定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

◎この頃と天気・・・。

○24日(月)、今日も快晴だ。友人のIさんとソンテイ(乗り合いタクシー )で、早朝
ゴルフにランナーGIに行く。
ベストを着ているが、それでも寒い。これからは長袖がいる。

冷え込みも以前に戻っている様だ。ゴルフ場の池からは朝もやが立ち昇りキャディーも
スワイスワイ(きれい、きれい)を連呼する。吐く息が白くなるのも、何度もやって見せて
くれる。  チェンマイは、この時期しか見えない。
私達には、そんな事は余り珍しく感じないが一生懸命息を吐いて見せてくれた。

この時期は木陰に入るとスぅーとする位で気持ちが良い。この地方にはハンモックが合う。
日本の木陰では、まだまだ蒸し暑くハンモックを吊るし昼寝するに熟睡度が薄い気がする。
それが此方の木陰ではハンモックでも吊るしたら、気持ち良く寝れると想像する。

○この時期は、早朝ゴルフへ行く時間と托鉢僧の時間が合うのか薄暗い中でよくみかける。
托鉢僧は皆裸足だ。数人が列をなしている。
庶民は『タンブン(徳を積む。)』で、鉢の中に物を入れる。入れたあとに托鉢僧の足元に
ひれ伏してお経を受ける。  まだ薄暗さの中での出来事で、見ている方も心が静まる。

◎二週連続でターぺー門(サンデーマーケット)・・・・・。

この頃、日本人の短期ステイーの方々の来チエンマイが多くなってきた。
寒い日本から脱出して、暖かく気候の良いチェンマイで2ー3ヶ月過ごされる方々だ。

今日は、最近来られた大阪のHさん夫婦も、その一組でターぺー門で夕飯を食べてから
そのあとにサンデーマーケットを散策するコースだ。

夕食を何処で食べようか。先週は日本食の『サクラ』で食べた。
この様な時は、食べる店を自分達で店を選択することになる。
今日は、タイ食にする事にした。

皆でターぺー門に6時30分に集合する事になり、私達もソンテイーでその時間に行く。
先日と同じターぺー門広場は『王様、生誕80周年記念』でコム、ファイが灯されている。
昨年はなかったので記念行事での催しだ。
c0127933_16101457.jpg

(ターぺー門広場の『王様、生誕80周年記念』の催しとコム、ファイ。)

今日のタイレストランは、ターぺー門からナラワット橋に向けてターぺー道りがはしる。
ターぺー門を背にして歩く事50M位行った所の左側に、その店が有る。
店の向かい側には大きめのブッパラーム寺があり、店の外にも数席座るガレージ席もある。
店の名前はタイレストラン『ラッタナ』と言う。北タイ料理も大体揃っている。
c0127933_16111762.jpg

(ターぺー門のタイレストラン『ラッタナ』)

タイ料理の値段も一品が、7ー80Bとお値打ち感がする。
場所も一等地に有り行きやすくターぺー門付近に行った折りには、チョット寄りたい店だ。

◎ワラン家族と一日遅れのクリスマス(メーピンホテルの食事)・・・・・。

26日(水) 前々からクリスマスは、皆で一緒に食事をしようと約束がしてあった。
ニンプさんが前日メーサリアンの工場から帰り、今日は予定通り一緒に行ける。
旦那の予定と子供の学校行事で約束はしても当日に変更になる事もある。

やっぱり、ホテルで食事となると女性のワランさんを始め着て行く物には気を使う。
ワランさんの娘のマーミヤンもマバーン久し振りのホテルの食事で綺麗に着飾って嬉し
そうだ。
店を閉めずの出発で夕方6時にコンドの受付で待ち合わせたが時間が合わずに6時30分の
出発となった。

場所はメーピンホテルの『しゃぶしゃぶ』を、食べることになり総勢6名で出かけた。
メーピンホテルはチェンマイでは有名で、特に日本人には余りに有名だ。テレサ、テンが
亡くなったホテルだ。
c0127933_16171642.jpg

(メーピンホテルの『しゃぶしゃぶ』レストラン入口。)

ホテルに7時前の到着でメーピンホテルの『しゃぶしゃぶ』が、混み合っていて20分
待ちを言われる。私達が日頃利用するときは、これ程の混雑は知らない。
年末休みを利用した旅行者や、短期ステイヤーが多く来ているので、この混みようか
と思う。
最近になく驚くのは、この『しゃぶしゃぶ』料理のお客さんが、大半に近くが韓国人だ。
ロビーにしても韓国人が多く、このホテルの利用者は半数近くが韓国人と思われる。

私が4年前に来た当時は、メーピンホテルの利用者の中には韓国人は少なくファラン
(西欧人)と日本人が大半で有った。 時と共に世界の人の流れも変わっていく。
c0127933_16174930.jpg

(メーピンホテルのロビーでの飾り。)

タイ人は、タイ好きが大好きだ。日本の『しゃぶしゃぶ』とはチョット違うが、これも
タイ人が 言うタイ好きと同じでワラン家族も腹一杯 食べて大満足だ。
一般的なタイ家庭では、ホテルで食事することはないだけにこんな機会は嬉しい事だ。

◎29日の餅つき・・・・・。

日本は29日には、苦(九)餅と言って餅を搗(つ)かないところもある。
タイの数字の9は、日本の7、8と同じで良い数字とされている。
此処はタイだから 郷に入らば郷に従うで29日に皆で餅つきをする事になった。

日本人数人で日本から持ってきた餅つき機で餅つき大会となつた。
旦那同伴で、男共は餅が付けるまでは飲み会となる。
搗けた餅が出来ると、大福餅にしたりあんこ餅にしたり大根を下ろして食べる。
人数が多く居るのでつきたての餅も、つい皆で良く手が出て多く食べる事が出来た。

時が経つに連れて、餅つきが主か飲み会が主なのか、鍋も炊きあがり判らなくなってくる。
日頃、余り会う事のない男共も、酒の入り量で話もはずむ。餅つきも終わり今度は女子も
加わり食事会となる。 夜も更けて8時頃に、つきたての餅を持ってお開きとなる。

タイで搗くつきたての餅も、何故か直ぐに硬くなる。乾燥しているせいか、餅米のせいかは
判らない。 出来たての餅は素早くのばしたり丸めて仕舞わなくてはならない。
つきたてだけ有って美味しく食べられる。
c0127933_16185842.jpg

(つきたての餅。)

皆が帰ったあとに、ワラン家族がつきたての餅と鍋料理を食べにやって来た。
ワランさんの友達の家族も一緒に付いて来て、つきたての餅を食べたいと言う。
店が閉まるのを待っての事で、どうしても遅くなる。時計は、もう9時を指している。
マーミヤンは、餅にごまの付いたのが美味しいと言って幾つも食べる。
日本から持ってきた小豆が美味しいのか、皆があんころ餅や大福もよく食べる。

栄子やワランさんも一緒に飲み会に入り、気が付いたら11時になっている。
ついた餅もワランさん一家にも、お裾分けをし持って帰って行った。
                    今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-30 16:13
◎この頃と天気・・・。

○19日(水)、20日(木)は昼も夜も気温が下がった。昼、夜とも2ー3度は低い。
こんなに温度差が出ると、体調が弱っている人には体に応える事だろう。
チェンマイも先日まで風邪が流行っていたが、これで又盛り返してしまう。

22日(土)も快晴で夜が明けた。
黒めの青さに明けの明星が輝き、山頂にはうっすらと赤みが出てわずかな時間だが
今日も自然絵を見せてくれた。
毎朝、全部の窓を開け放つ時に東の空を見るのが好きだ。夜明けには、明るい希望がある。

○22日(土)。今日は朝から工事現場の音がしない。先日来、久し振りに静かだ。
何時も朝は、数回予鈴のベルが時間で鳴るがそれも今日はない。 
静か過ぎて工事現場に何か有ったのか、何故か気になるから変なものだ。
3カ所ある工事現場全部から何の音もない。どの飯場にも人が、かなり少ない。

そうだ、明日は総選挙の日で今日から、作業は連休になっているようだ。
24日月曜日も臨時の休みと国が連休にすると、決めた事を思い出した。

タイの選挙権は、本籍にあると聞いた事がある。
選挙をする人は、本籍まで帰らないと出来ないので、バンコクもチェンマイも街の中の
人が少なくなるそうだ。 帰郷の為に周辺の道路が、大渋滞を起こすとも聞いた。
22日(土)の夕方から、酒の販売が議禁止されるので飲み屋や食堂で酒が飲めなくなる。

○日本からクリスマスプレゼント(郵便小包、宝箱)が、着いた。いつもながら嬉しい。
栄子が、まだ、部屋に帰っていないので包を開けることが出来ない。
子供の頃と同じで歳が幾つになっても、こんな機会には早く封が開けたくなる。
 
クリスマスプレゼントの『宝箱』が、着いているので栄子の顔はニコニコにゆるむ。
部屋に戻るなり何をする事もなく直ぐに開封作業に入る。こんな時は、子供にかえる。
日本に居る時から愛読していた本。超大好きなDVD、CDが出てくる。
これが出てくると、手が止まり先に進まない。一点一点に嬉しい・・・の連呼が始まる。
今度は、私好みのコーヒー、それもクリスマス、バージョンのコーヒーが出てくる。
沢山、大好きなお菓子も入っている。
この時ばかりは何が出てくるか、じいじもばあばも『宝箱』の中に集中して大はしゃぎだ。

郵便小包の外封が開けられている。  これは、仕方のないことでいつもの事だ。
ただ、気になったのが、アラレの袋の封が一つだけ開けて合った。
外からも中身が良く見えるのにもかかわらず、食べる物だけに開封は困ったものだ。
c0127933_15385770.jpg

(日本から着いたクリスマスプレゼントの『宝箱』。)

18日(火)日本発送で21日(金)の到着。本当に早く着く。重量6410g、送料7800円
掛かる。

○21日(金)、友達から電話が入りニマンへミン通りに韓国料理店が数ヶ月前に出来たが、
もう食べに行ったかと言う電話だ。
まだ、行っていないと返事をしたら、今日の夕飯をそこで食べようと云う事になった。

場所は、ニマンへミン通りに日本料理の『大吉』がある。
アマリリンカムホテルを背にして、その角を左に廻り30M位入った左側に所にある。
看板が頭上にあり良くわかる。
c0127933_15401195.jpg

(『韓国レストラン』)

店の名前は 『韓国レストラン』と云う。
焼肉はないが『ビビンバ』を始めそこそこの韓国料理が揃っている。味も合う。
値段も一品が100B前後で、味も良く韓国人やタイ人、ファランも入っている。

ビルの1Fが韓国レストラン店で、そのビルは5ー6階建てで全部室貸し部屋だそうだ。
借りている人達も、韓国人が大半と聞く。通称、韓国ハウス共言う。

ニマンへミン通りは『大韓航空』の事務所が出来た。ヒルサイド4には『韓国領事館』と
この近辺には、韓国の進出が目立つ。チェンマイとソウルの直航便も出来て益々だ。

◎我が家のクリスマスツリー・・・。

今年もクリスマスがやって来た。チェンマイは、例年よりもクリスマスムードがやや静かな
様に感ずる。 総選挙をひえている為だろうか。
日本は、12月入るとクリスマスムード一色になり、何処にいても『ジングルベル』だ。
その点、タイは仏教国で日本の様にクリスマスムード一色にはならないが、それでも所々で
ツリーも出て、小さめながら音楽もかかり少しは、そのムードもでてくる。
 
例年の事、今年もアマリリンカムホテルの玄関の上には、大きなツリーが飾られている。

例年、新年の飾り付けとクリスマスの飾り付けを一緒にやるが、今年はそれさえ数少ない。
新年になってもクリスマスの飾り付けが、そのまま残って新年を向かえる事を気にしない。
日本では、新年から不謹慎と何処からか、お叱りの声が大きく飛んでくる。

例年、我が家の部屋にもクリスマスがやってくる。
今年は、我が家にもチョット寂しい出来事がある。 
ツリーへの飾り付けにマーミヤンがやって来ない。昨年も栄子と楽しく飾ってくれた。
今年も来るだうと思い小さなツリーを一つ買い増した。
c0127933_15535214.jpg

(部屋のクリスマス飾り。)

もう、飽きてしまったのか、何故か反応が薄くて栄子が一人だけで飾り付ける事になつた。
日本のお雛祭りにしても、このツリーにしても子供と一緒に飾ることが一番楽しい。

我が家の部屋は、コンドの7偕で道路下から点滅するツリーが窓先に良く見える。
夜、マーミヤンとコンドに一緒に帰る時に下からツリーが見えると、それを見て綺麗・・と言う。
 
今年のクリスマスはワラン家族と一緒に、あるホテルで食事をする約束がしてある。

                                        今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-23 15:43
◎この頃と天気・・・。

〇16日(日)最近になく珍しく雲の多い朝となった。7時30分になるが太陽は、まだ
顔も出さない。こんな日は、気持も何かしら重くなる。
雲が多い割には気温の方は、平常で朝方は冷え込んだ。7時30分室内温度で23度だ。

ドイ、ステープの随分山の上の方に雲もあり、今日は小雨すら降る事はないだう。
何時もゴルフ場のキャデイーが言うアカ、デイー(良い天気。)に今日は当たる。
雲に太陽が遮られて直接太陽が照り付けないので、昼間は何時もと違い涼しくなるだろう。

〇乾期に入り果物が余り美味しくなくなった。
雨季の時には、マンゴー、リンチー、ドリアン等次々と美味しい果物が多く出てくる。
タイに来てこの美味しい果物が安くて沢山食べられるのも、チェンマイの魅力の一つだ。

屋台の果物売りのガラスケースも年中あるパイナップルとスイカが、この時期大きな場所を
占めている。
これらの果物も何だか、雨季の時より甘さも水分も少なく感じる。
この時期はグァバ(?)ではないか、堅めのリンゴの様で甘みの少ない果物が出ている。
その果物に砂糖と粉赤唐辛子を少し混ぜ合わせた物を付けて食べる。
タイ人は好むが、この混ぜ合わせの粉を付けるのは好き嫌いが出る。
c0127933_23263893.jpg

(街の中の屋台の青マンゴー専門、20B。これも砂糖と粉赤唐辛子を付ける。)

屋台の果物売りにも人気、不人気店が有り、プーさん等は店の選択をする。
ワザワザ近くで売る屋台が有っても、車を飛ばし自分の好きな果物屋台に行って買う。
人気のある屋台の果物店には、学生など下校時間になると大勢の学生が集まり買っている。
ビニールの小袋に一袋で10Bだ。
氷で長時間冷やしてあるので、何時食べても冷たくて口当たりも良く美味しいものだ。
暑い時間での下校だけに食べたくもなる。

〇チェンマイ大学の総敷地はどれぐらい有るのかニマンへミン通りを挟んで東側に大学の
講堂がある。講堂と大きな公園を有して折り、これだけでもかなりの敷地になる。
この講堂も皇室を迎えての盛大な卒業式、先日等も北タイの農産物物産展が有った。
公園には運動用のトラックまで有り、早朝から運動する庶民が大勢集まる。
其処から西に運河通りを跨いでドイ、連山の山の麓まで大学の敷地になっている。

ニマンへミン通りに面したところに大きな敷地を持った農学部の畑がある。
其処から見る山の山頂にドイ、ステープが少し小さ過ぎるが良く見える。
季節を通し畑の野菜、米等様々と変り、季節を通しそこから見る景色には飽きが来ない。

c0127933_23282812.jpg

(チェンマイ大学農学部の畑から見るドイ、ステープ。山の裾まで大学の敷地になる。)

◎日タイ修好120周年記念行事のチェンマイ最終催し・・・。

昨年は、『国王即位60周年記念』で、色々な行事がチェンマイでもあった。
昨年11月から今年の1月までは『チェンマイ花博』の三ヶ月間での行事が催され、今年に
入り『日、タイ修好120周年記念』と、二年連続の行事で忙しく賑わった。

その色々な行事の催しも12月が最後になり『サーオ、チェンマイ(チェンマイ娘)が、見た
北タイの中の日本』が、チェンマイ大学美術館で12月4日ー16日間開催された。
同館の2Fでは『身近な日本文化展』も同時開催となった。この文化展もワンフロァーに
書道展、絵手紙展、写真展、水彩画が展示された。

c0127933_23305721.jpg

(チェンマイ美術館の展示場。)
『サーオ、チェンマイ・・・。』は、30分のビデオ上映会で内容は、チェンマイ大学の
日本語学科のタイ人女子学生と日本人留学生が、日本にゆかりの有る場所を訪ねて
北タイの中の『昔と今の日本』を体験する。
『戦争博物館』のあるクンユアム、ランプーンの日系企業等を訪れたものの放映だ。
特に『戦争博物館』のあるクンユアムでの女子学生と、そこに住む当時の人達との経験談が
印象に残った。

クンユアムの街は、チェンマイからメーホンソンに向かう道の途中に有る街でチェンマイ
からは車で6ー7時間は掛かる。
太平洋戦争の折りに『インパール作戦』が計画されビルマ(現、ミヤンマー)に、タイ北部から、
日本軍が陸路で入る事になった作戦で、そのタイとビルマの国境に有るタイ側の
小さな街だ。

クンユアムの街には、戦争の始め頃に道路建設の日本軍が入り、その道路建設が昭和20年に完成した。
ビルマに入った日本軍はイギリス軍にラングーンが奪取されてから、形勢が悪くなり
クンユアムの街へ日本軍は、血の海を作り敗走してくる。白骨街道とも呼ばれる道だ。

●その当時の事を知る、生き証人達がタイ人、日本人の女子大生に語る。
〇語られた事を抜粋。  (80才の女性、100才近い男性から・・。)
  日本兵は、三年以上クンユアムの街に居た。
 今も覚えている言葉。「ごはん食べたか。」「何が好きだ。」「さかな。」「かぼちゃ。」
  「きゅうり。」等。 皆、言葉も忘れたが「有り難う」だけ覚えている等。
○80才の女性が「子供の歌」と日本語で言って「お手てつないで。」を、時々少し詰まりながら
  歌った。
○人の名前も数人上げた。「片山は、日本に帰ってからプレゼントを贈ってきた。」
  そんな話も出ていた。
〇飛行機が墜落してタイ人は遠巻きに見ていたら、飛行機の中から日本の国旗とタイの
  国旗を振って出てきた。日本人と判り皆で手当てした。
〇日本兵は、しっかりしていた。
  兵隊が子供を水泳に連れて行ってくれた。
  その時に、子供達に親の許可を取ってきたかと、子供の人数を確かめて連れて行く。
〇タイ人の作業を良く手伝ってくれた。脱穀や、田植えなどで忙しいと子守もしてくれた。  
  水をきれいにするために布を使う事も教えてくれた。
  クンユアムの人達は、日本の兵隊さんの事をいやとは思わなかった。  

タイの女学生も日本と同じで戦争の事は全然知らないと言っていた。
日本との関わりが、そんな戦争を通じて昔から有ったとは知らなかったとも言う。
『サーオ、チェンマイ・・・。』は、30分のビデオ上映会だったが、タイとの修好には
大変良い内容だ。

これで今年の日タイ修好120周年記念行事のチェンマイ催しは全て終わる。
昨年、今年と行事に自分達も参加して、大変楽しいチェンマイ生活を過ごせた。

◎ターぺー門のコム、ファイ・・・。

ターぺー門に何週間振りに行く事になつた。北海道のEさん御夫婦が、先週から遊びに
来られた。
私達もこんな機会を見つけては、夜のチェンマイの繁華街に行くことになる。 
16(日)は、ターぺー門からワット、プラシンの間が『歩行者天国。』になる。

ナイト、バザールと違い、この『歩行者天国。』は、日曜日だけで短い旅行では見えない事も
ある。夕方から夜の11時頃まではやってるようだ。
最近は物の多さと、値段がナイト、バザールより、安いと評判で益々人が増えている。

何時もターぺー門に行くときは、恒例で夕飯を日本食の『サクラ』で食べる。
食べ物も相変わらずの『冷麺』、『カルホルニア巻き』と、量がタップリの『天ぷら』。

『サクラ』で一杯飲みたかったが16(日)は、タイの総選挙の不在者投票日でアルコールの
販売は禁止されている。
何故か、選挙の日の前日の夕方から当日が販売禁止になる。
23日(日)は下院議員の総選挙で、この日もアルコールの販売は禁止二週連続で飲めない。
タイ人や外国人の飲んべえーには、堪らない出来事だ。郷に入れば郷に従え・・・だ。
c0127933_5452868.jpg

(ターぺー門に飾られた、火を灯したコム、ファイ。)
ターぺー門の改修工事が先日まで行われていたが、その工事も終わった様で門の正面にも
王様の看板が飾られて、すっかり廻りの様子も綺麗に変わった。
そこに数多くのコム、ファイが下げられて美しさを演出している。
王様の誕生祝いと、病気快復祝いも兼ねているのか、前年にはなかった催しだ。 
機会が有ったら一度見て欲しいほど、お勧め出来る。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-21 23:34
◎この頃と天気・・・。

○今月初めから雨の気配が全くなくなった。もう、乾季の安定期に入ってしまった様だ。
気温も朝の冷え込みには厳しいものが有り、これが乾季の安定さのバロメーターにもなる。
夜中、朝方は、室内気温が22ー3度で良く乾燥していてサラーとして良く寝むれる。
昼の2時ー3時も25ー6度、この時間でも乾燥していて一年の中で一番良い季節だ。

昨日の夜7時頃、靄なのか霧なのかガス状のようなものが、うっすらと靄っている。
この靄が、夜中に気温が下がり朝露となって夜中に雨が降ったかと間違える位にビショ、
ビショにさせるのだろうか。

今日は、ランナーゴルフ場のNO2ホールで真っ赤になつた太陽の昇るのを見る事が
出来た。
この時間に昇る太陽は、朝霧に屈折して異常に大きい真っ赤な太陽になる。
この時期、朝霧の出る数ヶ月間の間、こんな光景が見える。

昼間の太陽に直接当たると、兎に角、肌が暑い。この時期の太陽は、紫外線が強く思える。
4月頃の太陽も凄く暑いが、今の太陽のように指すような暑さは感じない。
ゴルフ場のキャデイーも日傘を差すように持ってくる。 自分達も顔をスッポリ隠す。
手には手袋をして日焼けには完全武装をしている。
これ以上に肌が黒く焼ける気はしないのに・・。マイペンライ、マイペンライ・・・。

○先日の夜(12日)は、行って来ましたポンさんの残念会の『カラオケ』に・・・。
チェンマイラム病院の交差点から「YMCA」の方に向かい真っ直ぐ行くと三叉路が有る。
そこを左に回り30M行った右側に『PMS』と云う看板が出てくる。
c0127933_4112230.jpg

(『PMS』の入口。)

ファミリーカラオケで子供も連れても行けるし、日本語の歌からタイ語の歌まであって、
日本、タイの家族が皆一緒になり楽しむことが出来る。

プーさんの仕事仲間のポンさん(男、チェンマイ大学日本語学科卒、25才位)が、先日の
日、タイカラオケ大会に出場する為に約15日間位、毎日練習し『PMS』にも三回行き万全な
体制を作って望もうとしたが、肝心なカラオケ用のCD版なく断念した。

『PMS』で練習で歌っていた時は、通信カラオケでCD版でなくても歌えたが、出場する為
にはCD版を事務局に出す事になる。
出場がしたいので色々版を探したがなく、出場が出来なくなってしまった。
大会の裏では、こんなに努力をしている人もいる。
出場する為に毎日の練習を重ねて来たので、この日は『PMS』で、ポンさんの残念会と
なった。

出場が出来ずに余程残念だったか、ポンさんは「ももやま なおたろう。」『サクラ。』を
連続三回も歌い続けた。 皆、黙って静かに聞いていた。 来年、又、有れば出場だ。

華やかな日、タイ、カラオケ大会の裏で、ポンさんの様な人も色々有った事だろう。

◎バイク市場がやって来た・・・。

コンドの下に建築現場の飯場がある。長屋で20数軒も有るか、その中に一軒が小さな
店を営んでいる所もある。当然、小さいだけ有って商品も限られ全部そこでは揃わない。
そこにバイクを改造し日常品を沢山積んで毎日、朝、夕方時間を決めてやってくる。

そのバイクが着くと、たちまちバイクの廻りには人だかりが出来てしまう。
その場に居る時間は15分位居るのか、それを過ぎると、又、余所に移動していく。
野菜から、お菓子、日頃いる細々した雑貨品、良く考えられた物をを沢山積んでいる。
驚いたのは、氷を入れた大きめのボックスにイカや川魚の鯛に似た魚まで積んでいる。
c0127933_323559.jpg

(バイク市場。)

兎に角、安く野菜も果物も雑貨品も3ー5B位の物ばかりで色々買っても20B位だ。
魚、イカとなると、そんなワケにはいかないだろうが、食材を含めて全てが安い。

このバイク市場も旦那がバイクを運転して、奥さんは別のバイクの二台でやってくる。
改造バイクには、売る商品が多く積んで有り二人は乗れない。
二人で朝から晩まで行く場所を決めて移動しているのだろう。一日どれ位売るのだろうか。

バイクで来る奥さんは、以前この近所の店に働いていた人で私達も顔見知りだ。
その店を何時辞めたのか、長い間顔を見なかったら旦那とこの商売を始めている。
二人で頑張ってお金を貯め、この商売だ。タイ人は大方の人が、自分で商売をしたがる。
それが此処にも出ている。
栄子も、時々、果物等を買う事がある。まだ、若いのに一生懸命笑顔を作っての商売だ。
これから、又、お金を貯めて次の商売を考えていると言う。
ワランさん、セキサンも、皆、同じ事を考えているようだ。

◎マーミヤンと編み物・・・。

チェンマイも此処半月で、かなり冷え込みがきつくなった。
チェンマイのタイ人は、寒さしのぎで日本の初冬のフツションをしている。
長袖を着たりジャンバーを来ている人も大勢いる。もちろん手袋等もしている。
確かに朝、晩は冷え込むがきついが日本人は、まだまだ、そこまでする程ではない。

栄子がマーミヤンにマフラーを一緒に編もうと言ったら、マーミヤンが編みたいと言う。
学校の休みの土曜日にワロロット市場に毛糸と編み棒を買いに二人でソンテイー(乗り
合いタクシー)に、乗って出かけた。
マーミヤンもワランさん(母親)と一緒だったら何時も出掛けたが、この頃は栄子と二人
でも、行く事が出来るようになった。
栄子もマーミヤンも二人だけで出かけるのが楽しそうだ。
二人で行くとタイ人のマーミヤンが、心得て通訳をしたり色々とリード役を務めると云う。

マーミヤンの姉のマパーマンのマフラーも一緒に編まなくてはならない。
ワロロット市場には編み棒が一本が足らず、帰りに買いにセンターン(百貨店)の糸屋に
寄った。
ワロロット市場で毛糸玉四個と編み棒一本買っら295Bだったものが、センターン(百貨店)に
行き編み棒を買おうとしたら、編み棒一本で315Bする。
マーミヤンが、日本語で『高ーい・・。』と、言ったと栄子が笑う。
それでもマーミヤンに、編み方を教えなければならないので買って帰って来た。

それから数日間二人で編み始めたが、マーミヤンがなかなか進まない。
マーミヤンも段々飽きてしまったのか、途中から栄子が完成するまで編むことになった。
マパーマンのマフラーも栄子が作り、二人のマフラーが完成した。
マーミヤンも首に巻いて大喜びだ。少しでも自分で編んだ物だけに愛着が有るようだ。
c0127933_3301562.jpg

(首に巻いているのが自分の物。もう一本がマパーマンの物。)

タイ人を見ていると、この様な編み物やレース編みは余りに得意ではない。
ゴルフ場のキャデイーさん達も客待ちをする中で、編み物やレース編みをしている人は、
少しは見る事があるが、殆どいない。
編み物等は、完成までにかなりの根気がいる。暑い国では、不向きの様で長続きがしない。

編み物等もマーミヤンも女の子で、やって見たい気は充分にある。
此方が、気長に根気良く教えてやる気持を持つ事が第一の様だ。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-16 03:27
◎この頃と天気・・・。

○明け方5時頃、月が刀の様な下側が光る細い半月(月呼び名、27日月)で、その斜め
上に明けの明星(夕方の呼び名、宵の明星)が、大きく光る。
金星は子供の頃、上級生らと遊んだあとに家に帰る途中『一番星』として教えられ、
夕方になると薄暮のなかで強く輝やき、その頃から親しみを持ってきた好きな星だ。

この頃は、他の星はもう消えた中で、明け方に27日月の上に金星は光々と輝いている。
金星は、何時まで見ていても飽きない星だ。
夕方から朝明けまで、四季を通じて色々な美しい景色を作るヒーローの星。
特にこの頃、半月と接近した金星の景色は、素晴らしく息を飲む程の美しさがある。
チョット、早起きして西の空の上を見るのも、清々しい朝が気持ちよく向かえてくれる。

○今週の天気予報は木曜日までやや曇りで、そのあとは快晴の予想になっている。
気温も現状のままで、朝方の冷え込みには厳しいものが有るようだ。
メーホンソンは、6日付け『タイ北部メーホンソン、気温低下で緊急事態宣言』が、出た。

○9日(日)、先日の祝日は静かな夜明けだったが、今日は日曜日でも朝方からもう大きな
騒音が下の建築現場から聞こえてくる。
これには参る。日曜日位は、朝方9時頃までは静かであって欲しい。
タイは、音に対する規制が有るのか、あとどれ位までこの騒音に悩まされるのか大変だ。

◎先日のゴルフに行く、車の中の話(チェンマイ老人、元気の源。)・・・。

『チェンマイに居るロングステーヤーは私達を始め、何故、こんなに元気なのか。』
そんな話になった。Aさんは78才、Bさんは72才、皆、65才から、それ以上の歳だ。
確かに、元気の人だからこそ日本から来てチェンマイ暮らしが出来る。
ところが、チェンマイは亜熱帯で年中通して暑い。幾ら元気でも体力がかなり消耗する。

年寄りも週に何回かゴルフをしたりゴルフをしない人でも、暑いので簡単に歩く事も
軽量な運動等も気軽に出来る。誰もが、気軽に外に出やすいので運動量は確保出来る。

日本に居たら冬になると寒過ぎて、外に出たくない。夏は蒸し暑くて、外に出ない。
老人は部屋の中に閉じこもってしまう。
これでは体が年間通して、かなりなまり弱くなる。

日本では近所に友達もなく毎日の様には人に会う事がない。外に出ないので会話が
少ない。
老人は、閉じこもりになり閉鎖感が出てきて、段々自然に元気が無くなっていく。

チェンマイは違う。体力は確保出来る。友達は、同世代前後が多く暇な人ばかりだ。
それも住んでいるのが、狭いチェンマイ近郊ばかりだ。その気になれば直ぐにも会える。

元気を保つのは適当な運動と、皆との充分な日常会話が有る事ではないだろうか。
会話は、同世代前後ばかりで細々とした説明が無くても、日本で同じ時代背景で生きて
来た人達ばかりで直ぐに話せば互いに判り合える。 
流行歌も同じ時代のものばかりで、カラオケで歌う歌も、皆、同じだ。

日本では、まだ若く元気に活躍した時代の時の苦労話、楽しかった事も全てが皆良く似て
いる。 そんな話を始めると、皆の話は弾む。

皆にしてはならない話は、自慢話、個人の会社地位、社会的地位を引き出した話等、
これらは絶対にしてはなら無い。皆、聞きたくも無い。
チェンマイの老人は、皆、平坦(今は、全て何もなく平等だ。)だ。
それが無ければ若かった古き善き時代を、皆が思い出して元気付く。

日本では、そんな話をする相手が少な過ぎる。チェンマイには、皆、友達が一杯居る。
チェンマイ老人の元気な要素は、皆との会話であって大いに互いにお喋りし合う事だ。

そんなところに、車の中の話は落ち着いた。マイペンライ、マイペンライ・・・。

◎日タイ修好120年記念カラオケ大会が開催された・・・。

8日(土)、11時から挨拶が始まり、そのあとに約50名からのタイ人の出場者が歌う。
場所は、センターン(百貨店。)の正面玄関にある階段の上の所に舞台を作りそこで歌った。
百貨店だけに人の集まりも多く、その前の大きな舞台で歌うにはシロトはド肝を抜く。
c0127933_1950613.jpg

(センターンのカラオケ会場)

タイ人が日本語で日本の歌を歌うと云う条件が付いている。審査員に栄子もなっている。
歌う歌の上手さから日本語が上手いかどうか、表現力は有るか等、厳しい審査だ。

学生から始まった。高校生、大学生が約25名、一般の約25名で一位から三位と3名。
特別賞2名が選ばれる。
途中、グループダンスの競技が入る。これもダンスグループのみ三位までが入賞の対象に
なっている。
ダンスチームも8組の出場が有る。踊るのも小学生から大学生まで数人が一グループで
組を作っている。

学生達も出場してくるだけあって日本語はそれぞれ上手いが、長年の社会経験の有る
社会人にはどうしても負けてしまう。

歌も長い間 歌い慣れている社会人の方が平均的に上に行く。これも仕方がない事だ。

約50名から歌ったが、歌う分類も演歌は、殆どなく5ー6曲も有ったろうか、若い歌手が
歌っている『キロロ』を、始め新しい曲が多い。『キロロ』の『ながい間』は3人も歌った。
タイ人も日本を代表する演歌より、新しいリズムの曲の方を好む事が良く判る。

女性の参加者が圧倒的で、男性は10名にも満たなかった。それも男性は大学生が大半だ。
40才ー50才代は約50名中5名で10才ー20才代が大半を占める。30才は4名だった。

表彰式は、翌日9日の日曜日にセンターンの裏のロータスホテルの5Fの大広間で有った。
来賓にチェンマイ商業会議所会頭、チェンマイ日本総領事館横田総領事を迎えてだ。

第一位に28才の女性でミシアの『エブリテング』二位に近藤真彦の『夕焼けの歌』で
男のセキサンが入った。三位は女性の17才高校生が中島みかの『フインドザワイ』を
歌い入賞した。3人共、もう一度皆の前で歌を披露した。
c0127933_19511718.jpg

(セキサンが二位に入り表彰を受ける。)

セキサン夫婦は、このカラオケにプーさんは45番目にセキサンは46番目と出場した。
プーさんもなかなか上手だ。出場した人達の中では一番可愛かった。
あとでプーさんが言っていた。上がりそうになったので審査員の中に栄子が居るので
栄子の顔を探して栄子の顔ばかり見て歌ったと言う。
c0127933_1952517.jpg

(プーさんが歌う。)
夫婦でこの様な大会に出た事はあと夫婦で大きな記念になる。善かった。
c0127933_9294993.jpg


(表彰会場のプーさんのゆかた姿。)

余りにも盛況で横田領事も来年は、又、タイとの親善の為にも、今年は120年行事で催し
たが、来年も何かの形を作り開催したいと、挨拶の中に有った。
CLLも、この前の『盆踊り』、この『カラオケ』を、来年も領事館と共に協力しあって日本と
タイの親善を深める為にも色々な行事をやっていく事を、約束して閉幕になった。

今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-11 19:48
◎この頃と天気・・・。

○12月5日(祝)、今日は国王様の誕生日でタイは祝日になっている。
この日は、別名『父の日。』とも言われて子供達から父親にプレゼントをする家庭もある。

『母の日。』は、子供達も盛大にプレゼントをするそうだが、いずこも同じ父は陰が薄い。
タイの場合は、女系と聞くので家庭内でもこの様な事は仕方のない事だ。
日本の場合は、伝統的に男系ではあるが、近頃は静かに女系に移行しつつ有る感がする。

○今日の朝は、曇り空で夜が明けた。朝日が出る頃は7時近くになっている。この頃は
本当に夜が明けるのが遅くなった。そんな雲間から太陽が覗くと一辺に廻りが明るくなる。
c0127933_1022153.jpg


(12月5日朝、雲間からでる朝日。)

○今日は何時もの祝日と違い、この日ばかりは職場の休みが多い様だ。
何時もなら朝早くから、工事現場の雑音が大きく聞こえくるが、今日は全部休んでいる。

朝ぐらいは毎日、この様に静かであって欲しい。久し振りに静かな朝食を二人で取れた。
こんな日は二人でチョット洒落込んで、モーツアルトの(ホルン協奏曲 第一番 二長調)
舌を噛むような曲名をかけて、じいじとばあばの早朝ロマンスだ。マイペンライ・・・。

◎最近の急な冷え込みから、死者が出る・・・。

タイニュースを読んでいたら、こんな記事が出てしまった。(下記に掲載する。)
先日も、このブログに書いたが本当に最近の冷え込みは急だ。
これでは体調に寄って、ついていけない人が出てしまう。

コンドの下の工事現場の人達も、最近の冷え込みで焚き火をして夕方から暖を取る。
夕方、日が落ちると毎日焚き火を始める。そこで数人が集まり酒を飲んだり、皆で話し
込んだり夜寝るまで皆で火を囲む。自分達の部屋に帰ると日本の様に暖房器具はない。
c0127933_1031827.jpg


(焚き火を囲む作業者。)

チェンマイでこの寒さだ。これより北に上る程冷え込みは強くなる。
ましてや北タイは山が多く山に昇れば、尚更、気温はどんどん下がる。
四年前、チェンマイに来た時はタイが、こんなに寒いとは思いも寄らなかった。
それが毛布を何枚も重ねないと夜中に寒さで目が覚めてしまう。死者の出るのも判る。

この飯場で働いているのはミヤンマー人だ。タイヤイ(シャン族)だ。食堂で働いている
女の人。ガソリンスタンドで働いている人。下働きをする人の中にはタイヤイが多い。
チョット見の私達には判らないが、タイ食堂のワランさん達は直ぐに見当てる。
この近所の現場で働いているのは、皆、ミヤンマー人(タイヤイ)と、ワランさんは言う。
ミヤンマーはタイより、まだ北だ。それから中国国境までは何千キロも北になる。
その間がミヤンマー国(元ビルマ国。)だ。
この飯場の人達は、ミヤンマーの何処から来たのだろうか。この寒さには、耐えれる様だ。

タイニュースから引用。(下記に掲載する。)
タイ人男性、寒さで死亡か
2007/12/ 6 (20:02)| 社会
【タイ】6日朝、タイ中部サラブリ県の寺近くの小屋で作業員のタイ人男性(38)が死亡して
いるのがみつかった。
警察は、男性が薄着だったことから、寒さに耐えかねて死亡したとみている。
サラブリの気温は過去数日、早朝が20度、日中が30度ほどだった。
タイ字紙クルンテープトゥラキットが報じた。

※何故、こんな気温で死に至るのか日本人には考えられない。私もチェンマイに来て
丸4年になるが、ここ一年位前から少し気温が下がっても、随分寒さを感じる様になつた。
毎日、暑いので毛穴が開いて、寒くなっても縮まる事を忘れてしまったのだろうか。
私は28,5度が暑さ、寒さを感じる分岐点に、肌がなっている様だ。

◎チェンマイの有名高級店の大セール・・。

毎年、この時期になるとアマリリンカムホテルの周辺の有名店街が大バザールを開催する。
国王の誕生日祝いも兼ねての催しだ。 今年は5日ー9日の期間で毎年この時期にやる。

5日、栄子が朝から何か、そわそわしている。『何を、そわそわしているのか。』と聞くと
『今日は、アマリリンカムホテルの周辺大セールがあり早く行かないと売り切れる。』と
言う。 女性は大セール、大バザールの言葉が大好きの様だ。

チェンマイは、このアマリリンカムホテル、ターぺー門の周辺にチェンマイの有名店が
集まっている。この時期は、このホテル周辺での大セールだ。
店数で4ー50店位か、アマリリンカムホテルの横の南側小路がメインロードになる。

昼前に栄子に急かされて部屋をでる。昼過ぎだが栄子の言うとおり、もう大変な混み様だ。
特に、人気店には大勢の人が入っている。なかには、皇室が時々来られる店まである。
3時頃まで隅々を見て一端 部屋に帰る。今度は、夜の部が始まる。

夜の部は、タイ店のマーミヤンを連れて行く。夜は、国王の誕生日祝賀が行われる。
アマリリンカムホテルの横の南側小路に舞台を作り、そこに国王を飾りそこで行われる。
式典が始まり、祝いを表すロウソクに火を付けて国王様の誕生日を祝う。
途中にランナー式の姫を連れた行列などの催しもある。
狭い所からの数十発の花火も打ち上げられて、今日の祝賀式は終わる。
c0127933_104555.jpg


(国王の誕生祝賀会の舞台。)

夜になると、色々な店も昼間の顔と違い、電灯が灯ると見違える位に廻りも綺麗になり、
もう一度全部の店を見て回る事になる。
マーミヤンも女の子で、栄子と嬉しそうに店の商品を見ながら、何か話し合っている。
マーミヤンの好きなピンク色のTシャツと子豚の飾り物を二つ買いワラン店に帰った。

3ー400M 位離れているワラン店も、まだ忙しい。こんな所まで影響が有るのか
ニマンへミン通り全体が、お祭りになるのだろう経済効果は大きい。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-08 10:06
◎この頃と天気・・・。

○今週は、天気予報もやや曇りとなっていたが案の定、朝からやや雲が多めで明けた。
こんな時は、どうしても明るなるのが遅く6時40分を過ぎても、まだ暗さが残る。

今日も早朝ゴルフで6時20分には仲間が集まっているが、まだ、コースもはっきり見えず
スタートするのを待つ事になる。
この時間のスタートは日本人が多く、この後に少し時間が空いてタイ人がスタートする。
今日は仲間6名が集まり、この人数まで一組で廻れる。このスタートの仕方は、タイだけの
特異なケースだろう。 平日は、1名でも廻ることが出来、なんと幅の有る粋な事だ。

こんな薄曇りの日は、あの真っ赤な太陽は見ることが出来ず、太陽が出る頃は もう、
随分と高い位置にあって赤さのない夜明けとなる。
雲が多いだけに、最近にしては幾分気温も高い。
今週木曜日は雨マークだったが、予報から雨マークは消えてやや曇りに変わっている。

昨日までは、床(タイル面)に冷たさを感じたが、今日はその冷たさを感じない。
全体的に気温が、昨日よりは随分上がっている。今、室内温度では25,5度有る。

○月が明け12月になった。昨日の夜、ワラン食堂で夕食を取っていたらニンプさんの
友達がやって来た。
その友達が、年明け新年の休みにドイ、インターノン(タイで一番高い山。)にキャンプに
行こうと誘いが有る。 以前にも、一緒に皆でキャンプをして一晩遊んだことが有る。
私達がキャンプ道具を買って持っている事を、知っているので誘いやすいのだろう。

ドイ、インターノンには、この時期にバンコクから沢山の人がキャンプにやってくる。
車番表から半数近くの車が、バンコクとその近郊県からの車だ。車で6ー8時間かかる。
この時期は寒くて虫が出ないのでタイのキャンプシーズンになるようだ。
来年は早々に皆でキャンプに行くことになる。

◎内陸(バンコクから約800Km。)チェンマイでマグロの刺身が美味い・・・。

チェンマイでも美味しいマグロが食べれる。ある人に言わせると、このマクロが美味しいと
言う様になったら、もう、立派なタイ人になったと言われる。
日本で食べる様なマグロではないが、チェンマイで海魚の刺身が食べれる事が良い。

チェンマイのマグロは、海外のどこからやってくるのだろうか。
遠い外国の海で取って、そこで冷凍しバンコクに陸上げ。
800Kmを車で陸送してチェンマイに持ってくる。それとも、もっと南のラーヨンから車で
持ってくるのか、兎に角、内陸のチェンマイで美味いマグロの刺身が食べられる。

昨日の夜、マグロの刺身を作りワラン食堂に持参した。
丁度、ニンプさん(ワランさんの旦那)が、メーサリアンから帰ったと聞いたので、食べて
もらうように持って行き、ワランさん家族と皆で一緒に食べた。

ワラン家族は全員、魚が大好きだが、なかなか海魚だけは食べられない。
ニンプさんは、特に刺身にワサビをタップリ付けて食べるのが好きだ。
マーミヤンも、魚の骨のとこまで全部しゃぶる。そこまで食べてもらうと本当に嬉しい。

数日前にムーアンマイ市場(ワロロット市場の隣の大きな市場)で、マグロを買い冷凍庫に
冷凍した。 6人で食べても食べきれない量で250Bだ。
ニンプさんの帰りを待ってから、刺身を食べようとワランさんと約束がしてある。
朝から解凍して昼から刺身を作り準備をした。以前に友人からもらったサンマと鰯も
冷凍庫にある。 それも解凍して焼いた。 今晩は、ワラン家族と魚づくしだ。
c0127933_23394375.jpg

(マグロの刺身と焼魚。)
マグロ丼を作るのに、丼がないので皿の上にご飯を盛り付けてマグロ皿丼を作り、日本は
この様にして刺身を食べる事も有ると、説明付きの皿丼となった。
サンマ、鰯の干物の焼魚となり、余り口にしない海魚でニンプさんも大変喜んでくれた。

チョット、冷え込んだチェンマイの夜。
焼酎の熱いお湯割りがとても美味しく、刺身、焼魚の魚パテイーとなり、ワラン家族との
最高の一夜となった。。

◎タイは、まだまだ公衆電話が活躍中・・・。

日本は、携帯電話が隅々の階層まで普及して、今は公衆電話を探すことが出来ない。
日本にチエンマイから帰り、自宅にでも連絡しようとして携帯電話でも持っていないと
大変な事になる。

日本は小学生の子供達も、最近は殆どが携帯電話を持っていると聞く。
これでは、日本の公衆電話は必要がなくなる。 むしろ公衆電話の現金集めの人件費が
高く付いてしまう。 
あの頃、普及したテレホンカードは、今、どうなっているのだろうか 。
大半はカードを半分位使用して、カードの残金が有っても紛失してしまっているだろう。

タイでも私達がお付き合いしているタイ人は、殆ど携帯電話を持っているし、日本と同じ
タイの小学校の子供達も携帯を持っている。
私達が普段付き合うタイ人は、タイの中でも上と言われる人で固定された会社務めか
自営業を営む人達だ。その人達の家庭は裕福で、その家族も皆ハイな生活をおくる。
チェンマイでロングステイーしている人達は、そんなタイ人とのお付き合いが大半だ。

タイの庶民の大方の人達は日銭を稼ぐ事か、それに近い人達が多く生活に余裕などは
ない。
安い携帯電話でも、二千B(約六千円) 位はする。この値段になると誰でもが買えない。
そうなると連絡手段の一つに公衆電話の利用になる。まだ、チェンマイには至る所に多く
公衆電話が設置されている。
日本の様に探さなくてもチェンマイ市内には、有りすぎる程の公衆電話がある。
c0127933_23423362.jpg

(ホイケオ通りに有る公衆電話。)

公衆電話の使用料金は、公衆電話から携帯電話に掛けると5B(約15円)掛かる。
一般電話に掛けるには1B(約3円)で掛けられる。此処でも携帯電話には、大きな金額
負荷を掛けている。
庶民生活には携帯電話は高すぎて、持ちたくても持てないのが現状だ。

携帯電話の紛失が多く有り紛失してから数日後に、その電話番号に電話をすると掛かる。
紛失した携帯電話が、自分の手元に帰る事はまずないに等しい。

以前、携帯電話の番号登録を全員するようにタイ政府が進めていたが、全部登録出来た
のか、どうなってしまったのか結果が判らない。マイペンライ、マイペンライ・・・。

今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-05 23:37
◎この頃と天気・・・。

○12月2日(日)、夜中の3時頃に目が覚めた。 今日も冷え込んでいる 。
室内温度で23度だ。 最近は、毛布二枚掛けて寝ているが、これで丁度良い。
昼間も室内温度で27ー8度、乾燥しているせいかサラーとしていて気持が良い。

今週の天気予報で、毎日がやや曇りと出ている。木曜日だけは、雨マークが付いている。
一昨年だったか、12月半ばにかなり強い大雨が午前中降った事を思い出す。
その年はそれが最後の雨で、それから例年の乾季に入り、6月初旬まで雨が降らなかった。

この頃、太陽も南に随分下って夕日をコンドの壁が、邪魔をして見えなくなってしまった。
夕方6時時頃には、ドイ連山に太陽が早く消えて日本の『秋の釣瓶落とし』を、思わせる。

○チェンマイ空港を離着陸する飛行機も風向きでは、北から降りたり南からだったりする。
最近は、時々北から降りることが多くなってきた。これも季節による風の吹き具合だろうか。
コンドに、ぶつかりそうに飛んでくる飛行機には迫力が有る。
飛行機の好きな私には、持って来いの場所で飛行機の音がするとカメラを持って左右走る。
c0127933_13364953.jpg


(北方面からチェンマイ飛行場に降りる飛行機。)
チェンマイも最近、ソウル(韓国)との直行便が定期便(以前はチャター便)になつた。
大韓航空は10月29日運航開始、ソウル午後8時40分発→チェンマイ午前0時30分着。
週4便の運航になる。
ニマンヘミン通りのアマリリンカムホテルの斜め前に、最近、大韓航空の事務所も出来た。
韓国チェンマイ領事館が、コンドのヒルサイド4に出来、益々韓国旅行者が増えるだろう。
日本への行き帰りにも、チェンマイ、ソウル経由を選択するのも一技だ。
チェンマイは、韓国から来るゴルフ客でグリーンG、近郊ゴルフ場は大変な混みようだ。

◎ニマンヘミン通りに『¥100円(35B)ショップ』が、突然登場し驚いた・・・。

ニマンヘミン通りヒルサイド2の道路の反対側、斜め前の角に小さなショップが出来た。
入口の上に100¥EN と、看板が上がっている。これにはビックリした。
この看板の書き方から見ると、日本通のタイ人経営者が店を出したのだろう。

ロビンソンデパートの前に今年『ダイソー』が、65B(約200円)ショップを出店した。
『ダイソー』は、バンコクに数店舗出してチェンマイには初めての出店だ。
2ー3回足を運んだが、荷揃えも少なく日本の様には商品も揃わない。仕方のない事だ。
タイ人客も、まあまあ入っているが、日本の『ダイソー』を知る日本人には、一品65Bでは、
買いづらさを感じる。

タイ人が買うには少し高いが、日本品(外国品でも日本経由の商品はタイ人が受け入れる。)は、全部品物が良いので魅力が有ると言う。
『ダイソー』は、タイ人が行くと欲しい物ばかりだと言っていた。
c0127933_13393136.jpg

(『¥100円(35B)ショップ)』の店。)

ニマンヘミン通りの『¥100円(35B)ショップ)』は、こじんまりした店で商品を置くには
小さすぎて商品類が少なくスピードを持って商品を入替えないと飽きられる。
置いてある商品の値段も均一ではなく20B位の物から35B 以下位の物まで有り
正札が付いていないので店の人に値段を聞く事になる。 商品品質は不明だ。
c0127933_13415523.jpg

(栄子の買った各35Bスポンジ受けと、物受け篭。)

『ダイソー』のシステムとは違い確認してから買わないと値段の違いを起こす。
値段の件は、もう改善されているかも知れない。
店は小さいながらも、色々なお値打ち商品が置いてあるので一度見るのも面白い。
栄子もスポンジ受けと、物受け篭買い、マーミヤンはボールペンセットを買った。

◎チョットお洒落で、お値打ちのランチレストラン・・・。

プーさんも先日まで、日タイ120周年記念行事で『世界選手権相撲大会』が有り、仕事で
日本語通訳を務めて忙しかった。 日本からも役員等含め約200名位が来たと云う。

プーさんは、栄子に毎日でも会いたいがやっと時間が出来ので久し振りに、二人は会う
事が出来た。
今日はプーさんに時間が出来、昼食を一緒に取る事になった。
何処で食事を取ろうかと云う事になり、今日はチョットお洒落な店に行こうと云う事になった。
日頃一緒に食事を取る時にはプーさんが場所を決めるが、今日は私達が行く店を決める
事になった。
私達が日頃、皆から聞いていて評判の店が有り、其処へプーさんの運転で行く事に
なった。

場所は、アマリンカムホテルからバイパス入り約15分も走ると大型スーパーカーフーが
出てくる。
そこを通り過ぎて少し行くと『クムカントーク』へ、入って行く入口が出てくる。
その『クムカントーク』の中に『プラブ プラ(貴族の休息場。)』と、云う店がある。
『クムカントーク』の正面の階段を上がり、そのまま真っ直ぐに進み右側にレストランの
入口がある。
立派な別棟の建家で、階段を上がるとレストランの正面のドァーがある。
c0127933_134328.jpg

(『プラブ プラ(貴族の休息場。)』の正面)

部屋の中の装飾作りも、なかなかのもので豪華さが有りレストランにしては勿体ない
感じを受ける。
それも此処は、ランチ時間の時だけで夕方からはカントークに来た運転手とガイド用の
控室と、その人達に夕食を出すのみだそうだ。

ビュフェランチの時間は、AM10:00からPM2:00までの時間限定。
夜は、その敷地内にあるカントークデイナーとショーが主体でそれがメインになっている。
c0127933_13433318.jpg

(レストランの客室内。)
ビュフェ形式で、タイ料理が主体で一通りの物は揃っている。食後の果物からコーヒー、
北タイのお菓子まで有る。タイ料理、麺料理料理の味付けはなかなか良い。

ビュフェ形式のランチは3ー4年前に『メーピンホテル』がやり、人気が出て日本人も
大勢詰めかけたが、そのあとに『エンプレスホテル』に人気が出て『メーピンホテル』の
人気が下がり、最近はアマリンカムホテルの先のバイパスに入り500M位行った右側に
『グリーンビューホテル』が有る。その1Fのビュフェランチに日本人の人気が有る。
どの店も値段は一人135B前後になっている。

何故か『グリーンビューホテル』は、私達の知り合いのタイ人には、タイ料理が美味く
ないと人気がない。食べる口程、その人なりで難しいものだ。

色々なホテルで、ビュフェ形式の昼食を展開しているが『プラブ プラ(貴族の休息場)』、
此処も印象に残る店で 『たまに行くなら、こんな店』の一店だ。
チョットお洒落な、落着きが有り一度は行って見てほしい店だ。値段は一人135B 。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-03 13:44
※お詫びと訂正。
    先回11月27日付。 コム、ファイ(熱気球)と幻想の世界・・・。
    コム、ファイを コム、ローイに訂正。
    コム、ファイは、玄関や庭等にかける紙行灯で、その中に火を灯す事もある。
  コム、ローイは、紙で筒状に出来た物で、火(熱気球)を付けて空に流す物。

◎この頃と天気・・・。

○28日(水)、例年ながら、この時期に入ると朝靄が出始める。こんな日は快晴だ。
相変わらず早朝4時45分に目が覚めた。毛布をはがしたら、思わず「ぶるっー」ときた。
今日は冷えている。意気なり寒くなり気のせいか、朝の鳥の声も少ない気がする。
思わず室内温度計を見に行ってしまった。 温度計は21.5度を指しいてる。
天気予報が当たった。何だか、当たっていた天気予報に嬉しかった。マイペンライ・・。

○昨日の夕方、ワラン食堂に夕食を取りに行く途中、北海道のTさんと会った。
Tさんが、「朝が寒くなつたね。」と、言われ「チェンマイは25ー6度なのに、何故こんなに寒いの、思いも寄らない・・。」と、言われた。寒過ぎてTさんもジャジーの厚着だ。
日本のこの温度では、まだまだ大変暑い。 私は28,5度で体感温度の暑さ、寒さを感じる。

○27日(火)、早朝ゴルフ、ランナー場で朝6時40分のスタートだ。
NO2ホールをテイーショットした頃に、この時期に起きる朝靄の中から太陽が出始めた。
例年、同じ真っ赤な太陽がゴルフ場の木と木の間から、大きく抜け出て来た。
この景色が、来年二月過ぎまで太陽の出でる場所は、変わりつつ何時も見る事が出来る。
この景色の美しさには、ついプレーを忘れてじっーと見とれてしまう。

○25日(日) 、今日は日曜日、ワラン食堂は休みでニンプさんとマパーマンはバンコクに、
受験で行っている。ワランさんの部屋には、ワランさんとマーミヤンの二人だけだ。

明日の夜、帰る時に夕食を我が家で作り4人で夕食会を、と云う事に決った。
マーミヤンが一番に喜んだ。栄子の部屋で食事をする事がマーミヤンは好きだ。
朝10時30分頃、ドァーをノックする音がする。マーミヤンがドァーの前に立っている。 
夕方、何時に部屋に来れば良いのかと確かめに来たのだ。
夜7時(ヌング トンム)と言うと、それは遅いのでもっと早くとマーミヤンが言う。
自分は出来るだけ早く栄子の部屋に夕方来たそうだ。
それでは、5時(ハーモン イ゛エーン)にすると言う事で決まりマーミヤンは、ワランさんの所へ
急いで連絡するのに走って帰って行った。

それから栄子は買い物に行き、今日はスパゲテイ2種類を作る事にした。
やはり主体はマーミヤンの喜ぶ物を作る事になる。クリーム味と明太子味の二種類を作る。
ニンジンサラダと色々な箸休めも出来て、食卓の上は綺麗に飾る事も出来た。
c0127933_11283745.jpg

(我が家で4人で夕食。)
マーミヤンもマパーマンも我が家の洋食スタイルが、大好きで呼んでくれと誘いが入る。
クリーム味と明太子味の二種類のスパゲテイも、全部きれいになくなり9時(サーム トンム)
には、マーミヤンも明日学校が有り、早々にワランさんと帰って行った。

◎チェンマイのステイャーには、関心する多彩な趣味が有る・・・。

チェンマイに来る、短期、長期のステイャーの人達には、色々な趣味の持ち主がいる。
カラオケ、絵かき、碁、ダンス、パッチワーク、ビーズ等から、ゴルフ、テニスまで
色々な趣味を複数をこなす。

去年も、このブログに書いた事が有るが、こんな趣味(精神修養かも・・。) の方もいる。
日本から、来られるAさんご夫婦は『アートマンダラ』を描く趣味が有る。
こればかりは、趣味の役を越えている事かも知れない。
何故、チェンマイで『アートマンダラ』を描くのか。それは疲れたら静かな寺院、古都を見て、
気軽にタイマッサージを受けて体を癒す事が出来る、
こんな街は、世界にはないと言われる。

今年も私の方から、最近の作品を鑑賞させてもらう様に申し入れたが、逆に私の方の
時間が取れずにAさんが日本帰国2ー3日前に、お会い出来作品を見せてもらう事が
出来た。
去年までは『アートマンダラ』とは、聞きなれない言葉で何も知らなかった。
皆様は、ご存知でしたか。
c0127933_11293830.jpg

(『アートマンダラ』の完成途中のもの)
『アートマンダラ』とは・・・。  
2ミリ幅の同心円、105周にカラーペンの先が0.3ミリの物で文字を書き込む。
下地のデツサンで色を変えて、図柄に文字を描きデザインされた絵になると云うもので
カラーインクの色も、40色から有り中々の作品に出来上がる。

2ミリ幅の中に決められた言葉を、繰り返し連続で文字を書き込むので、写経とよく似ている
点もある。 
精神が統一されて、書込み途中に邪心が起きると書込みに間違いが起き、それはダメだ。
c0127933_11303079.jpg

(作品の一部。)
皆様も機会が有りましたら、現物を一度見る事を進めたい。
実物を自分の目で見ると、なかなか関心させられるて大業の作品だ。

昨年のAさんご夫婦は、チェンマイからペナンに行かれて、そこで個展を開かれたと
云う事だ。 個展もなかなかの盛況で、その時の開催写真を見せてもらった。
今後のご夫婦の大いなるご活躍をお祈りする。

◎郊外の一戸建の夕食会・・・。

友人のZさんから自分の郊外の私邸で、今、外国住まいをしている友達に、チェンマイ
暮らしの経験談を、色々して欲しいと食事の招待を受けた。

その友達も今いる国に、もう4ー5年暮らしているが、最近の情報でチェンマイは気候、
治安も良く物価も安いとの評判を聞き魅力を感じて経験者の生の声が聞きたいと言う。

夕方6時頃、コンドへ車で向かえに来てもらい出かけたが、ニマンへミン通りが交通
渋滞の真っ直中に入りバイパスに出るまでに可成りの時間が掛った。
ここ一年位の間に、この通りも夕方5時頃から7時頃まで渋滞が最もヒドくなっている。
タイは、景気が良くて個人所有の乗用車が、数年前からすると随分と増えた。

バイパスに入り少し走った所で、Zさんが携帯電話で電話してタイ語で何か話している。
車も30分も走ったか、外はもう薄暗くなっている。
郊外のムバーン(一戸建て集合住宅)へと入って行く。建ってから数年経ってるのか各家の
庭木が大きく茂っている。 着く頃には、外はもうすっかり暗くて街路灯が赤く光る。

玄関から通路、庭の廻りに至るまで大、小のロウソクの火で、それぞれに飾られている。
人が家に誰もいないのにロウソクの光が明るく綺麗なので、何故かと、聞いてみたら
先ほどの電話は此方の食事を用意しているタイ人に、今から火を付ける様に指示した
電話だと言った。このロウソクの演出には頭が下がった。
c0127933_11314652.jpg

(Zさんの庭の演出。)
料理もタイ料理が主で、それに日本人の口に合うように味がアレンジされていて
美味しかった。
日本人ばかりが食べるタイ料理だから、日本人向けの味付けにするのが一番良い事だ

庭も綺麗、料理も美味く酒も入りほろ酔いになつた所でコムローイを上げる事になった。
Zさんの友達も初めての経験で、コムローイ上げは大変喜ばれていた。

庭も綺麗で、木の配置も大きさも沿っている。Zさんの庭作りのセンスで作られている。
最初から数年後には、これ位の大きさになりこんな形になると想像して植えてあるから
この様になった様だ。やっぱり庭作りにも、先読みが大切な事だ。

食事の中の会話から、どこの海外、チェンマイ暮らしも自分の生活ライフ設計で、どの様
にも生活内容は変わる。
家、部屋の大きさ、遊びの内容、食事の取り方等約5万円位から、あとは天井知らずだ。
どの国に居ても積極的に一人遊びが出来る事が、まずは基本の第一で、それが海外生活の
基軸になり遊びが沢山持てれば、暮らしに大きな幅が出来て楽しさは大きくふくらむ。

治安、日常生活も表通りを歩いていれば、安全で不安はない。裏道、横道には悪が潜む。
今までの事は、日本の生活も同じかも知れない。只、此処は、外国である事だけは事実だ。

そんな話をしながら、遠くに飛ばしたコムローイにチェンマイ暮らしの夢を見る。
チェンマイ暮らしは、毎日、毎日が楽しい生活に尽きる。私達夫婦は、例外かもね・・。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-01 11:32