定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

じいじ便り・・。12月8日(土)(タイ語ワン サオ)

◎この頃と天気・・・。

○12月5日(祝)、今日は国王様の誕生日でタイは祝日になっている。
この日は、別名『父の日。』とも言われて子供達から父親にプレゼントをする家庭もある。

『母の日。』は、子供達も盛大にプレゼントをするそうだが、いずこも同じ父は陰が薄い。
タイの場合は、女系と聞くので家庭内でもこの様な事は仕方のない事だ。
日本の場合は、伝統的に男系ではあるが、近頃は静かに女系に移行しつつ有る感がする。

○今日の朝は、曇り空で夜が明けた。朝日が出る頃は7時近くになっている。この頃は
本当に夜が明けるのが遅くなった。そんな雲間から太陽が覗くと一辺に廻りが明るくなる。
c0127933_1022153.jpg


(12月5日朝、雲間からでる朝日。)

○今日は何時もの祝日と違い、この日ばかりは職場の休みが多い様だ。
何時もなら朝早くから、工事現場の雑音が大きく聞こえくるが、今日は全部休んでいる。

朝ぐらいは毎日、この様に静かであって欲しい。久し振りに静かな朝食を二人で取れた。
こんな日は二人でチョット洒落込んで、モーツアルトの(ホルン協奏曲 第一番 二長調)
舌を噛むような曲名をかけて、じいじとばあばの早朝ロマンスだ。マイペンライ・・・。

◎最近の急な冷え込みから、死者が出る・・・。

タイニュースを読んでいたら、こんな記事が出てしまった。(下記に掲載する。)
先日も、このブログに書いたが本当に最近の冷え込みは急だ。
これでは体調に寄って、ついていけない人が出てしまう。

コンドの下の工事現場の人達も、最近の冷え込みで焚き火をして夕方から暖を取る。
夕方、日が落ちると毎日焚き火を始める。そこで数人が集まり酒を飲んだり、皆で話し
込んだり夜寝るまで皆で火を囲む。自分達の部屋に帰ると日本の様に暖房器具はない。
c0127933_1031827.jpg


(焚き火を囲む作業者。)

チェンマイでこの寒さだ。これより北に上る程冷え込みは強くなる。
ましてや北タイは山が多く山に昇れば、尚更、気温はどんどん下がる。
四年前、チェンマイに来た時はタイが、こんなに寒いとは思いも寄らなかった。
それが毛布を何枚も重ねないと夜中に寒さで目が覚めてしまう。死者の出るのも判る。

この飯場で働いているのはミヤンマー人だ。タイヤイ(シャン族)だ。食堂で働いている
女の人。ガソリンスタンドで働いている人。下働きをする人の中にはタイヤイが多い。
チョット見の私達には判らないが、タイ食堂のワランさん達は直ぐに見当てる。
この近所の現場で働いているのは、皆、ミヤンマー人(タイヤイ)と、ワランさんは言う。
ミヤンマーはタイより、まだ北だ。それから中国国境までは何千キロも北になる。
その間がミヤンマー国(元ビルマ国。)だ。
この飯場の人達は、ミヤンマーの何処から来たのだろうか。この寒さには、耐えれる様だ。

タイニュースから引用。(下記に掲載する。)
タイ人男性、寒さで死亡か
2007/12/ 6 (20:02)| 社会
【タイ】6日朝、タイ中部サラブリ県の寺近くの小屋で作業員のタイ人男性(38)が死亡して
いるのがみつかった。
警察は、男性が薄着だったことから、寒さに耐えかねて死亡したとみている。
サラブリの気温は過去数日、早朝が20度、日中が30度ほどだった。
タイ字紙クルンテープトゥラキットが報じた。

※何故、こんな気温で死に至るのか日本人には考えられない。私もチェンマイに来て
丸4年になるが、ここ一年位前から少し気温が下がっても、随分寒さを感じる様になつた。
毎日、暑いので毛穴が開いて、寒くなっても縮まる事を忘れてしまったのだろうか。
私は28,5度が暑さ、寒さを感じる分岐点に、肌がなっている様だ。

◎チェンマイの有名高級店の大セール・・。

毎年、この時期になるとアマリリンカムホテルの周辺の有名店街が大バザールを開催する。
国王の誕生日祝いも兼ねての催しだ。 今年は5日ー9日の期間で毎年この時期にやる。

5日、栄子が朝から何か、そわそわしている。『何を、そわそわしているのか。』と聞くと
『今日は、アマリリンカムホテルの周辺大セールがあり早く行かないと売り切れる。』と
言う。 女性は大セール、大バザールの言葉が大好きの様だ。

チェンマイは、このアマリリンカムホテル、ターぺー門の周辺にチェンマイの有名店が
集まっている。この時期は、このホテル周辺での大セールだ。
店数で4ー50店位か、アマリリンカムホテルの横の南側小路がメインロードになる。

昼前に栄子に急かされて部屋をでる。昼過ぎだが栄子の言うとおり、もう大変な混み様だ。
特に、人気店には大勢の人が入っている。なかには、皇室が時々来られる店まである。
3時頃まで隅々を見て一端 部屋に帰る。今度は、夜の部が始まる。

夜の部は、タイ店のマーミヤンを連れて行く。夜は、国王の誕生日祝賀が行われる。
アマリリンカムホテルの横の南側小路に舞台を作り、そこに国王を飾りそこで行われる。
式典が始まり、祝いを表すロウソクに火を付けて国王様の誕生日を祝う。
途中にランナー式の姫を連れた行列などの催しもある。
狭い所からの数十発の花火も打ち上げられて、今日の祝賀式は終わる。
c0127933_104555.jpg


(国王の誕生祝賀会の舞台。)

夜になると、色々な店も昼間の顔と違い、電灯が灯ると見違える位に廻りも綺麗になり、
もう一度全部の店を見て回る事になる。
マーミヤンも女の子で、栄子と嬉しそうに店の商品を見ながら、何か話し合っている。
マーミヤンの好きなピンク色のTシャツと子豚の飾り物を二つ買いワラン店に帰った。

3ー400M 位離れているワラン店も、まだ忙しい。こんな所まで影響が有るのか
ニマンへミン通り全体が、お祭りになるのだろう経済効果は大きい。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-12-08 10:06