定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

じいじ便り・・・。2月20日(水)(タイ語ワン プゥッ)

◎この頃と天気・・・。

○19日(月)、朝7:00になっても、どうも明るさが薄い。今日は曇り日の様だ。
朝の室内で少し肌寒さを感じる。この頃にない、またベストを羽織る事になる。
室内温度計を見たら25度を指している。この冷え込み方では昼間、晴れてくるだろう。
朝9:00頃、部屋の中にぱぁーと明かりが差し込んだ。雲間から太陽がキラと覗く。
あまりの綺麗さに思わずカメラを探すが気持が焦る。
c0127933_9504037.jpg

(19日、朝9:00頃雲間から太陽が差す。)
昼頃になっても、なかなか空に明るさがこない。この季節に起きるチェンマイの特徴だ。
ドイ、ステープが靄の中に霞んで薄っすらと見える程度だ。
その霞では照る太陽の日差しも弱い。外を出歩くにはアカ、デイー(良い天気。)だ。
昼からセンターン(チェンマイの百貨店。)に、買い物に行く事になるが、この日差しなら
歩いて約20分、なんの抵抗なしに歩いていける。
c0127933_9511876.jpg

(昼12:00頃、靄の中のドイ、ステープ(左山頂)と連山。)

◎手作りハガキで送る国際郵便・・・。

最近は、ハガキに筆を持ち手書きをしてポストから出す事をすっかり忘れてしまった。
年賀状もメール発信で、日常の伝言のやり取りもメールで全部処理してしまう。

最近は相手の住所も聞く事なく、直ぐに『貴方のメール番号を教えて下さい。』と、なる。
私達の同世代の人達も最近は誰もが、各自のメールアドレスを持った生活に入っている。
『いやー、私はメールアドレスがないよ・・・。』と、言えない時代だ。

最近、栄子が始めたのはチェンマイから出す発信にメールと手作りハガキの両方を使う。
急ぎを求めるものにはメールを使い、日常の生活状況を伝える物にはハガキを送る。

ネットでメールに打ち込んだ平面体の活字文字も最初の頃、習い始めには新鮮さも有るが、
見慣れてしまうとあまり温かさのないものだ。
ハガキに一生懸命、自分で書いた下手なドジョウ文字も充分に温さを感じる。

栄子は日頃、手作りハガキを自分で撮った写真を題材にしてカラーでハガキを作り、
それに文章を書いて出す。
チェンマイの亜熱帯地方に咲く花々、自分が手作りした手芸作品、旅行で見た民族衣装、
景色、近所の散歩で見た様々なチェンマイの光景等を写真に撮る。
c0127933_9521061.jpg

(手作りハガキの一例。)
チェンマイから、エァーメールで日本に出すと5ー6ヶ日間で日本に着く。
一枚が12Bー15Bの切手を貼って出す。
ハガキの値段に何故か3Bの幅が有って、郵便局に行った時にプーさんに通訳してもらい
聞いたが、その局員の説明が私達の聞きたい事に応えない。知らないのだろうか・・。
タイは、随分と肝心な事が判らない事が起きる。聞く方の聞き方が悪いと思う方が良い。

ニマンヘミン通りのポストに『じいじ便り。』を、ハガキに書いて東京、名古屋の孫達に
書いて投函した。もう、3週間になるが無事着いたかどうか・・心配もする。。
チェンマイから、手ハガキが着いて日本の二組共に、驚いているのだろう・・。
又、楽しみが増えた。

◎この頃のタイニュースから・・・。

●日本等も、こんな事が有るのだろうか。1月29日付けタイで見るニュースで、こんな記事を
見る事が有りビックリしている。
政府が絡んでいるだけに、何故だろうと疑問が出てしまう。

心情的には、高価な治療薬を購入では大衆人の治療には使えなくなるし、難病治療には
必要過ぎる程必要な治療薬でもあり、手頃に手に入り患者の為に何とかしてやりたい。

研究の為の現高額投資、今後進めるべき薬品研究の為の高額投資等、これでは知的
財産権保護は、どうなってしまうのか・・・。

タイ、がん治療薬4種のコピー薬導入へ
2008/1/29 (01:06)| related_medical 主要ニュース 政治


【タイ】任期切れ間近のタイのスラユット暫定政府が、4種類のがん治療薬に対し強制実施権
(国が公益上の必要性などから特許権の実施を第3者に付与する権限)を発動し、ライセンス
契約なしで製造された安価なコピー薬の導入を認めたことが明らかになった。タイ保健省は
事実を認めたものの、「対象となる薬を製造している製薬会社や当該国の政府から批判を
受けるため、薬品名は公表しない」としている。

 同省は昨年9月の段階で、がん治療薬のイマチニブ、ドセタキセル、エルロチニブ、レトロ
ゾールについて強制実施権発動を検討中としていた。

 タイ政府はすでに、エイズ治療薬のエファビレンツとロピナビル、抗血栓薬クロピドグレルに
対し強制実施権を発動し、欧米の製薬大手と対立している。
                                      今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2008-02-20 09:53