定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

じいじ便り・・・。3月20日(木)(ワン プルハー)

◎この頃と天気・・・。

○17日(月)、朝から風が冷たい。窓からは北風がそよそよと入る。北風の時は好きだ。
朝靄のなか、今日も真っ赤な大きな穏やかに昇る。
室内気温もこんな日は、寒温計を見なくても26-7度と判る。
こんな涼しさも昼近くになると、この頃は室内で32-3度近くなる。むしろ外温の方が
涼しく外から帰った時など、窓も閉めてあるせいかムッーとする。

夕日の落ちる時間も随分遅くなってきた。夕方7時頃にはまだ明るさもある。
夕日も、随分北に上がった。私のコンドからも、あと僅かで落ちる夕日が見える様になる。
今から一ヶ月もすると、大好きなソンクラーン(タイ正月、水掛祭り。)が来る。
この時期、毎年の事だがドイ連山に建つドイ、ステープ寺の真後ろに沈む太陽を見ると
感動を覚える。

チェンマイの気候もやや安定したのか、最近は例年に戻って朝はこの時期に起きる朝靄の
中から太陽が出て夕日も夕靄で真っ赤になって夕焼けを作り出す。
朝はサラーと涼しく、昼は紫外線が肌を差す。それでも木陰に入ると爽やかな気持ち良さを
感じる。

○ランナーGへの早朝ゴルフ、この頃は7時頃になると毎朝朝靄の中から朝日が昇る。
真っ赤な大きな太陽、木々の間からゆっくりゆっくりと昇る。その美しさを写真に撮ると
皆様にお見せ出来ないのが残念で仕方がない。 グリーンバレーGでも同じだ。
ゴルフのプレーも楽しいが、この時期にしか見えない美しい風景を見るのも、又楽しい。
朝、早起きするのも三文の徳。美しい物を楽しく見る事は、長生きできる秘訣だ。
c0127933_15262647.jpg

(ランナーGNO2ホール、朝7時頃。実際は真っ赤で大きい。)

○ゴルフープレー后、プレー仲間と久し振りの男の茶話会。男同士でも、皆よく喋る。
姦しいとは、男文字を3つ積み上げても良い気がするこの頃だ。
日本と違いチェンマイの男共は、日本語で喋ることに飢えているのだろうか。
コーヒー店に入ってから一時間もしただろうか、窓越しに空が突然真っ黒になってきた。
仲間に単車の運転で来ている方がいるので、早々の引き上げになった。

部屋に帰ってから慌てて窓を閉めて廻る。それから10分もしただろうか、大粒の雨が
降り出した。
この1月の半ばの雨、それから時々朝晩降る雨、そして今日のこの雨だ。
先日、タイニュース(下記掲載。)で北タイでヒョウが降った記事を見た。
この時期は、気流が荒れているのか私には判らないが、それにしても今年はよく雨が降る。
c0127933_15272452.jpg

(3月18日チェンマイ昼2時30分頃突然の雷雨。)

◎ブンちゃん(プーさんの妹。)が、シカゴ(米国)から里帰り・・・。

プーさんが自分の妹のブンちゃんが、アメリカから帰って来ると私達に急いで報告に来た。
13日にバンコクに着き、その足でチェンマイに来ると嬉しさ一杯だ。
私達もブンちゃんの卒業式には、昨年の7月にセキサン夫婦、お母さんと一緒にバンコクの
シィーンラバコーン大学(国立大学。)まで行きプーさん達と一緒にブンちゃんを祝福した。

昨年の8月にアメリカ、シカゴの大学に留学。 皆とは約7ヶ月振りの再会だ。
今回の帰国は、留学した学校の今後の進路学部を決める為に、英語の理解度の認定を
取る為に帰国したと聞く。
チェンマイ大学でその試験が行われるようで、帰国してから休むことなく出向いている。
日本で云う英検。自国のタイでおこなわれる英検試験をシカゴから受けに来たようだ。
自分の行きたい学部の為にも、この英検のクラスで決まるのでブンちゃんは一生懸命だ。

忙しい毎日の中から、プーさんのお母さん、セキサン夫婦、ブンちゃんと私達の6名で
一緒に夕食を取ることにした。
以前からプーさんが一度、食事に行たい行たいと言っていた『ホテル シャングリラ』に丁度、
ブンちゃんの歓迎会も兼ねて行こうと云う事になった。
場所はチャンクラーン通りをナイトバザールを背にして約1MK行った左側に有る。
通りに面して土盛りがしてあり、少々高めの所に玄関かが有り白象が数匹置いてある。
c0127933_15292870.jpg

(ホテル シャングリラの正門。)
もう、プーさんは大喜びだ。何時もは、お客様を案内(観光ガイド。)して、食べる事も
なく客を待つだけだ。
お母さんや妹も一緒になって高級ホテルでの食事、それは本当に嬉しい事だ。
c0127933_15304484.jpg

(ホテル シャングリラのフロアー。)
バイキングで夕食を取る事になった。夜7時頃には満席に近くなっている。
プーさんの妹のブンちゃんも、明るく社交性もある。お姉さんと良く似た性格だ。
直ぐ横に座っているニュージンランド人の親子(父親、12才女の子、7才男の子)と
仲良くなり何か一生懸命会話をしている。
プーさんが私達に通訳してくれる。プーさんも英語は可成り堪能で本職は英語ガイドだ。
その親子が言うには、ブンちゃんの英語は大変きれいな英語だと褒めていると言う。

ホテルに来てからもう一時間もたっただろうか、そろそろ帰る時間になっている。
ブンちゃんは、隣の12才の少女とその父親とも可成り親しくなり話し合っている。
最後のお別れの時には、その親子とのメールアドレスのやり取りまでしてシカゴに帰ったら
直ぐにもメールすると約束までしあっている。  なんと国際的な事だろうか。

明るく社交性を備えたこのブンちゃんが、今後どの様に成長するのかが楽しみだ。
若いセキサン夫婦、ブンちゃん達姉妹が、このあとどの様に生きていくのか見届けて
いきたい。

◎この頃のタイニュース・・・。

●この季節には、時々、気流のせいかタイ北部ではひょうが降ることが有る。
ひょうが降ると農産物に大きな被害をもたらす。タイは農業国で、特に北部は大半が
農家だ。
日頃から、農家は余り裕福ではないので、このひょうの被害は大きすぎる。
竜巻も大きな被害が出るが、このひょうも同じで自然の怖さを思い知らされる。

タイ北部でひょうの嵐
2008/3/17 (04:36)| 主要ニュース 社会

【タイ】16日、タイ北部プレー県のローンクワン、ソーン両郡一帯がひょう混じりの暴風雨に
見舞われ、木が倒れて一部の道路が通行不能になったほか、民家200棟の屋根が
飛ばされるなどの被害が出た。大粒のひょうにより寺の屋根が壊れる被害も報告されている。

●アジアの中ではタイは治安が良い国と言う事になっているが、日常の生活の中からは
ニュースを見ている限り、確かに他の国からすると犯罪件数は少ないかも知れないが
恐ろしいものが有る。
日本には事例のない様な、警察官が引き起こす事件も多い。お国の違いから来る、社会
風土、常識の違いかも知れないが、日本人には余りに怖いものを感ずる。
外国に暮らしている私達には、どちらにしても自分の身は自分で守る事が第一だ。
お国事情を知るだけ知って置かないと、何処からか事件に巻き込まれる事もあるするし
知っていれば避けて行く事も出来る。

タイの殺人事件
タイは殺人事件の発生率が日本の10倍近くに上り、外国人が被害に遭うケースも多い。
ビーチリゾートでの外国人殺人では、2005年のクリスマスに英国人男性がチャン島の
バンガローでぼく殺されたほか、2006年1月にサムイ島で英国人女性が強姦・殺害され、
同年9月にピーピー島でベルギー人の男性、2007年2月に東部パタヤでロシア人の
女性2人が射殺された。また、昨年11月には北部スコータイの遺跡公園で日本人女性が
刺殺された。

タイの警官殺害容疑者、報復恐れ出頭
2008/3/19 (20:55)| 主要ニュース 社会
【タイ】バンコク近郊パトゥムタニ県で麻薬密売のおとり捜査をしていたサラウット警察曹長
(34)が射殺された事件で、警察は18日までに、 殺害の実行犯とみられる男(33)と襲撃の
際に運転手を務めたとされる男(25)を逮捕した。2人は事件後、別々に逃走していたが、
自分たちが指名手配され20万バーツの懸賞金をかけられていることを知り、警察に殺害さ
れることを恐れて出頭してきたという。

タイでは警官を殺害するなどした凶悪犯は逮捕前に容赦なく殺されることが多い。
ウィサーマン(公務による殺人)と呼ばれ、社会的にも当然のこととして受け入れられている。
                 今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-03-20 15:32