定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

じいじ便り・・。10月30日(火)(タイ語ワン アンカーン)

◎この頃と天気・・・。

※28日(日)朝5時寒さを覚えて目がさめた。まだ、太陽の明るささえない。
室内温度は、寒さを覚えるだけあって26度とかなり冷え込んだ。
今からはこんな日々から過ごし易い乾期となっていくのだろう。

6時頃になって東の空に明るさが出てきた。この時期の鳥の声は清々しくて聞く方も
心が和む。
鳥の声も色々な種類の鳥の声で何種類位いるのか、高く鳴く鳥、かすれ声の鳥など、
日本では聞いたことのない鳥の声ばかりだ。
その昔は亜熱帯のジャングルのウッソウとしたした緑の中で、静かにその声を競い合って
いたのだろうと想像する。

太陽も朝霞の中から顔を出すようになった。大地に明るさが照り付けるのには少し時間が
掛かるようになってきた。朝霧の中の赤い太陽が、青色の空に突然飛び出して来ると
パーと明るくなる。この朝霧が濃いくなるに連れて太陽は大きくなり赤さも増してくる。

※今日は、朝から工事現場の音が全然聞こえない。日頃は6時30分には、工事現場の
予鈴がなり、エァーポンプ車のエンジンが鳴り出して朝からその音がうるさくたまらない。
26日(金)は、安居明け(オーク、パンサー)で、朝からどの工事現場も休みの様だ。

ワランさんの子供達も学校に行かずに居る。カレンダーには、日本のように祭日は数字に
赤字で書かれているがそれもない。それなのに学校は休日で休んでいる。
学校はこの日から三連休になる。工事現場は日曜日から仕事に入った。
これも国の違いで国の祭日ではないが、学校がその日は休みと決めて休むようだ。

カレンダーを良く見るとカレンダーに満丸が書いてある。他には半月マークも書いてある。
26日は満月になるのだと改めて月を見たら、少し赤みがかかった大きいな満月が
ポッカリと浮いていた。安居明け(オーク、パンサー)は、満月の日に明けるのだ。

◎知っていますか。2Bコインが有る事を・・・・。

今までに皆さんは2Bコインを見た事、2Bコインが有る事をご存じですか。
今から一年位前から2Bコインが、タイの流通貨幣として出てきたと聞く。
情報だけで今まで見た事がなかったが、それが自分の手元に2Bコイン入って来たでは
ないか。
何かのお釣りの中に入っていた。コインにマジックで2と書いてある。
それで、これが2Bコインかと判った。マジックで書いてなかったら気が付かなかった。
c0127933_8141816.jpg

それが一度きりで、それから一度も手元に来た事がない。多分、来ていても気が付かない
かも知れない。 それとも局の方で人気なく流通を打ち切っている事も考えられる。
日本も2000円札がうやむやになって、おそらく流通止めになっているのではないかと思う。
私の私感では、2000円札も2Bコインも必要性がうすくて、日常生活の中で間違いや
使用の混乱の元を作っているのではないだろうか。
私もコインにマジックで書いてなければ2Bコインとは何も気が付かなかった。
2Bコインが有る事、そのものすら知らなかった。支払いになっても1Bコインとして
使用してしまう事だろうと思う。

タイには、1B以下のコインに50サタン、25サタンがある。このコインも有るようで
ないようなコインで、一部の所では支払いの使用拒否を受ける事もある。
50サタン、25サタンは百貨店、セブンイレブンの様な所、スーパー等は商品に値段も
付いているので使用する事が出来る。
その他はバーツ単位でサタンの値段がないところが多い。
そんな事からもらった方も、その後の使用に困るので使用拒否が起きてくるのだろうか。
私もその単位のコインは、殆ど別箱の中に入れて保管状態になっている

◎チェンマイ県の、少しの情報・・・。(8月現在。)

チェンマイ県の人口は現在165万人(タイ第5位)。面積(タイ第2位)。
最低賃金一日(159B、約650円)。
日本人の在留届1963名(男1300名、女665名。)で企業者約600名位推定。
 他、短期滞在、旅行者がその三倍位は常時居るのではないかと言われる。

チェンマイ市内は本当に日本人を良く見る様になってきた。どれぐらい居るのだろうか、
全然判らない。
短期旅行者と思われる人の3ー4名のグループ等服装で直ぐ判る。単身で歩いている、
夫婦で歩いている人等ロングステイヤーの方々等、様々な人達がチェンマイに住んでいる。

11月半ばからは、寒い日本を脱出して暖かいチェンマイで一冬過ごす人達等で増える。
今以上に日本人人口が膨らむ。センターン(百貨店)等は、日本人と出合う事ばかりだ。
百貨店の場内放送も日本語案内も出始める。日本のデパートだろうか、間違えてしまう。

今年あたりは団塊の世代の下見が、ドッーと来るようで一段と日本人人口が増えるだろう。
それを見越してのチェンマイの住居革命が起きている。
私のコンドの周りはアパートとコンドが続々出来つつある。まだ、未完成だが既に予約が
日本から入っているとタイ人が言っていた。インターネットが活躍している。

最低賃金一日(159B、約650円)。日本のパート代金一時間位の値段だ。
ミヤンマー人や田舎から出てきて働く人達は、そんな値段で働いている。
それでも毎日の定職がなくフリーターのような仕事の仕方だ。毎日の定職者の数は少ない。
タイ人でも公立大学を出ても定職出来る就職先もなく、皆、苦労しているようだ。
最低賃金が決められていても働く所ががなければ何ともならない。単純に一ヶ月の
所得に30ヶ日をかけることが出来ないのが現状だ。
今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-10-30 08:14