする位安い修理費で直ってしまった。
前回の時にも、パン焼き機等の修理費も安かった。
改めて日本の修理費が、どうなっているのかが知りたくなる。

只、言葉が判らないので何処が悪くて、何処を直したかが判らないのが残念だ。
通訳に聞いても修理屋は、修理箇所を色々説明しているだうが、此方に伝わらないだけだと
思う。
ところが、修理箇所が再発した場合には一年間の保証付きだと通訳が言う。
電化製品は、タイに来て壊れたら修理をして使う事を改めて、又、知らされた。
修理屋には色々な大物から小物の電化製品が山と積まれている。

◎最近のタイニュースから・・・。

今日(17日付け)のタイニュースで下記の記事が載っていた。
中国の餃子事件で日本は、大揺れに揺れいてるがタイ産のバナナがこんな問題を
起こした。
日本への輸入バナナは検査で判るが、タイで生活して日常食べているバナナは
どうなっているのだろうか。

年に何回か激しい下痢になる事が有る。そんな時には陰に隠れた物が悪さをしていない
だろうか、何だか考えさせられる。
タイも近隣諸国から食べる物の輸入品が沢山ある。タイ国内品、輸入品の食品検査は
厳重にして欲しいものだ。

●タイ産バナナ、日本で基準値超える殺虫剤検出2008/2/16 (19:00)| 主要ニュース 社会
【タイ】厚生労働省は15日、タイ産バナナから基準値を3―6倍上回る殺虫剤の
「シペルメトリン」が検出されたとして、食品衛生法に基づく検査命令を出した。
輸出業者はタイのサイアム・フーズ・エクスプレス(タイランド)社とMRプログレス社で、
検査に合格するまで、輸入手続きが停止される。
 2007年1月1日―2008年2月13日のタイ産バナナ輸入は2345トン(届出ベース)で、
検査件数は99回、違反件数は2回だった。
              ・・・・ 今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-02-17 19:33
◎この頃と天気・・・。

27(日)、朝から曇っている。1月に、こんな曇りは珍しい。
この時期は、霞こそ出て空の見通しの悪いような時も有るが雲が出て曇ってしまう事は
4年居て初めてのことだ。 この日は、少し青空が覗いて1日が暮れていった。

翌日28日(月)、朝方、なかなか明るくなってこない。東の空には厚めの雲が浮いている。
気温も暖かく蒸し暑ささえ感じる日だ。そよそよと吹く風も蒸し暑い風だ。
ドイ、ステープも厚い雲の中で見ることは出来ない。
案の定、朝10時頃雨がパラパラし始めた。この時期に雨を経験するのは4年間で
初めての事だ。
c0127933_17335328.jpg

(1月28日 雨降るチェンマイ 雲の中のドイの連山。)
チェンマイの天気予報を見ると、今週木曜日まで雨が降るような予報が出ている。
この4年間だけでもチェンマイの気候にも大きな変化が出ているような気がする。

タイが野焼きをなくす事は、温暖化防止で世界が取り組むCO2低減への大きな貢献にも
なるし大気汚染の根源も絶つ事が出来る。 自動車の排気対策が今後の大きな課題に
なっていく。 自然環境に戻す為にも一人一人の協力が大だ。

29日(火)、早朝ゴルフの途中、突然濃いめの靄が見る見る立ち込めてきた。
靄がヘァーウエイーに流れて来て15ー20分位ガスていたか、前の組が見えない程の
靄が降りてこんな事も、初めての経験をした。
この頃は、池から立ち込める多めの靄は早朝に良く見る光景だ。
その後、青空には少し多めの綿雲が出ていて今日は雨が降る天気ではない。

○タイニュースでこんな記事が出た。バンコクの冠水が写真入りで載っていた。
チェンマイでも雨が降って驚いたがバンコクではかなりの大雨でやっぱり異常気象だ。

●バンコクで大雨   2008/1/30 (16:40)| タイニュース 社会
30日朝、バンコクで大雨が降り、アソーク通りなど一部の主要道路が冠水した。
タイ気象局は31日のバンコクの降水確率を20―40%としている
バンコクでも、この時期に大雨が降り大々的なニュースになっている。
以上新聞記事。
チエンマイは31日(金)、朝からザァーザァーと雨降りになり三時頃まて降った。

○下院議員の選挙が昨年末に終わり、今年3月の上院議員選挙で正常な議会政治が
始まる。 タイの上院選が3月2日に決まった。

全国で505人が立候補を届け出を出したそうだ。
日本の国会議員の選び方と違い、タイの選挙方法は下記の方法で上院議員が選ばれる。

タイの上院議員の当選は、各県1名で76県有るので76名が投票で選挙合格する。
その他は74議席は、各職能集団から推薦を受けた候補者から同日に任命される。
上院の議席150席はこうして決まる。

どの様な結果となるのか政治の安定を望む。チェンマイ県は、一名に対し18名が
立候補しているそうだ。

◎コンドのマネジャー(女の人。)宅のパテイー・・・。

コンドの住人を毎年、新年にマネジャー宅に招待して食事会を開く事が恒例になっている。
参加する日本の婦人達が、マネジャー宅に出向き日本食を準備するも恒例の一つだ。
これもマネジャーを始めタイ人が、日本食を食べたいと云う要望事から始まっている。

場所はメイジョー方面の高級ムバーン(一戸建て集合住宅。)の中にある一軒だ。
二棟を一戸にした庭の中にも池があり、夜にはライトアップする設備も用意されている。
その夜も綺麗にライトアップされていた。
建家の面積も広すぎる程だ。 住み込みのでのお手伝いが、2ー3名は居るようだ。
c0127933_1736166.jpg

(道路から見る家。)
部屋数も多くパテイーが出来る程の大きな部屋も有り、優雅な生活をかいま見る。
この家のオーナー自身、バンコク方面で事業を4ー5社営んでいる共も聞く。
部屋置きの装飾品も部屋、部屋に違った種類の物が多点置かれていて、目を見張る物が
数多く有る。
c0127933_17373054.jpg

(ペルシャ風を思わせる装飾品の一品。)
私達、日本人が19名。タイ人はコンドの各部屋のオーナー等10名。総勢で29名だ。
29名からが部屋に入っても部屋の広さに違和感のない程の広い部屋だ。

29名からの食事の準備で1グループは昼からマネジャーと日本食の食材を買いに行き、
もう一つのグループは、自宅で『おでん』等を用意をしてマネジャー宅で二グループが
合流して今日の日本料理を作る。
『刺身』『天ぷら』『うどん』『おでん』等、今日は自分で握る『手巻き寿司』でいく事になつた。
c0127933_17401151.jpg

(パテイーての食事)
タイ人も今までに『手巻き寿司』の経験はないと思い、海苔に自分で具を入れ巻くのが
面白いと決めたが、具を入れ巻くのがタイ人には面倒の様で口に入れても食べずらく
失敗の様だった。
『天ぷら』『うどん『おでん』等には、タイ人にも人気があり全部食べてしまった。

皆、タイ語が出来ないので、今年はプーさん、セキサンに通訳を頼み日本人の自己紹介も
出来、昨年よりもはるかにタイ人と内とけたパテイーの運びとなった。

タイの音楽でタイ人、日本人数組のダンスも時間と共に始まり、そのあとに全員で輪に
なって日本の盆踊りの様な踊りをタイ人から教えてもらい一緒に大きな輪になって
楽しく踊った。

最後に個人で持ち寄つてきたプレゼントの交換を、日本人とタイ人が全員で取り交わし
時間の経つのも忘れて、楽しい夜を過して夜10時にお暇する事になつた。

来年も、又、開催の約束をして小さな小さな日タイ親善が出来た事に、皆、大喜びだった。

◎鶏一匹、炭火の開き焼き・・・。

タイで売られている鶏の一匹焼きには二種類が有るようだ。
一つは鶏の臓物だけを出して丸々したままで、真ん中に鉄串差しを差し電気炉で焼く。
何社かのチェーン店が有るようで街の中で、各社マークが違って屋台で売られている。
(以前、このブログに写真入りで紹介した事がある。)

もう一つは、臓物も全部出して真ん中で割り両側に開き串を刺して炭火で焼いている。
炭火で時間を掛けて焼いているので、鶏の脂が抜けてどちらかと云うとサッパリした味の
出来上がりだ。
今日は鶏を真ん中で開いた炭火焼きを紹介する。
c0127933_17414276.jpg

(鶏の開き焼き。)
この炭火の開き焼きは、チェーン店ではなくその店のみの独特の物だ。
この店は、ミマンへミン通りの東を通るシリマンカタジャン通りで、この道はステープ
通りとホイケオ通りを結んでいる中道で、その途中にグリーンホテルが有る。
そのホテルの北側を20M位入った所にあり、店の名前は有るだろうが判らない。

只、朝10時前から店先で鶏を焼き始めて、午後は焼き鶏がなくなれば終わるので
3時ー4時位までは煙を出して焼いているのでその店は直ぐに判る。
昼時は有名な店だけに直ぐに満員になり、行くなら時間をずらした方が賢明かも知れない。
その店で食べなくても持ち帰りが出来るので、時々、頼んでは持ち帰って来る。

焼き鶏以外はタイ料理の店で此処に来る客は、やはり焼き鳥が目当ての客が多い。
焼き鳥一匹の値段は100Bで数ヶ月前は85B、此処に来て値上がりしている。
勿論、半分でも売ってくれる。その場で小さく切ってくれるので食べやすい。

店で食べている人達は、焼き鳥にソムタム(タイ風サラダ)に、もち米(キー、カオ)を頼む
客が一般的に多い。その食べ方が一番美味しい食べ方だと思う。それらも持ち帰れる。
焼き鳥一匹頼み、ソムタム二皿、もち米は人数分頼べば3ー4人は充分食べれる。
炭火で焼いてあるので、電気炉の丸焼きとは味が違い鶏好きには堪らなく美味しいものだ。

今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-02-03 17:42