定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

じいじ便り・・。4月22日(火)(タイ語ワン アンカーン)

◎この頃と天気・・・。

●20日(日)、昼間の暑さを夜中まで持ち込んで室内温度が33.5度も有った。
朝方、やや下がったもののそれでも、まだ室内で31.5度と暑い朝を向かえた。

今日も朝方から、やや曇り空でこの頃、毎日こんな朝を向かえる。
昨日も3時頃から、北の空がやや黒くなってきたので一雨夕立でもくるかと思ったら、
一滴の雨も降らず、蒸し暑さだけが残った。
今週の後半からは、毎日夕立が降ると天気予報が出ている。
こんなに蒸し暑いならば、毎日一度は思い切りザァーと夕立が来て欲しいものだ。
午後で有ればゴルフの邪魔にならないので、そんな降り方を希望したい。身勝手な事だ・・。

●20日(日)、栄子と夕食を食べてコンドに帰ってきたら、コンドの玄関でタイ食堂の
ワラン一家と、偶然、バッタリ会った。
バンコクに帰郷してから、一週間振りに会うので女性同士は一人一人抱き合って
喜び大きな声で大騒ぎをしている。
あまりの大騒ぎに、他の人達が何事が起きたのかと外目でじっーと此方を見ている。

今回ワランさんは、店の従業員の女の子三名も一緒に連れてのバンコクへの帰郷と
なった。
店に帰って夜の10時頃、明日から仕事になるので、直ぐに従業員は店の掃除に入って
いる。  店の器具から食器類を全部水洗いして、床も洗剤で洗い流している。
楽しかった旅行から帰って今度は、皆、直ぐに仕事モードへの切り替えだ。

前日、店でこんな事も有った。店の従業員のIDカード問題(ミヤンマー人未取得。)で、
取り締まりが入り大騒ぎになった。
IDカードを3人の内一人は持っていたが、他の2人は持たず二人にもIDカードの取得
してやった。 手続きとお金も多く掛かるが、全部ワランさんが引き受けた。

今回のバンコク旅行など従業員では、なかなか北タイからはバンコクに行く事が出来ない。
そんな旅行にも、従業人を皆一緒に連れて行く。
ワラン店の元従業員が、パタヤで仕事をしているので皆で一緒に行く事にもなっている。
ワランさんも元教員だけ有って、従業員の女の子達も本当に、皆、幸せだ。

●揚げ物屋のペットさんの奥さんが、昨日、私の後ろから背中を突いたが、今日、早朝に
朝食を買いに行ったら、今度はペットさん本人が後ろから私の両腕にパン粉をベットリと
幅広く塗りつけた。 
ソンクラーンの時に顔に塗る、あの白色と同じで間違えられる程だ。。
大勢いたお客さんも総菜屋の主人も、ペットさんの奥さんも皆で大笑いだ。
これも久し振りに会う、ユーモアを交えた友達同士の親しい挨拶だ。此方も嬉しかった。
ソンクラーンの時と同じで『コックンカップ(有り難う。)』と、大声で礼を言った。
それで、又、皆で大笑いだ。このソイ(横道)にも『3丁目の夕日』が、やっと戻ってきた。

◎チェンマイ郊外の、一度は行きたいタイ料理店・・・。

先日、コンドのマネジャーの家で盛大に新年会が有った。
その折りにプーさん(私達の通称子供。)は呼ばれなかったので、マネジャーがプーさんを
呼んで一緒に四人で食事をしようと声を掛けられた。

この頃、プーさんはマネジャーからの依頼で、タイ語で書かれたものを日本文に書く事の
依頼を、時々受ける。
勿論、栄子のボランテァの時の電話通訳を始め同行しての通訳もやってもらっている。
そんな中からマネジャーには、プーさんも色々と貢献をしている。

プーさんのタイ語は綺麗なタイ語で、優しく丁寧なタイ言葉で話すと言う。
タイ人同士には優しい言葉使いで話す事を好まれ、マネジャーにもその喋り方で好かれる。

タイ店のワランさんもプーさんと同じ綺麗なタイ語で、バンコクの出身だと直ぐに判ると
プーさんが言う。 
同じタイ語を喋るが、喋る言葉で山岳民族からミヤンマー人まで出身地が直ぐ判ると言う。
同じタイ人同士の間では、喋る言葉の使いで相手の身分まで判るとも言う。
何故、身分までが判るかは外国人には判らないが、タイ人には判りそんな事からも
一部の人はオカマ言葉になって、身分など判りにくくする気持も判る気がする。

私達にプーさんが言うには、タイ語を変な所で教えられて使うのは絶対良くないと言う。
喋る言葉で変な所の出身と思われて、変な所に悪い親しい友人が居ると皆から言われる。
一介の言葉使いで、タイ人は相手の人物評価を全部するとまで云う。
タイは、バンコク語(標準語、東京弁。)で話す言葉が良く、発音等が大切だとプーさんが
言う。

マネジャーが、私達とプーさんと一緒に食事に行く店は、チェンライに行く国道をチェンマイ
から約30分位走ると右手に小高い山が見えてくる。 その山の上にお寺が建っている。
その国道から右に約30M位入った所だ。場所名はドイ、ソケット、クンと言うそうだ。
この辺になるとチェンマイ郊外の静かな所になる。
こんな所に、こんなタイ店の高級店が有るとはと思う場所だ。停まっている車も客筋も違う。
店の名前は『バーン、パーム(パームの木の家。)』と言い庭にパームの木が多い。
c0127933_22111075.jpg

(バーン、パーム(パームの木の家)の店内。)
マネジャーが、色々な料理を沢山頼んでくれた。味付けも外人向けにしてあるのか
食べ易すくて美味しい。
手頃な庭の大きさに大きめの池があり、所々パームの木が植わっている。
どれ位年数が経ったのか可成りの年輪と思われる木もある。庭にも良く手が入っている。
少し郊外で時間は掛かるが、日本人向きで落着が有り綺麗で一度行ってみるには
良い店だ。

◎ニマンヘミン通りのソイ(横道)の建築現場・・・。

もう、工事が始まってからどれ位になるのか。半年以上は過ぎてしまった。
騒音に悩まされてから半年は経つ。昼間は工事の騒音、夜は付近の飲み屋の騒音。
日本のように騒音規制が有るのが、兎に角、昼、夜おかまいなしに気兼ねなく音を出す。
タイの大衆は、騒音には何も言えないのか資本家に力が有るのか日本では考えられない

騒音の事もタイの国内の事で外国人が、何も口を挟む事ではなくマイペンライ・・。
事実を見続けて日本と比較する事は何もない。。
でも、日本人でも喧し過ぎてコンドを変わる人が出ている。可愛そうな事だ・・。

工事もこれ位出来上がってくると、全容が少しずつ判ってくる。
ビルを作る表道路には完成絵も出ているが、この絵だけ見ていても良くわからない。
8F建のコンドが二棟建ち、その横にリンピンスーパーの2Fが建つと言われている。
リンピンの件は、噂話で二転ー三転話が転がるが、今度は本当の様だ。
c0127933_22121698.jpg

(建設途中の現場。)
今、コンクリートだけで建ったいる方のコンドは、ほぼ、完売だと言う。
見ていると作る部屋の間仕切りの壁が違った部屋も有り、これは注文作りになっている
事が判る。
写真手前は、基礎工事中で此方にも8F建ての同じ様なものが建つそうだ
もう少しすると、此方も完売になる事だろう時間の問題だ。

タイの中でも一番元気の良いのが、バンコクでもなくニマンヘミン通りだそうだ。
先回も書いたがこのコンドの廻りには、沢山の棟が既に完成している。それにこれだ。
タイ人の先行投資だろうが、それをあとでこのコンドを買うのは誰だろうか。
心配なのは状況知らずで突然、遠くから現れて高値で何時も誰かが掴まされるのだ。
買う値段には用心、用心・・。

この写真には全部が写らないが、建築途中のものがまだ近所にも2ー3棟は有る。
これが全部完成するとニマンヘミン通りは、街が大きく変わりチェンマイの中の中心に
動いて行くだろう。
今、一時的な騒音には耐えて、ニマン通りの変わりゆく街の変化をしっかり見届けて
行きたい。

◎この頃のタイニュース・・・。
タイの世帯月収平均1.9万バーツ、前年比5%増
2008/4/17 (17:26)| 主要ニュース 経済

【タイ】タイ統計局によると、2007年のタイの1世帯当たりの平均月収は1万8660バーツで.
前年から4.9%増加した。負債がある世帯の割合は63.3%で、2004年の66.4%、
2006年の64.4%から低下。負債がある世帯の平均負債額は前年比微増の
11万6681バーツだった


四年半前からすると、新車に多く切り換わっている。
以前は、クラシックカーの展示場の感じで市内を、古い車が多く走っていた。
当時は、日本車も可成り古い車が走り、タイから日本にその車を持っていけば、マニアに
高く売れるのではと思う事もあつた。

私達がタイ人から聞く情報では、タイ人の1ヶ月の収入からすると新車等、待てないはずが
最近は益々新車に切り替わっている。銀行借り入れの条件が緩くなったとも聞く。
この情報の月収からすれば充分に車は持てる。

タイ人の住む部屋代、経費、車代を払ってもそれなりの家庭が営める。
若い人も毎晩の様に良く飲酒もする。
車を持たず単車ならなければ、そんな生活も充分出来る月収だ。

只、気になるのがこのデーターが、タイ全体層か一部層、納税者層かデーターの取り方に
よるものだ。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-22 22:14