定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

じいじ便り・・。4月15日(火)(タイ語ワン アンカーン)

◎この頃と天気・・・。

●今年は暑くなった。昨日などは室内温度で37度位あつた。14日(月)気温は、2度程
下がり、朝方は29度と気持が良い朝になった。
ソンクラーン(水掛祭り。)には、最高の日を向かえている。気温は上がるものの空は
やや曇り気味でカラーとした青空ではない。

●12日(土)は朝方から、車の量が月曜日だが随分と少ない。タイ人は15日か16日
まで連休で休む店が多い。
ニマンヘミン通りの商店街は装飾品や雑貨店、洋服など売っている店は全部休んでいる。
表通りに面してのレストランは殆どが営業している。
ソイ(小道)の中に入った大小のレストランは、殆ど云って良いほど休みだ。
私達も昨日の夜は、ニマンヘミン通りのコーヒーチェーン店のスターバツクスの裏にある
日本食の『ワサビ』で食べた。

最初の料理が出てくるまでに約40位掛かり、私のオツムが何度か切れ掛かり、栄子に
何度も『此処は、タイだから持ちましょう・・。』と、頭を冷やされ、冷やされ
それも、『貴方が私に今まで何度も何度も、私が切れかかると教えてくれた事でしょう・・。』
と、言われて何とか『ご馳走様・・。』が、出来た私達二人だけの楽しい外食だった・・・。

◎今年のソンクラーン・・・。その1

今年は、良ソンクラーン日よりだ。
昨年は、午後の3ー4時になったら寒くて自然に水掛けが終わってしまった。
昨年は四方の堀の外周道路も、午後4時になったら渋滞どころか普段より少し車が多い
位になっていたが、今年は夕方まて大渋滞を起こしている。

水掛祭りは、私の大好きなチェンマイ行事の一つでチェンマイに来てから毎年参加して
いる。 家を午後に出るのだが、午後一時を過ぎた頃に照る太陽、それは本当に暑い。
毎年行くのは、センターン(百貨店)の前に行く事にしている。着く頃は、頭から思い切り水を
掛けて欲しくなる気持だ。
c0127933_18373764.jpg

(センターンの踊り場会場。)
行く途中、ホイケオ通りに出れば、もう容赦なく何処からか水掛の洗礼を受ける。
向き合った時には掛けられないか、すれ違った後ろからバケツに一杯分ザブッと来る。
毎年、最初に掛けられる折りにはビックリするが、そのあとは幾ら掛けられても涼しくて
気持ちが良い。 
センターンに着く頃には、もう全身ビショ濡れになっている。
ところが水の中に氷の入った氷水が有る。 これを掛けられると心臓に応える。
昔、日本でも氷屋が売っていたあの長四形のでかい氷や、今年はそれを小さく割った
カチ氷までにして道路や車に乗せて売っている。氷屋もこの時期には、大儲けするだろう。

今年は、連休が長いせいか一昨年よりも盛り上がりにかける・・・そうではない・・。
今年は王様のお姉様が、崩御されあまり大がかりな事は慎むべきだと政府通達が出て
いるし、毎年、交通事故、喧嘩も多発するので警察も多く出て事故防止にも力を入る。
c0127933_18383571.jpg

(交通渋滞で単車も歩道を走る。)
ホイケオ道りの左側の道は、堀の廻りに行くピックアップ車で大渋滞を起こす。
片側二車線で、そこで車どうしがお互いに水を掛け合う。道路からも車めがけて掛ける。
車からも道の人に水を掛け合い水掛合戦が全面にくり広げられる。
c0127933_18392896.jpg

(堀の廻りに行く車で大渋滞。)
午後の三時も過ぎて、もう充分水も浴びたし過去の悪さも皆に水で洗い流してもらった。
他の人の悪さも、水で流す事が出来て部屋に戻る事にした。
途中、遅めの昼食を部屋にいる栄子と二人分を買う事にした。こんな大量な水掛けが
合っても、歩道の所々には色々な食べ物が売られている。

自然のルールかマナーの良さか、店には放水をしない。酒まで飲んで酔っての人も
沢山いるのに、これはシッカリと守られている。 タイ人の良き本当の人間性が判る。
串肉6本、卵2ヶ、カウニァオ(もち米の蒸したもの)2個。総額50B(約150円)
お金も、カメラも水に濡れないようにビニール袋でしっかり包んで持っていく。
c0127933_18403551.jpg

(道路脇の店。)
チェンマイの街の中の水掛行事は、15日(火)までと思うが、まだまだ16日も
続くだろうか・・・・。  これが終わると、又、来年になってしまう。
                                今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-04-15 18:46