定年後のライフスタイル


by dbeiko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

じいじ便り・・。10月27日(土)(タイ語ワン サオ)

◎この頃と天気・・・。

※23日、今日も、快晴の夜明けとなった。
もう、朝6時になるが、まだ、暗さが残っている。火曜日はゴルフ日でAさんに向かえに
来てもらっているが、近くまで車が来ないと車の判別が難しい位だ。
昨日23日は、ラーマ5世の記念日でタイは祝日でもあり、朝から車の出足も随分少ない。
この日は、タイも祝日でゴルフ場も朝からタイ人が随分多くさすがに混み合っている。
いつも平日のブレーで6時10分頃のスタートになるが、この時間は日本人が殆どで
混み合うことも少ない。

日曜日、祝日は予約がいる。何時も一緒にプレーするFさんに予約を取ってもらっていて、
有難くスムーズにスタートできた。やはり日曜、祝日はタイもゴルフ熱が高く予約がいる。

※昼2時にラジオ放送が終わりインペリアル、メーピンホテルの横からソウテイーに乗る。
歩くこと5分程だが、その間に日陰がないので大変暑い。この時期でも直射日光には強い
ものがある。

今日の夜、Wさんからホームパテイーによばれている。料理を一品作り持っていく。
帰りにセンターン(百貨店)の地下により食材を買って帰ることにした。
大きめの大根を買って鶏手羽と一緒に醤油煮込みで持っていくつもりだ。
この頃は、大根も大きな物が有り助かる。タイは根っ子物は弱い。土質のせいだろうか。

買い物をしてタイ店のワランさんの店の前を通りかけたら、店の中からワランさんが
声をかけてくる。『どこに行ってきたのだ。』『何を買ってきたのだ。』タイ人は買い物品を
持っていると買い物の中を見たがるし袋を開けてくる。

栄子が大根を持っているので、おでんをやるのかと聞いてくる。ワランさんは大根の
醤油で煮込んだもの、日本のおでんが大好きだ。明日の夕飯に持ってくるからと話す。

Wさんのホームパテイーは主人や、よばれた人達が同世代、ずっーと『フランク永井。』の
曲が流れて話も弾み、美味い酒を飲み夜中11時に、又、やる事を約束しお開きとなった。

◎風邪引きの中のタイマッサジー・・・。

栄子が日本で引いてきた風邪が、なかなか直らず尾を引いている。
チェンマイも日本と同じ二週間位前から急に温度が2ー3度下がり風邪引きが大変多い。
チェンライ(チェンマイから真北約190Km)は、9月の終わりに気温が急に19度まで
下がり冬服に皆衣替えをする程だ。例年より気温が早く下がっている。

栄子も急に夕方から体温が上がり始めて体温計が40度近くまでになりびっくりだ。
ワランさんが熱を下げるのには『センレック、ナーム唐辛子(真っ赤)。』(唐辛子米麺)を、
しっかり食べて寝ろと言って作ってくれた。栄子はそれを食べて毛布をかぶり寝た。

最近の医療具(日本製。)も随分良くなり優れものが多くある。
『子供用熱冷シート。』『アイスノン。』を、体に貼りつけて脇の下も貼り冷やした。
『熱冷シート。』は、良く冷えるし時間も長持ちして家庭には必需品の一つで持つと良い。
唐辛子でたっぷり汗が出て38度まで直ぐに体温は下がり一安心をした。
チェンマイの医療関係は、幾つも大病院もあり市街、郊外には多数軒有るので
安心出来る。

名古屋から帰ってからずっーと風邪引きののままで微熱の38度が、なかなか数ヶ日しても
下らず体をすっきりさせるのにタイ式マッサージを受けたら抜けないかと思い二人で
思い切って出かけた。
場所はホイケオ通り(オーキツトホテルから西に向かい約500M行った左側)のセブン、
イレブンのあるホイケオプレスコンドの1F少し中に入った所にある。
c0127933_13151189.jpg

名前は『ゴールド、フインガー。』黄色の大きめの看板が立っているので判りやすい。
タイ式マッサージばかりは揉み手の良し悪しと合う合わないで効き方が違う。
栄子は2時間揉み手が良かったようで満足していた。早くすっきりとなって欲しいものだ。

因みに値段は2時間240Bで1時間でも受けてくれる。

◎雅楽師の東儀秀樹、タイ暁の寺で公演2007/10/26 (21:38)|・・・・。

社会【タイ】日タイ修好120周年の親善大使を務める雅楽師の東儀秀樹氏が11月6日、
バンコクのワット・アルン(暁の寺)で公演を行う。在タイ日本大使館主催。鑑賞希望者は、
在タイ日本大使館に申し込み、抽選で30人が招待される。
申し込み先は、在タイ日本大使館広報文化部(電話:026963004、022078504)、
受付時間は土日を除く毎日午前9時から12時または午後1時半から4時まで。

●東儀秀樹は、栄子が大好きでCDアルバムもチェンマイに数枚持ってきている。
チェンマイに来るのなら、何とか申し込みをして30名の中に入りたいのだが
バンコクではチョット遠すぎる。
今回はあきらめてチェンマイでCDを聞きながら、二人でコンサートを開く事にする。

箏(そう)の奏でで万葉の時代に引き戻しくれる。万葉の優美、優雅さを想像させてくれる。
新しい曲との箏、何の古さも感じない新しく取り入れ作られる箏の曲は素晴らしい。
東儀秀樹あってのものだ。

◎マーマー(インスタントラーメン)が、年内に値上げをする方針・・・。。

社会【タイ】27日
インスタントラーメン製造大手のタイ・プレジデント・フード社は25日、主力商品である
マーマー・ブランドの販売価格を年内に値上げする方針を明らかにした。 これを契機に
一般消費財の追随した値上げが予想される。

 この措置は、原油高傾向による物流関連費用の支出増を始めとしたコスト増に対応
する為のもので、今後同社内で新価格体系や関連資料をまとめた上で11月2日に
商務省国内通商局との間で値上げに向けた協議を行う方針だという。

 一部報道によると、タイ・プレジデント社側は12月から一律1バーツの値上げを計画して
いるが、社内でも値上げをするべきとする製造部門と市場への影響を避ける為に価格を
維持させるべきとするマーケッティング部門との間で意見の対立があり、また消費者
心理や国民生活への影響を懸念する商務省側も値上げに難色を示しているという。

●チェンマイも、何もかもが値上げ攻勢の中にある。
私が良く此処で書くソンテイー公称15Bが、今や一人で乗るときには20Bが普通に
なりつつある。まだ、今のところ二人で一緒に乗る時は15B(二人30B)で乗せる。

他も軒並み値上げになっている。デパートも値上げとセールが同時におこなわれている。
消費者は頭の中がこんがらかってしまう。それでも下地は知らない内に値上げされている
事だろう。
タイ食堂のワランさんの店も1ヶ月位前に一品5B値上げしたら客足が大きく落ち込んだ。
ここ1ヶ月になるが客足は一向に前の客数には及ばない。
消費者の手痛い洗礼を受けた様だ。
一般のタイ人には、5Bの食費代(3度、外食)の値上げには厳しいものがある。

インスタントラーメン、(マーマー・ブランド)は、タイでは立派な位置を持っている。
市販でも多量に売られていて日本の様にお湯を注ぎ2ー3分待ち食べるものも有る。

只のインスタントラーメンでなくタイ食堂が、野菜、具を入れて炒めて立派や焼きそばとなる。
スープに練物、具、野菜を入れて丼でバーミースープ麺としてとして出てくる。
料理メニューの中に立派に一品料理の位置がある。
タイ人もインスタントラーメンが日本で出来た事を良く知っていて、これは日本食共も言う。

その中でマーマーラーメンが値上げとなると、タイの食品業界が大きく揺れる事になり、
タイの食品全般に大きな影響が出るので、例え1B値上げ出も慎重にる事は必然だ。
タイは大半が外食社会だけに食品の値上げは、その他の経済にも大きな影響が出る。

今日は、この辺で。
by n-jijinao | 2007-10-27 13:16