定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

じいじ便り・・・。6月1日(日)(ワン アーテック)

◎この頃と天気・・・。

●29日(木)、まだら雲の多い夜明けとなった。相変らず晴れているのか、曇りなのか
ハッキリしない日が毎日続く。
この頃は、朝方5時10分頃に東の空が少しずつ明るくなってくる。夜明けが早くなった。
室内温度も朝から29度もあるが、湿気がないせいか今日は爽やかだ。

短期予報も、今週から来週に掛けて雲リマークばかりで雷マークも連日付いている。
兎に角、ゴルフの為にも午前中だけは、雨だけは降って欲しくない心境だ。

◎マーミヤン(次女)の携帯電話へ掛かった夕方の電話・・・。

昨日の夜、ワラン食堂で夕飯を食べていたらマーミヤン(次女)の携帯電話が鳴った。
マーミヤンが急ぎ電話を取った。
電話を掛けてきた相手は、先日、バンコクにマーパン(長女)を学生寮に入れる為、夜行
バスで連れて行った父親の二ンプさんからの電話だった。

マーミヤンも何日振りかで聞く父親の声だ。声の弾み方で嬉しさが此方にも伝わってくる。
言葉が判らないので、親子で何を話しているかは判らないが、只、本当に楽しいと云う事
だけは良く判る。随分の長電話だった。

どうも、次はマーパンに変わった様だ。
マーミヤンが、学校の鞄から勉強道具を出して電話で話しながらノートに一生懸命何か
書いている。
勉強の中で、何か判らなかった事でも有ったのだろうか、話の内容は判らない。
これからは姉妹がバラバラになり、姉がチェンマイに居れば直接話す事も出来るが、
バンコクでは電話での会話になってしまう。
もう、これでマーパンも今度は、チェンマイに何時帰る事やら寂しいものだ・・・。
この電話の状況を見ていると仲の良い姉妹は、離れていても本当に良いものだ。

ワラン家族、プーさん家族もタイ家族の典型的な親子愛を持っている。
タイの親子の関係には日本と少し違い、子供は親に対しての反抗期等は絶対に起きない。
子供の時から、親を敬う気持が本当に強く青年期になると益々強くなり、逆に親も子供を
可愛過ぎる位に子供を可愛がる。
これでは子供が親離れするだろうかと日本人には、何か抵抗感が出るほど違った
親子愛を思う。 タイ人と日本人の間の、親子愛の感じ方の大きな違いだろうか・・・。
学校教育、仏教からきたものか、長いタイの歴史と文化で作り上げてきたものだろう。

マーパン(17才)は、父親と二人だけでバンコクでの長期滞在、マーミヤン(11才)と
父親と何を話すのか、携帯電話での超長話。
日本人の父親は、この娘二人の行動に付いて行けるだろうか・・・。母親任せに・・??。

◎グリーンバレーゴルフ場から来た一通の手紙・・・。

コンドの各部屋別ポストに、少し大きめの白い封筒が入っていた。
封筒には、何処から発送されて来たかが、裏面にも何処にも何も書かれていない。
日本は必ずと云って良い程、差出人と住所を書く。
差出人が書かれないのは、他人に余り情報が判って欲しくない為に書かないそうだ。
書くと手紙の中身に興味が出て勝手に開封する等、手紙の情報を守り安全の為だそうだ。
封書を開封をしたら、グリーンバレーゴルフ場が差出人で一通の手紙が中に入っていた。

その手紙の内容は、全部英語文書かれたもので3月20日付けで書かれたものだった。

その内容の概略は、下記の様だ。
【グリーンバレーゴルフ場は、1月11日からサミットグループに入り経営が変わった。
会員の諸条件は、今まで通りです。家族、ゲスト条件も同じです。

新しいカードを発行しますのでカードを作って下さい。当分の間プレーされる時には、
二通のカードを持ってきて下さい。 (◎解釈として古、新カードどちらかを持参して下さい・・?????では・・・。)
新カードは5月31日以降から使えます。 (問い合わせ先の案内等が色々と書いてある。)
バンコクの近郊にあるサムプラカーンGも、カードを持参されればメンバーとしてプレー
出来ます。 
私達は一生懸命頑張ってタイ一番になりますのでよろしくお願いします。】
概略的には以上です。
(解釈に違いが出るかも知れませんので、詳しくは個人で問い合わせをして下さい。)
c0127933_1153918.jpg

(グリーンバレーゴルフ場のハウスから一番ホールを見る。)

グリーンバレーゴルフ場は、椰子と池が多く南国でプレーをしていると云うには、充分に
楽しめる本格的なコースだ。 日本からの観光等でプレーした人には大変人気が有る。

グリーンバレーゴルフ場は、4年半前に会員になる時には、銀行管理になっていると
聞いていたが、今回はサミットグループが全部買収したとも聞いている。
情報も日本人、タイ人の言う細切れ情報で、此方が勝手に色々解釈している。

通訳と一緒に行き色々聞いても、通訳が聞く内容に詳しければ良いがそれは難しい事だ。
私達は、安定した経営、整備されたコース、今からのプレー代に値上りのない事が良い。

◎蓮(ブゥワ)の実は薬草・・・・。

マーミヤンが大きな蓮の花のない先端の所を持っていて、その蓮の円形部分には
蓮の実が幾つも付き、その実を指先で一つずつ取りながら生のままで食べている。
c0127933_11535672.jpg

(マーミヤンと蓮の実。)
c0127933_11542355.jpg

(蓮の実が付いている所。)

池の中で白色の大きな花を咲かせている蓮の花を良く見るが、実に美しい綺麗な花だ。
チェンマイには池が多く、池には蓮の花の咲いているのを良く見る。
蓮の花と仏教とは関連が深いので、タイでは親しまれる花の一つではないだろうか。

タイ食堂のワランさんが店の中から出て来て栄子に、この実は女性に多い頭痛に良く
効くので実を取り食べろと勧める。
近所の女性もワランさんと同じ栄子に勧めてくる。栄子も女性特有の頭痛持ちだ。
タイ人女性も頭痛持ちが多くワランさんも頭痛が、時々起きるので今日は市場で蓮の実を
買ってきたと言う。

タイには、中国と同じ漢方ではないが薬草が多い。
タイ料理の中に入る野菜や実もタイ人が、これは何々に良く効くと説明をしてくれる。
美味しくタイ料理食べながら、それが体に利くのでこれは良い事だ。

タイ人は、野に生えている多くの草が食べれると言う。
庭や野に生えている草を見てタイ人は、これも食べれるあれも食べれると教えてくれる。
タイ人の一戸建て住宅の庭には、食べれる草が多く植えられていて、私達が見ると普通の
野草に見えてしまう。

自然の物を食べて、それが薬になり体に利き副作用もなにもない。
タイ人の長い間の歴史から生まれて来た自然の中の良薬だ。これからも重宝したい。

◎この頃のタイニュース・・・・。

8年間に渡り義理の娘に性的暴行を働き妊娠させた男を逮捕
ローイエット県ヂャンハーン郡の警察当局は25日、17歳になる義理の娘に対して
約8年間に渡り性的な暴行を繰り返し、結果として妊娠させた容疑で51歳の男を逮捕した。

今回の逮捕は、被害を受けた少女が、逮捕された男の妻でもある実母に伴われ警察に
告発した事で実現したもので、妊娠8ヶ月と診断された少女によると、9歳のころから男に
性的な暴行を受け続けていたという。

男は警察に対して、容疑を認めると共に、妻が農作業の為に外出している朝時を狙って、、
他言したら妻共々家から追い出すと脅迫しながら少女に対して性的な暴行を振るって
いたと証言しているという。
posted by Jean T. at 02:00| 社会

この前、此処に書いたばかりで、もう、この様な事件が記事になっている。
此処の記事になるのは氷山の一角で、この陰に隠れた事が社会の中でどれだけ
起きているか恐ろしくなる。どうにかならないものだろうか・・・。
今日、この辺で。
by n-jijinao | 2008-06-01 11:55